MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のマダイシーズン、いよいよスタート!【駿河湾沼津沖】

秋のマダイシーズン、いよいよスタート!【駿河湾沼津沖】

いよいよ秋のマダイシーズン開幕だ! 朝晩とても過ごしやすくなったこの季節、じっくり沖釣りを楽しみたい、そんな願いをかなえてくれるのがここ沼津沖だ。駿河湾最奥部の湾内のため、波静か。しかも、風光明媚。マダイの乗船システムは午前と午後便に分かれており、日ごろ忙しい人でも時間に都合をつけて釣りを楽しむことができるのだ。

秋ダイシーズンイン。一発がとにかくデカイ!!

朝陽で赤く染まる名峰、富士山。この景色が見えるそのときがゴールデンタイム。

山梨県甲府市の中村勝良さん。イカ釣りから変更して乗船したこのマダイ釣りで見事5.4kgの大ダイキャッチ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津久料「魚磯丸」。

残暑が厳しい季節は、なかなかマダイ釣りを思い浮かべることは難しい。しかも、駿河湾は、例年ならいまはカツオ&キメジフィーバーの季節。
ところが今期はいつもと様子が違う。カツオの駿河湾襲来が8月まではほとんどないのだ。
水温は湾内どこもかしこも高水温。おまけに、連日気温は高温となれば、炎天下での待ちの釣りをしなくてはならない、湾内のマダイ釣りはなかなか釣行メニューに加わらないのも無理はない。
ところが、8月半ばから、湾奥部は静浦港前のイケス周り、久料前の平根で連日大型マダイがキャッチされていた。
「この8月中は、連日当たれば4㎏オーバーの大ダイが釣れてましたよ。出船すると必ず何回かはハリスを切られますよ。大ダイなのか、青物なのか。そう、5㎏前後のカンパチ、ワラサ、ヒラマサも回遊してます。なにがヒットするかわからない、湾内はすでに秋ですよ」とは、ベテラン船長の「やっさん」こと久保田靖さん。
ポイントは、久料の港から出てすぐの平根。水深は30〜40m。船宿目前にある沼津湾内の第一級マダイ釣り場。夏から秋口に連日大ダイが連発することは近年珍しい。
「平根の朝イチはハリスは太めを使ってね。最低でも5号。ハリスの太さは魚の食いには関係ないよ」と船長の弁。
大ダイは、ベタ底で食うのではなく、ヒットするときはかなり浮いてくるという。だから、船長が出す指示ダナは常に高めだ。
「ハリス長は10mが基準だね。指示ダナはエサのオキアミが底から5〜10mくらいにくるようにしてるよ」
と船長が話すように、掛ける個体は、浮いてくるかなりやる気のあるマダイだ。
時合は毎日必ず2度あるという。午前船の朝イチと午後船夕マヅメがそれだ。このゴールデンタイムを逃さないことが、湾内マダイ釣りの第一歩だと船長は話す。

釣り方はオーソドックス。ソウダガツオ対策をしよう

アタリ直後、一気に20m以上猛ダッシュされた大物とファイト中。「落ち着いて大事にやりとりしてよー。オマツリもないからねー」との船長の声。

青物か!? と思われた魚は、船下から「ボコッ」と浮上。なんと5kgオーバーの大ダイだった。連日、こんな攻防戦が繰り広げられているという。

これは嬉しい食べごろサイズ。

秋マダイ攻略のカギは、ソウダガツオ対策にアリ! と毎年初秋の定番フレーズになっている。ソウダガツオの襲来は、海の秋の訪れの合図。だが、コマセ釣りにおいては、かなりやっかいもの。
気合を注入した特上のオキアミをハリに付けて、カゴにコマセを入れて、「さあ、来いっ!」と仕掛けを投入。すると、ビシがタナに到達する前に、「あれれ??」とリールの動きがストップ。回収を始めると縦横無尽に走りまくりまくる様子からソウダガツオを判断するが、ときすでに遅し。仕掛けはオマツリしまくり、ぐちゃぐちゃ……。などという、経験を持っている人もかなり多いだろう。
しかし、ソウダが釣り人の邪魔をするが、海のなかは環境がどんどんよくなっていくのも事実。ソウダをかわせば、マダイチャンスアップ、というシーンも珍しくないのだ。
さて、ここからは、ソウダ対策も合わせて湾内マダイの基本釣法について解説しよう。
まず仕掛けは、ハリス長10m1本バリと一般的なコマセマダイ釣りのものでОK。
朝イチや夕マヅメなど湾内で一番実績が高いゴールデンタイムは、4号以上の太ハリス、できれば5号を使う。その他、食い渋り時は、ハリス3号まで落としてもよいが、4号を基準としよう。
釣り方は、船長の指示ダナより、ハリスの長さ分ビシを降ろして、ハリスの潮の馴染みを待たず、すぐコマセを振り出し開始。数回に分けて、コマセを出して、指示ダナでアタリを待つ。
このとき、ハリス長10mなので指示ダナ10m下から5m下までしっかりとコマセを振り出したら、残りの5mは素早く、リールをただ巻きして指示ダナまでビシを持ってきてもよい。
さて、ソウダガツオが回遊してきたら、いつもと同じ釣り方をしていたのでは、全く釣りにならない。
まず、ハリ周辺の光り物、ビーズなどのアピールグッズを外す。ハリの色にこだわるのなら、金なら銀、銀なら黒に替えてやる。
コマセはドバまき厳禁。カゴに詰めるオキアミは半分以下にして、指示ダナより10m下にビシを落としたら、そこで1回軽くコマセを振り出し、そこから素早く、ビシを指示ダナへただ巻き。そこでアタリを待つ。ソウダが船下に回遊してくる前に、本命を掛けてしまおう、というのがこの釣り方だ。
だが、なにをやってもソウダガツオばかりのときは、諦めて、手返しよく釣り続けるしかない。ソウダからハリを外すとき、ハリスにキズは付いていないかを毎回確認するようにしよう。キズがあれば、面倒でもハリは結びかえることをオススメする。このこまめなチェックが大ダイキャッチのキモとなるのだ。
湾内では、エサを食い慣れた百戦錬磨のマダイが相手だ。だが、池のコイのような習性もある。決まった時合いに集中することと、ハリスのマメなキズチェック、ソウダガツオ対策の3点が秋マダイ攻略もカギである。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
南房エリアは秋から春までロングランでヤリイカ釣りが楽しめるエリア。ヤリイカを狙って出船中の乙浜「信栄丸」では大型まじりで好調をキープ。大型ヤリイカシーズン本番。パラソル級の多点掛けを体感しよう!
多くの魚種を一緒に釣ってしまおう!鴨川江見沖では通常の概念を覆す五目釣りがあると聞く。同じタックルと仕掛けで多魚種が狙える!五目以上の魚種が顔を出す夢の釣りだ!
最新記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
餌木のロングキャストが可能な摩擦抵抗軽減PEライン「SМ PE エギスタ×8」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読