MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣りと同船で効果UP! エビングで狙うカツオ&キメジ(浅八丸)

エサ釣りと同船で効果UP! エビングで狙うカツオ&キメジ(浅八丸)

「今年は魚が多いよ。開幕以来、ずっと釣れているからね」コメントの主は平塚「浅八丸」の石井信幸船長。同船ではメジ・カツオ乗合として出船、コマセ釣りとルアー釣りを同船で楽しませてくれる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

近年、流行中のエビングによる釣果が多く安定しているという

富士山を瀬に釣りを楽しめる相模湾。いま、もっとも熱い近場の釣り場だ

ミヨシ部分で8人まで。ここがルアーマンのテリトリー

ルアーマンのファーストヒット! しかし、これはオマツリでバレてしまった

ドンッとロッドを絞り込んだのはキメジだ

「指が攣ってしまいました!」キメジとの戦いで疲労困憊。でも、満足!

エビングでキャッチされたキメジ

カツオヒット!

「人生初のカツオです!」と大興奮。4回目のチャレンジでキャッチした、嬉しい一本

エサ釣りではカツオが今年も好調

本家本元の「エビングキハダセット」。ジグだけセットすればすぐに使えるようになっている

ダイワから発売されている専用のソフトルアー、エビングスティック

常連さんのおすすめジグ。ウエイトは60〜80gが中心だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「浅八丸」。

8月中はカツオを中心に追いかけた、と船長。ルアーの場合はジグ単体をシャクってもよいが、近年流行中のエビングによる釣果が安定していると言う。
「みんな釣れないとエビングを始めるから、どうしてもエビングの釣果が多くなっちゃう感じだね」
8月後半、同船取材を敢行した。
カツオを中心とした攻略だけあって指示ダナは20m前後と浅め。
コマセ釣りでポツリとヒットがあるものの、ルアーマンは大苦戦。たまにヒットを得てもバラシ! ここのところで一番悪いな、と船長のボヤキも出たころに、ようやくルアーマンもカツオ、メジと連続でキャッチ成功!
釣果はいずれもエビングによるものだった。バラしてしまったヒットもほとんどエビングによるもの。オデコを逃れたいルアーマンはエビングの用意だけはしておいたほうがよいだろう。
当日は好調とは言いがたい状況だったが、その後は順調に釣果が出ている。シーズンはまだまだ続く。早めの釣行がおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2016年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル