MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。

テンヤ、胴付き仕掛けなど狙い方がいろいろ! 好きな釣り方で!

当日は伊東沖〜赤沢沖を広範囲に狙った

良型のアカハタの引きは力強い

良型だ!

1投目に当日最大のアカハタをヒットさせた、ノリーズの榎戸富さん

ノリーズの関口さんは、後半にチャートカラーの「テンヤ+ワーム」で連発させた!

ノリーズの吉田さんもアカハタを手にした

掛かりどころが良ければ、抜き上げだ!

良型のアカハタは引き味もさることながら、食味も最高だ!

こちらはエサ釣りでヒット

本命ゲットに一安心だ

こちらはオニカサゴ

カサゴもデカい!

メバルもヒット

カワハギもまじった

ムラソイもお土産には最適だ

当日、よくヒットしたエコギアのワーム類。テンヤはスイミングテンヤの20gと25gがピッタリだった

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「達丸」。

関東地方は早くも6月末に梅雨明けして、いよいよ本格的な夏に突入。水温も上昇するこの時期におもしろくなるのが、浅場の根魚釣りだ。
「水温が上昇してアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴも好調です」と話す、東伊豆・伊東港「達丸」の渡邊達也船長。
「達丸」の浅場カサゴ・アカハタ船はエサ釣りのほか、ルアーでも狙える。具体的にいうと、胴付き仕掛けのエサ釣り、テンヤやジグヘッドとワームの組み合わせ、メタルジグなどで楽しめるのだ。
今回はノリーズプロスタッフとその関係者が「テンヤ+ワーム」で挑戦。開始からノリーズプロスタッフの榎戸さんをはじめとしてアカハタとカサゴを連発した。
アカハタもカサゴも美味な魚。釣って楽しく、食べて美味しい、東伊豆のカサゴ・アカハタに挑戦してみよう!

テンヤ仕掛けとエサ釣りの胴付き仕掛けをご紹介! 仕掛けの予備は多めに

まずはテンヤで狙う場合の仕掛けについて。テンヤやジグヘッドは6〜10号、20〜30gの重さでオーケー。取材当日、ノリーズチームはエコギア「オーバルテンヤ」と「スイミングテンヤ」を使用。ダントツに食わせていた榎戸さんは、「スイミングテンヤ」の20〜25gを使用していた。
テンヤのハリに刺すのは、ワーム、エビ、切り身など。実績が高いのはワーム。取材当日もワームで狙っていたほうが、エサ釣りよりもアタリが多かった。
テンヤ、ワームともにカラーバリエーションは豊富に準備しておきたい。

胴付き仕掛けは、2本バリが基本。幹糸6号、枝ス4号、ハリは丸セイゴ16〜17号など。各部の長さは、左の仕掛図を参照。
枝スを出す部分は直結でもいいが、小型の親子サルカンなど接続金具を介すのもオススメ。接続金具を介すと、仕掛けが絡みにくくなるほか、枝スが切れたり傷ついた時の交換が楽だ。
テンヤも胴付き仕掛けもそうだが、根掛かりで頻繁にロストすることも珍しくない。そのため、予備は多めに持参しよう。

「テンヤ+ワーム」での釣り方。テンヤで狙う場合はキャストして狙おう

水深が浅いので、スピニングタックルで狙うテンヤはキャストして広範囲を狙うのが基本。
取材当日、ダントツの釣果を残した榎戸さんの釣り方が、45ページの上のイラストで示したものだ。
魚の活性が高いときに榎戸さんが多用するのが、テンヤを海底まで沈めることはせずに、海底の少し上を引いてくる釣り方。高活性時には、これでバンバンアタってくるそうだ。
前述した釣り方でアタらないときは、活性が低いと判断する榎戸さん。その場合は、テンヤを海底まで落として、ボトムバンピングを繰り返して船下まで探ってくる。
ボトムバンピングとは、竿をシャクるなどして、落下したテンヤを跳ね上げさせ、再度着底させるアクションだ。
また、アタリがないときは、テンヤやワームカラーを頻繁に替えて、当たりカラーを探すことも大事だという。

胴付き仕掛けの釣り方。根掛かりを恐れず積極的に底を狙おう!

胴付き仕掛けで狙う場合の基本の釣り方は、オモリを着底させ、すぐに糸フケを取る。数秒待ってアタらなければ、誘い上げてから、オモリを違う場所に移動させるイメージでオモリを着底させる。これを繰り返していく。
潮が流れないときは、船も流されず、新しいポイントに船が入っていかない。そのため、潮が流れないときは仕掛けをキャストして広範囲を探るのが有効だ。
この釣りでは、とにかく根掛かりを恐れずに積極的に海底付近を狙うこと。ポイントは起伏のある根周りなので、頻繁に根掛かりすることもしばしば。それを怖がって、タナを上げた状態でアタリを待っていては、なかなかアタリがこないだろう。
また、アタったときに食い込むのを待つのは避けたい。待っている間に根掛かりしたり、魚が根に入って取り込めなくなってしまうこともあるからだ。

以上の記事は「つり丸」2018年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読