MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これからは潮が動くのでさらに上向く見込み! オニカサゴ(真澄丸)

これからは潮が動くのでさらに上向く見込み! オニカサゴ(真澄丸)

「オニカサゴって、高級魚中の高級魚だよね。簡単には釣れないから高級魚なんで、だからこそ釣れた一匹に価値があるんだよね」そう語るのは、内房・船形港「真澄丸」の舵を握る髙橋忠船長だ。「真澄丸」は、周年オニカサゴを狙って出船している。

高級魚のオニカサゴ。簡単には釣れないから釣れた一匹に価値がある

ポイントは多数。髙橋船長が秘蔵ポイントに案内してくれる

同時に3人ヒット!

貴重な一匹をゲットした

オニカサゴの一荷もあった!

釣れたオニカサゴは船長が目印を付けて、船の大型クーラーボックスに生かしておいてくれる

アベレージサイズだ!

本命ゲットは嬉しい

髙橋船長はイシナギとオニカサゴの一荷も!

半割りにしたタコベイトを刺し、次にサバの皮の黒いほうから刺す

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船形「真澄丸」。

オニカサゴだが、1㎏が釣れたらいいほうで、1.5㎏なんてもう万々歳だと思っているのは私だけじゃないだろう。だから「真澄丸」には興味を持っていた。なぜなら、その釣果に「2㎏」という数字がけっこう頻繁に掲載されるからだ。
そして今回取材釣行してきたが、釣り方から違った。なので、オニカサゴ釣りの腕を磨きたい人は、実際に釣行して髙橋船長のレクチャーを直接受けてもらいたい。
「9月になると、黒潮の分流が入ってきて潮がよく動くようになるから、魚がもっと釣れるようになるよね。オニカサゴもそう。だから9月以降は、2㎏オーバーを狙うには絶好のチャンスだよ!」
自らが大オニ釣り師である髙橋船長がそう言っているんだから、これは間違いなくチャンスだ!

以上の記事は「つり丸」2016年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読