MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
優しい誘いが効果的! 只今、シロギス絶好調!!【東京湾・富津沖】

優しい誘いが効果的! 只今、シロギス絶好調!!【東京湾・富津沖】

夏を感じる釣りはいくつかあるが、東京湾のシロギス釣りも忘れちゃいけない代名詞となっている。最近、釣果が急上昇しているので要チェックだ。

シロギスはお土産には困らないくらい釣れているが、これは序章に過ぎない

常連さんはペンハンド釣法でシロギスを迎撃! 「束超え目指したんですが78匹まででした」とのこと。ちなみにこの日の平均釣果は30匹。魚はメチャメチャいますよ。

この日は、良型のダブルも目立った。

キュキューンと鋭い走りをいなして取り込むのが気持ち良く、病みつきになるシロギス。ビギナーや子供、親子、夫婦、カップルなど誰でも楽しめるのが嬉しいポイントだ。

シャープで小気味良く引く釣趣もこの釣りの魅力!!

1.8m前後のキス専用か7:3調子の竿に、小型スピニングリール。道糸はPE0.8〜1号。

テンビン仕掛けも胴付きもハリスは0.8号。オモリは15号。

エサはイソメの頭を切り、タラシを2㎝程度にすること。

多彩なゲストがまじる! 砂地の魚から底付近を回遊する魚まで顔を出すのが、この釣りのもう一つの醍醐味なのだ。こちらはマゴチ。

メゴチ。

マアジ。

イイダコ。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「かめだや」。

「お土産には困らないくらい釣れてますが、これはまだ序章でしてね。実は、これからが本番です。水深がさらに浅くなって釣りやすくなり、型も期待できますので、ぜひ遊びに来て欲しいですよね」とは、周年を通してシロギス船を出す羽田「かめだや」の佃兼松船長の言葉だ。
現在のポイントは富津沖。水深は8〜12mだが、今後は5〜6mになるそうで、同じ水深で釣れている盤洲沖も視野に入れて出船すると言う。
サイズは20㎝を超える良型が主体で、中には尺近いジャンボサイズも登場。
こんなに引くの!? ってな感覚も味わえるそうだ。
ちなみに、人より多く釣るには、優しい誘いが効果的だと船長。
「テンビン、胴付き仕掛けを問わず、竿を1mくらいス〜ッと引き寄せて仕掛けをサビくより、竿先をチョンと10 ㎝程度動かして待つのが良いみたいですよ。潮がそこそこ流れてますからね」。
その他のテクは、今号の松永プロのコラムに書いてあるので参考にして数を伸ばして行こう。
この時期は、浅場の釣りなので入門者や子供、女性でもトラブルなく楽しめる。この夏の思い出作りに、一緒に出掛けて楽しむのもアリですよね!!

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読