MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
40cm級大型アカムツ浮上中! これが最盛期の証明だ!(波崎・信栄丸)

40cm級大型アカムツ浮上中! これが最盛期の証明だ!(波崎・信栄丸)

波崎沖約9マイル沖に広がる水深100〜150mの岩礁帯が“カンネコ根”だ。周囲は起伏が少ないなだらかな砂泥帯で、毎年9月10月にアカムツが産卵のためにこの根周辺に集結するピークを迎える。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

今期のヒットパターンは、あまり仕掛けを動かしすぎないことだ!

ポイントは波崎沖カンネコ根

静かにスローな動きで誘おう

開始早々、貴重な一本を釣り上げた

アカムツは水面で外れると泳いで底へもぐってしまうので必ずタモ入れをしよう

このサイズのアカムツを1匹手にできれば御の字

ハイシーズン中は複数キャッチはザラ。誘い方を工夫して釣ろう

ミヨシはルアーアングラーに開放中。スキッドジグにアカムツがヒット。フォールにバイトしたという

この1匹に価値あり! 連日笑顔満載アカムツ船!!

アベレージサイズです

ドンコも食べるとおいしい。このサイズはなかなかお目にかかれない

小アラが顔をだした

オキメバルは常連ゲスト

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

波崎沖のアカムツシーズンは6月から年内いっぱい。理由はポイントの波崎沖カンネコ根に産卵のために集まったアカムツを狙っているから。そのシーズン中でもっとも熱いのが9月10月である。
「今年も例年どおりカンネコ根でアカムツがシーズンインしましたね。この数ヵ月は誰にでも本命が釣れますし、数においてはテクニックで差が出ます。大変楽しめる季節です」とは、波崎「信栄丸」の浮島和雄船長。
ポイントの水深は100〜150m。例年の実績エリアを探索してアカムツの群れが入っていたらビンゴだ。
今期のヒットパターンは、あまり仕掛けを動かしすぎないこと。かといって、置き竿では釣れない。状況に応じた釣り方を試すことが大事という。
脂ノリノリでジューシーな激うまのアカムツを食すには、自分で釣るしかない。さあ、このハイシーズンをお見逃しなく!

以上の記事は「つり丸」2016年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル