MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
黒潮の申し子たちと遊ぶ! 飯岡沖のカツオ&キハダゲーム(幸丸)

黒潮の申し子たちと遊ぶ! 飯岡沖のカツオ&キハダゲーム(幸丸)

飯岡港出船で狙うカツオ、キハダが好調だ。「多少の上下はありますが、好調と言っていいと思いますよ。とくにカツオはずっと釣れていますね」と話す、飯岡港「幸丸」の向後恵一船長。

perm_media 《画像ギャラリー》黒潮の申し子たちと遊ぶ! 飯岡沖のカツオ&キハダゲーム(幸丸)の画像をチェック! navigate_next

大きく移動しながら、何回かのトライで完全に群れを止めることに成功!

取材日は2隻態勢で出陣! いずれもカツオ中心に十分な釣果を記録した

入れ食い状態に突入すれば船上はてんやわんや。冷静に、安全に注意して釣りまくりたい

アンダーハンドでのキャスティングが基本。遠投できると有利なので、苦手な方は練習しておくとよい

スピードではマグロと並び魚類最高峰!このファイトがたまりません!

この日トップ釣果の6本を記録した清水洋平さん。「スキルジグの56gを使いました。釣っている人の真似をしていたら、釣れました」と謙遜

走るときは止めず、止まったら一気に巻いてくる。緩急をつけたファイトがスピードキャッチのコツだ

前日も乗船したという熱いアングラーはミヨシで奮戦! 次頭のカツオ5本キャッチも「キハダ釣りに来たので」とひと言。目標高し!

4kgクラスのナイスサイズ! この日のアベレージサイズは3kg前後だった

貴重な一本を釣り上げた

刺身もいいけどカツオはタタキだね

丸々していて美味しそうだ

釣ったカツオは、抜群に旨い!

カツオにまじっていたのか、サワラ登場! 狙って釣ったんですよね? と聞くと「もちろん!」。余裕の常連さんでした

カツオ用&マグロ用、タックルは予備も含めて多めに持参したい

取材日の最終受付時間は午前3時45分。まだ闇の中の飯岡港は熱気にあふれていた

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

好釣果が記録され続けていた7月初旬の取材日。日曜日ということもあって2隻が満員御礼。早朝の港は熱気に満ちていた。前日に群れを当てたというエリアに直行したが、魚が固まらず苦戦。広範囲にキャストして探るパターンで、ポツリポツリとカツオを拾うことには成功したが、「これじゃつまらない」と船長。
大きく移動しながらトリを探していく。何回かのトライで完全に群れを止めることに成功! まさに入れ食い状態に突入した。
「超高速移動していた群れが完全に止まりましたよ。凄かったですね、食いっぷりが!」
その後、同様の群れにもう一回当たり、活況のうちに帰港となった。
取材日はキメジ、キハダの姿を拝むことはできなかったが、前日には16㎏というナイスサイズもキャッチされていた。こればかりは沖に出てみなければ分からない。
「幸丸」では釣れる限り出船していく、という。夏はカツオ&キハダ、という方。早めのお出掛けがおすすめです。

以上の記事は「つり丸」2018年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル