MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣りと同船で効果UP! エビングで狙うカツオ&キメジ(浅八丸)

エサ釣りと同船で効果UP! エビングで狙うカツオ&キメジ(浅八丸)

「今年は魚が多いよ。開幕以来、ずっと釣れているからね」コメントの主は平塚「浅八丸」の石井信幸船長。同船ではメジ・カツオ乗合として出船、コマセ釣りとルアー釣りを同船で楽しませてくれる。

近年、流行中のエビングによる釣果が多く安定しているという

富士山を瀬に釣りを楽しめる相模湾。いま、もっとも熱い近場の釣り場だ

ミヨシ部分で8人まで。ここがルアーマンのテリトリー

ルアーマンのファーストヒット! しかし、これはオマツリでバレてしまった

ドンッとロッドを絞り込んだのはキメジだ

「指が攣ってしまいました!」キメジとの戦いで疲労困憊。でも、満足!

エビングでキャッチされたキメジ

カツオヒット!

「人生初のカツオです!」と大興奮。4回目のチャレンジでキャッチした、嬉しい一本

エサ釣りではカツオが今年も好調

本家本元の「エビングキハダセット」。ジグだけセットすればすぐに使えるようになっている

ダイワから発売されている専用のソフトルアー、エビングスティック

常連さんのおすすめジグ。ウエイトは60〜80gが中心だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「浅八丸」。

8月中はカツオを中心に追いかけた、と船長。ルアーの場合はジグ単体をシャクってもよいが、近年流行中のエビングによる釣果が安定していると言う。
「みんな釣れないとエビングを始めるから、どうしてもエビングの釣果が多くなっちゃう感じだね」
8月後半、同船取材を敢行した。
カツオを中心とした攻略だけあって指示ダナは20m前後と浅め。
コマセ釣りでポツリとヒットがあるものの、ルアーマンは大苦戦。たまにヒットを得てもバラシ! ここのところで一番悪いな、と船長のボヤキも出たころに、ようやくルアーマンもカツオ、メジと連続でキャッチ成功!
釣果はいずれもエビングによるものだった。バラしてしまったヒットもほとんどエビングによるもの。オデコを逃れたいルアーマンはエビングの用意だけはしておいたほうがよいだろう。
当日は好調とは言いがたい状況だったが、その後は順調に釣果が出ている。シーズンはまだまだ続く。早めの釣行がおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2016年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
大物釣りが盛んな伊豆諸島周辺では、生きエサの泳がせ釣りやジギングで、カンパチやヒラマサなどの青物たちが激アツ!ヒートアップ中!夏の日帰り遠征釣行にぜひチャレンジしてみよう!
由比港「神栄丸」のタチウオゲームが絶好調!夏の早朝釣りでコンスタントに良型を仕留めている。狙うはキロオーバーのドラゴンサイズ!さっそく攻めに行こう!!
外房 勝浦沖 夏の中深場五目釣り!オニカサゴは2㎏級、カンコ、ビッグなユメカサゴ、アカムツも花を添える。この日はアラも連発した!
夏の東京湾で人気のマダコ釣りが開幕!小柴港の「三喜丸」では今年も好調なスタート!トップ20杯に達する釣果もあるようだ。
秋田県男鹿半島~山形県飛島沖のウスメバル釣り。釣り上げると脂肪の塊を吐き出すほどに、脂が乗った秋田のオキメバル。絶品です!
最新記事
落とし込みに必要な調子を徹底追及した専用ロッド「アルシエラ 落とし込み」
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
伝統の性能を継承しさらなる進化を遂げた餌木「アオリーQ」2.5号/3.0号
沼津静浦港「幸松丸」では「夜ジンドウ」の名称で人気のマルイカイカメタルゲームがアツい!この機会に、ぜひ挑戦してみよう。
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読