MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
オフショアキャスティング入門はシイラから始めよう! (庄三郎丸)

オフショアキャスティング入門はシイラから始めよう! (庄三郎丸)

例年よりも早く梅雨明けを迎え、相模湾は夏全開! それに伴い、真夏の、そして黒潮のファイター「シイラ」も元気いっぱい! だ。

perm_media 《画像ギャラリー》オフショアキャスティング入門はシイラから始めよう! (庄三郎丸)の画像をチェック! navigate_next

ゲームフィッシングという意味では、このテクニカルなシイラが最高峰

ポイントは相模湾全域。この日は主に潮目を攻めた

キャスティングはできるだけアンダーで行おう

日照りが続けばシイラがさらに活性が上がる。ド派手なジャンプで楽しませてくれるぞ!

シイラゲームのエキスパート、ルアーメーカー・サプライズ代表の椙尾和義さん。6月下旬の取材日は曇り空で後半は雨。それでもシイラはルアーに対しては高活性。まずは一本!

相模湾内にはすでに多くのシイラが回遊中! 梅雨が明けて夏本番となれば、シイラの活性はどんどん上がる

シーズン初期はシイラのレンジが深いことが多いので、シンキング系ルアーが強い

今後はメーターオーバーも増えてくるぞ!

シンキングミノーにヒットして来たのはなんとカツオ! 結構奥まで入って来ているぞ!

ジギングではなんとハガツオがヒット

7ft前後のキャスティングロッドに、ハイギア以上のスピニングリールという組み合わせが定番タックル

椙尾さんが開発した「スギペンシンキング」

フックのカエシはプライヤーで潰してバーブレスに

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」。

取材は6月下旬。このときはまだ梅雨明け前で曇のち雨の天気だったためか、シイラの活性はイマイチ…。それでも魚の姿はかなり多く見られ、複数キャッチするアングラーもいるなど本番目前の様相だった。
それが梅雨が明け、強い日差しが照り続けたとたん、急激にシイラの活性が上がり、130㎝オーバーのビッグワンをはじめ、数も絶好調! まさに本番を迎えたのである。
「魚はいっぱいいます! ただ、状況によってはレンジが深いなど攻略が難しい場面もあると思います。シイラは釣り人に釣られるためにいるのではありません。それをいかにして釣るか。そこがアングラーの腕の見せどころです。ぜひチャレンジお待ちしています!」と話す、平塚港「庄三郎丸」22号担当の望月幸雄船長。
小田原のすぐ沖合では、シイラにまじってカツオの姿も! また、キメジの回遊の声も聞こえてきている。
だが、ゲームフィッシングという意味では、このテクニカルなシイラが最高峰。7月上旬現在、トッププラグにも好反応という情報もある! さあ、エキサイティングな夏を楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2018年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル