MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
メーターオーバー連発!穴場ポイントに潜むドラゴンタチウオ(信照丸)

メーターオーバー連発!穴場ポイントに潜むドラゴンタチウオ(信照丸)

外房の大型タチウオが当たり年のようだ。勝浦松部港の「信照丸」では5月の終わりからタチウオ乗合を開始し、良型主体の数釣りが続いている。

大型も釣れてトップ40〜50本! いきなりのドラゴン! まじりでクロムツも…

「信照丸」はエサ、ジギング、テンヤ釣りもOK

ドラゴンの引きは強烈。楽しいぞ~

外房・鴨川沖で、メーターオーバー、指4~5本サイズのドラゴン級タチウオが好調に釣れている。勝浦松部港「信照丸」が「反応がある限り」出船中。お早めに釣行を!

大型中心!

このサイズは釣り味もいいけど食べ応えもバツグン。刺身や塩焼き、フライも旨い!

ドラゴンサイズをゲット!

本命ゲットに一安心だ

こんな大型が釣れたらタチウオ釣りはやめられないね

歯が鋭いので専用ハサミを準備しておこう

まじりで良型クロムツも

お土産に最適だ!

エサ釣りの仕掛けは東京湾のLT同様の1本バリ仕掛け

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「信照丸」。

ポイントは主に鴨川沖の水深60~100m、ベイトを追って中層まで浮くタチウオを狙う。比較的流れの緩い場所のため、釣りやすいのが特徴でもある。このため、テンビン仕掛けのエサ釣りやジギングのほか、大阪湾で人気のテンヤ釣りも楽しめるのが「信照丸」スタイルのタチウオ釣りだ。
釣れ上がるタチウオは型ぞろい。レギュラーサイズは指4本クラスで、これに5本指サイズの大型もまじる。良い日はトップで40~50本の釣果になるので、中型クーラーが満杯になることも珍しくない。
また、外房ならではの高級外道クロムツや50㎝超えの大サバもまじって、クーラーは賑やかだ。
外房にタチウオ船はほとんど無いため、この釣りが初めての人も多く訪れる。「信照丸」では若船長の吉野達哉船長が同乗してサポートしてくれるので、釣り方や道具など、わからないことは遠慮せずに聞いてみよう。
これから夏にかけて、「信照丸」ではイワシを追う良型タチウオの群れを狙って出船していく。ドラゴン級のタチウオの強烈な引きを味わうには今がチャンスだ。

タチウオ仕掛け。「信照丸」では反応の出ているタナをアナウンスしてくれる

松部港を出た船は西へと進んだ。興津、小湊を通り過ぎ、着いた先は鴨川沖だった。現在はここにタチウオの反応が固まっているそうだ。エサのサンマ切り身が配られ、投入合図が出た。水深は105mに対し、タナは70~90mと広い。
最初は竿を出さずに様子をみることにした。エサ釣りの人の誘い方は様々。上へ上へと誘い上げるオーソドックスな釣り方のほか、タナ固定で小刻みにシャクる人、デッドスローで巻き上げる人、大きくアクションを入れる人、などだ。
反応はすぐ消えてしまうようで、すぐに巻き上げの合図が出る。こまめに回って反応に当てる攻め方だ。反応が出っぱなしだと釣果も伸びるが、今日のような日はなかなか厳しい。
最初に竿を曲げたのはジギングの釣り人だった。どさりと船上に取り込まれたのはメーターオーバーの大型。しょっぱながらドラゴンサイズ登場にびっくり。
その後に上がるのも指4本がレギュラーサイズ、型は良いと聞いてはいたが、期待以上だ。
トモで何か外道が上がったようで、見に行くとこれがクロムツ。40㎝オーバーのいいサイズのクロムツだ。外房ならではの高級外道、うらやましい。この日、船で3本のクロムツが上がった。
写真をざっと撮り終えたところで私も参戦。ハンドルを半回転させ、シャクって、また半回転の繰り返しで上へ上へと誘うと、さっそくアタリがきた。一呼吸おいて聞き上げ、重みが伝わったところでアワせるとドン! と気持ちよい衝撃が伝わる。抜き上げたのは指4本のタチウオ、このサイズなら4、5本もあれば十分だ。
今度は少し深め、110mから90mのタナで投入合図が出た。落としていく途中に竿先がフワフワ、ほぼ全員がサバに捕まってしまう。
「タチウオのいい反応が出てるけど、サバがかぶってきちゃったよ」と船長。しかし50㎝を超えるマサバは食べても美味しい、サバをクーラーに収め、急いでエサをつけかえて再投入。
90mまで誘い上げてきたときに、いきなり竿が引き込まれた。アワセを入れて電動のスイッチを入れる。しかし巻き上げられない、相手が重すぎる。ドラグをさらに締めて竿を起こしながら巻き上げるも、途中で何度もモーターの回転が止まるほど。浮いてきたのは指5本のドラゴンタチウオ、しかもスレで掛かっていた。これは重いはずだ。
その後も何度かアタリがあったが掛け損ねてしまい、私の釣果は2本に終わったが、サイズには満足。久しぶりにドラゴンサイズのタチウオの引きが楽しめた。
外房タチウオの魅力としては、なんといっても型が揃っていること。そしてクロムツ、大サバの外道がまじること、潮が緩いので釣りやすいことだろうか。また、「信照丸」ではテンヤ釣りもOKなので、新たなタチウオファンが生まれることも期待したい。
「信照丸」ではタチウオの反応が出ている間は専門で出船する予定だ。大型が釣れている今の時期に、早めの釣行をおすすめしたい。また、もうひとつの看板のマハタ釣りは秋頃に再開予定だ。

以上の記事は「つり丸」2018年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読