MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣りと同船で効果UP! エビングで狙うカツオ&キメジ(浅八丸)

エサ釣りと同船で効果UP! エビングで狙うカツオ&キメジ(浅八丸)

「今年は魚が多いよ。開幕以来、ずっと釣れているからね」コメントの主は平塚「浅八丸」の石井信幸船長。同船ではメジ・カツオ乗合として出船、コマセ釣りとルアー釣りを同船で楽しませてくれる。

近年、流行中のエビングによる釣果が多く安定しているという

富士山を瀬に釣りを楽しめる相模湾。いま、もっとも熱い近場の釣り場だ

ミヨシ部分で8人まで。ここがルアーマンのテリトリー

ルアーマンのファーストヒット! しかし、これはオマツリでバレてしまった

ドンッとロッドを絞り込んだのはキメジだ

「指が攣ってしまいました!」キメジとの戦いで疲労困憊。でも、満足!

エビングでキャッチされたキメジ

カツオヒット!

「人生初のカツオです!」と大興奮。4回目のチャレンジでキャッチした、嬉しい一本

エサ釣りではカツオが今年も好調

本家本元の「エビングキハダセット」。ジグだけセットすればすぐに使えるようになっている

ダイワから発売されている専用のソフトルアー、エビングスティック

常連さんのおすすめジグ。ウエイトは60〜80gが中心だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「浅八丸」。

8月中はカツオを中心に追いかけた、と船長。ルアーの場合はジグ単体をシャクってもよいが、近年流行中のエビングによる釣果が安定していると言う。
「みんな釣れないとエビングを始めるから、どうしてもエビングの釣果が多くなっちゃう感じだね」
8月後半、同船取材を敢行した。
カツオを中心とした攻略だけあって指示ダナは20m前後と浅め。
コマセ釣りでポツリとヒットがあるものの、ルアーマンは大苦戦。たまにヒットを得てもバラシ! ここのところで一番悪いな、と船長のボヤキも出たころに、ようやくルアーマンもカツオ、メジと連続でキャッチ成功!
釣果はいずれもエビングによるものだった。バラしてしまったヒットもほとんどエビングによるもの。オデコを逃れたいルアーマンはエビングの用意だけはしておいたほうがよいだろう。
当日は好調とは言いがたい状況だったが、その後は順調に釣果が出ている。シーズンはまだまだ続く。早めの釣行がおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2016年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチゲーム!ジギング&サーベルテンヤで次々とヒット!アベレージは指3本ながら、連続ヒットや2本バリ仕掛けダブルなど、絶好調!エサ釣りは、トップも2番手も40本以上!
イナダをメインとした相模湾LTジギング!タックルは、ジグマックス100g程度、長さ6フィート前後のロッドに、小型のスピニングリール!同船のエサ釣りは、サビキでウルメを釣って、そのまま置いておくだけでOK!
茨城県平潟港「第十五隆栄丸」で今期2度目のアカムツチャレンジ!「来たっ!」「こっちも食った!」船上は蜂の巣を突いた様な大騒ぎ。次々取り込まれるグラマーなルビーレッドに鈴木和次船長も笑顔を見せる。
伊豆諸島周辺は近年稀に見るカンパチ当たり年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひ。
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房 川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップ中!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」(主催:日本釣用品工業会)が2020年1月17日(金)~19日(日)の3日間、みなとみらい・パシフィコ横浜展示ホールで開催される。
松栄丸(布良)の釣果情報を掲載
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読