MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
川津沖にマダイシーズン到来! いろんな釣り方で楽しむ(良幸丸)

川津沖にマダイシーズン到来! いろんな釣り方で楽しむ(良幸丸)

陸上は残暑が厳しくまだ夏のようだが、海の中は少しずつ秋へと季節が移り変わりはじめたようだ。千葉・外房で、マダイが好調に釣れ始めたのだ。

浅場の底付近で数釣りが楽しめる。時折エサに反応が悪い時もある

当日のポイントは勝浦沖の水深35〜45m前後だった。秋はさらに浅場を攻めることもあるという

開始早々、ヒットか⁉︎

タイラバでも良型!「エサにまったく反応しない状況もありますので、タイラバ等他の仕掛けは必ず持参してください!」と高寺船長

取材は9月上旬。当日の最大は2kgオーバー。ひとつテンヤでキャッチ!

秋は小型が多いが数釣りやすい時期。入門にも最適だ

話題のマイクロフリップにも小型だがヒット!

サイズはいいけど、青物じゃないし、魚はいったい…? と浮いたのは良型マハタ! これは嬉しいゲストだ

ひとつテンヤのタックルで上げる青物はスリリング!

高寺船長いわく「この青物を我慢して釣っていると、ドン! とマダイがヒットすることが多いです」。「青物だ…」と残念がらずに、青物をどんどん釣りましょう!

タイラバにもワラサ!

大ダイか!? と上がって来たのは良型のカンダイ。「マダイと同じような引きをするんですよ…」と船長

エサのエビは保冷ボックスに入れられて配られる

ひとつテンヤ、タイラバ、インチク、マイクロフリップ…ひとつの釣り方にこだわらず、いろんな釣り方を試してみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦川津港「良幸丸」。

取材は9月上旬、勝浦川津港「良幸丸」は勝浦沖を流し始めた。しかし、しばらくたってもアタリがない。悪い日に来ちゃったかな…なんて思っていると、右舷大ドモで大きく竿がしなっている。引きの様子から、マダイではなさそう。青物でもなさそうだ。しばらくしてボコンと浮いたのは、良型マハタ。これは最高のお土産だ。
その後はしばしワラサラッシュ! ひとつテンヤでもタイラバでも、次々にヒットする。また青物だ…なんていう声が聞こえて来そうになったとき、
「この青物をガマンして釣っていると、ドン! とマダイが出ますよ!」と高寺由雄船長がアナウンス。
果たして、しばらくガンマンしていると…。まずはタイラバで2㎏弱の本命が、その後ひとつテンヤでは2㎏オーバーを筆頭に、続々ヒット! 秋らしい、賑やかな釣果に恵まれた。
「秋は浅場の底付近で数釣りが楽しめます。時折エサに反応が悪いこともありますので、必ずタイラバなど他の仕掛けも持参してください」と高寺船長。さあ、いよいよ外房は待望の秋マダイシーズンに突入だ!

以上の記事は「つり丸」2016年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
釣り物が少ない季節の救世主。数釣りよりもサイズ狙い。犬吠埼沖の大オニはルアーでもエサでも有効!ゲストはアラ、メバルなど多彩でお土産十分。夏のオススメターゲットを紹介!
更新: 2019-07-12 14:59:38
春先〜夏場に館山湾にはカタクチイワシが大量に入ってくる。湾内にはイワシのイケスも多く、全国各地のカツオ船もエサの買い付けに訪れる。イワシを求めてやって来るのはカツオ船だけでなく、様々な魚達も同様だ。
更新: 2019-06-26 07:00:00
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
各地で人気のヒラメ釣り。釣り自体は難しくはなく、手巻きリールで浅場で釣れることが人気の理由のひとつ。近年はLTでのヒラメ釣りもブームになっている。外房飯岡港は関東で一番早くヒラメ釣りが開始される港だ。
更新: 2019-06-22 07:00:00
最新記事
西伊豆・戸田沖ではアカハタ&カサゴなどのロックフィッシュが熱い!胴付き仕掛け、テンヤ、ルアーのどれでも狙えるので、いろいろな釣り方で根魚を楽しもう!
更新: 2019-07-18 07:00:00
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-18 10:31:56

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読