MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや)

脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや)

東京湾のLTアジはここ最近、不調という話を聞かない。水温が低下する2~3月でさえ浅場で食いが続き、いまや年中絶好調な釣りと言えるだろう。LTといえどもサイズが良く、脂の乗りはバッチリで、最も人気の高い釣りと言っても過言ではないだろう。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

潮濁りで近場の本命場所開幕! LTで釣って、とにかく食べてみて!

東京湾のアジが夏の絶好シーズンに突入した。LTからノーマルまで好調な食いが続きファンを喜ばせてくれている。梅雨明けした今、カラッとした夏空の元、存分にアジ釣りを楽しもう!

おっとっと! すげえ引き!

「ライトだからもっと小さいかと思いましたよ。かなり良いサイズですね」と窪江さん

「脂もすごいよ! これは一度食べたら忘れられない味だね」と北本茂照さん

軟調竿をキレイに曲げる。浅場なので引き味もかなり楽しいぞ!

「今、サイズは揃っていますね」

ヒットしたらひょいっと釣り上げる

「びっくりするほどうまかったですよ」と佐久間さん

「コマセと仕掛けが同調するようなイメージでコマセを振りましょう」。ダブルも連発するが、大きいのでバラシも

ダブルでゲットだ!

幅広で美味しそうだ

22~23cm級がメイン

「LTアジって初めてやったけど、面白いね」と乙浜港「信栄丸」の安田仁船長

シロギスは良型がまじる。このほかイシモチも

船宿仕掛けのハリは11号と大型狙いの証し

付けエサはアオイソメ

タラシは1cmほど

コマセはイワシのミンチ。ビシはアンドンタイプの40号使用

コマセが詰まったらキレイにしてから詰めよう

刺身はもちろんのこと、なめろう、アジフライが最高にうまい!

一杯やりたいね!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

東京湾のLTアジはいまや年中が“旬”とも言える食いを見せているが、やっぱり夏アジが最高だ。そんな夏アジを釣らせてくれるのが千葉・袖ヶ浦、長浦港「こなや丸」だ。
「木更津周辺の船長独自のポイントは、10mほどの浅場で幅広の35㎝クラスが出るんですよ。しかも、めちゃくちゃうまい!」と北本茂照さんはここのアジを大絶賛する。
「今年の東京湾は東側(千葉寄り)は濁りがあまり入っていないので、まだ釣果は伸びません。そのかわり、他のエリアでもかなり良い釣りができています」とは、小沢一滋船長。
この日は川崎沖、横浜沖を探索。ひとたび群れを捉えると水深10mちょっとの浅場から黄金のアジがポンポンと釣れあがる。
「えっ? こんなでかいんだ!」、という声が飛び交う。そしてみな帰ってからそのうまさにさらに驚くのだった。
近場で釣れだせば驚きは頂点に!

LTアジ仕掛け。タックルはLTゲームロッド、大型アジには大きめのハリ

タックルは、竿は1.8m前後のLTロッド、ゲームロッドなどを使用する。7対3から8対2程度の調子が扱いやすい。リールは小型両軸、または小型電動リールでPE 1~2号程度を巻いておく。
仕掛けは、片テンビンに40号のアンドンタイプのビシを装着し、クッションゴムは1.5~2㎜を20~30㎝ほど。アジのサイズが大きいのでクッションはあったほうがいいだろう。仕掛けはハリス1.5~2号の2本バリ仕掛け、全長は2mほどが基本。
「こなや丸」の船宿仕掛けはハリス2号2本バリだが、ハリはムツ11号と大きめ。これは釣れるアジが大きいのと大きいハリはバラシを減らせるためだ。この仕掛けからも大型狙いであることがうかがえる。
数釣りを狙う場合、3本バリを使用してもいいが、仕掛けが絡むことも多い。それに時間を取られるなら、2本バリで手返しよく釣ったほうが効率的だろう。
このほか、アジはお腹側の後ろに鋭く尖ったヒレがあり、これが刺さるとかなり痛い。魚を外すグッズなどがあると便利だ。
これからの時期は気温も水温も高い。釣った魚はおいしく食べるために、キンキンに冷やして持ち帰りたい。そのためには、ポイントに着いたら氷の入ったクーラーボックスの中に海水を入れてキンキンの状態にしておこう。

LTアジの釣り方をご紹介。コマセワークとタナで釣果が決まる!

釣り方は、アオイソメを1~2㎝ほどにカットしてハリに付け、コマセカゴにイワシミンチを詰める。タナは2~3mほどで、特に指示がなければ2mでいいだろう。

①ビシが着底したら糸フケを取って1m巻き上げる。

②コマセを細かい幅でシャープに振る

③もう1m巻いて同じようにコマセを振る
コマセはこの間に3回程度振りタナにセットする。基本は手持ちで待つが、時に置き竿にしたほうがいいときも。

④アタリは明確
アタリは明確で竿先にクンクンクンと出る。特に今のアジは良型が多いのでビックリするような大きなアタリが出ることも。アタリがあってもアワセは必要なく、軽く竿を持ち上げる程度でOK。ハリ掛かりするとしっかりと暴れる。

⑤追い食いを狙う
食いがよくなるとダブルも多くなるので、1匹アタった後は少し待って追い食いを待とう。食いがあまりよくないときは、早めに上げて再投入したほうがいいだろう。食いがいいときほどしっかりハリ掛かりするのでバレにくい。逆に食いが悪いときは掛かりも浅くバレやすい。

⑥タナの取り直し
最初にタナにセットして食わないときはもう一度タナを取り直す。アジ釣りではこれが一番重要になる。最初のタナ取りは道糸が斜めに入っていて正しいタナになっていない場合もあるからだ。タナを取り直そうとビシを落としたら、ほぼ海底についていた、なんてこともある。
2回目のタナ取り時もコマセを振って正確にタナにセットしよう。この2回目のタナ取り時にヒットする可能性が高い。2回やって食わなければ回収して再投入しよう。このとき、ビシのコマセがカラになっている場合は、待つ時間を短めに、残っている場合は長めにするなど調整する。
ただし、全然コマセが出ていないようなときは、コマセのまき方が悪いか、コマセカゴが詰まっていて出ないのどちらか。コマセが詰まっている場合は、一度中身を出して詰めなおしてやる。
タナの基本は2mだが、多少上下に調整してもいいだろう。2本バリの場合、毎回上のハリに掛かるようなときは、少し上げてみる。ダブルになるときはビシに近い場所から食ったほうがいいが、1匹ずつのときは先バリに食うようにしたほうが取り込み時にバラシが少なくなる。もし、取り込み時にバラシが多いようなら少しタナを上げてみるのもいいだろう。

現在、釣れているアジはとにかくサイズがいい。いい加減にやると結構バラシが多くなる。取り込み時にロッドキーパーにかけてやると、①竿を立てる②ビシをつかむ③魚を手繰り寄せる④抜き上げるの動作が大きくなってしまう。このため、魚に負荷が掛かりバレやすくなる。

取り込みバラシを防ごう! スムーズにできればかなりの確率でバラシを防げる

もし、取り込み時にバラシが多いな、と思ったら、ロッドキーパーにかけずに、竿置きなどに竿を置き、ビシも通常よりも巻いて手にとってコマセオケに置き、そのまま糸を手繰ってやる。
ここまでスムーズにやればかなりバラシを防ぐことができる。

以上の記事は「つり丸」2018年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル