MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
優しい誘いが効果的! 只今、シロギス絶好調!!【東京湾・富津沖】

優しい誘いが効果的! 只今、シロギス絶好調!!【東京湾・富津沖】

夏を感じる釣りはいくつかあるが、東京湾のシロギス釣りも忘れちゃいけない代名詞となっている。最近、釣果が急上昇しているので要チェックだ。

perm_media 《画像ギャラリー》優しい誘いが効果的! 只今、シロギス絶好調!!【東京湾・富津沖】の画像をチェック! navigate_next

シロギスはお土産には困らないくらい釣れているが、これは序章に過ぎない

常連さんはペンハンド釣法でシロギスを迎撃! 「束超え目指したんですが78匹まででした」とのこと。ちなみにこの日の平均釣果は30匹。魚はメチャメチャいますよ。

この日は、良型のダブルも目立った。

キュキューンと鋭い走りをいなして取り込むのが気持ち良く、病みつきになるシロギス。ビギナーや子供、親子、夫婦、カップルなど誰でも楽しめるのが嬉しいポイントだ。

シャープで小気味良く引く釣趣もこの釣りの魅力!!

1.8m前後のキス専用か7:3調子の竿に、小型スピニングリール。道糸はPE0.8〜1号。

テンビン仕掛けも胴付きもハリスは0.8号。オモリは15号。

エサはイソメの頭を切り、タラシを2㎝程度にすること。

多彩なゲストがまじる! 砂地の魚から底付近を回遊する魚まで顔を出すのが、この釣りのもう一つの醍醐味なのだ。こちらはマゴチ。

メゴチ。

マアジ。

イイダコ。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「かめだや」。

「お土産には困らないくらい釣れてますが、これはまだ序章でしてね。実は、これからが本番です。水深がさらに浅くなって釣りやすくなり、型も期待できますので、ぜひ遊びに来て欲しいですよね」とは、周年を通してシロギス船を出す羽田「かめだや」の佃兼松船長の言葉だ。
現在のポイントは富津沖。水深は8〜12mだが、今後は5〜6mになるそうで、同じ水深で釣れている盤洲沖も視野に入れて出船すると言う。
サイズは20㎝を超える良型が主体で、中には尺近いジャンボサイズも登場。
こんなに引くの!? ってな感覚も味わえるそうだ。
ちなみに、人より多く釣るには、優しい誘いが効果的だと船長。
「テンビン、胴付き仕掛けを問わず、竿を1mくらいス〜ッと引き寄せて仕掛けをサビくより、竿先をチョンと10 ㎝程度動かして待つのが良いみたいですよ。潮がそこそこ流れてますからね」。
その他のテクは、今号の松永プロのコラムに書いてあるので参考にして数を伸ばして行こう。
この時期は、浅場の釣りなので入門者や子供、女性でもトラブルなく楽しめる。この夏の思い出作りに、一緒に出掛けて楽しむのもアリですよね!!

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル