MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
川津沖にマダイシーズン到来! いろんな釣り方で楽しむ(良幸丸)

川津沖にマダイシーズン到来! いろんな釣り方で楽しむ(良幸丸)

陸上は残暑が厳しくまだ夏のようだが、海の中は少しずつ秋へと季節が移り変わりはじめたようだ。千葉・外房で、マダイが好調に釣れ始めたのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》川津沖にマダイシーズン到来! いろんな釣り方で楽しむ(良幸丸)の画像をチェック! navigate_next

浅場の底付近で数釣りが楽しめる。時折エサに反応が悪い時もある

当日のポイントは勝浦沖の水深35〜45m前後だった。秋はさらに浅場を攻めることもあるという

開始早々、ヒットか⁉︎

タイラバでも良型!「エサにまったく反応しない状況もありますので、タイラバ等他の仕掛けは必ず持参してください!」と高寺船長

取材は9月上旬。当日の最大は2kgオーバー。ひとつテンヤでキャッチ!

秋は小型が多いが数釣りやすい時期。入門にも最適だ

話題のマイクロフリップにも小型だがヒット!

サイズはいいけど、青物じゃないし、魚はいったい…? と浮いたのは良型マハタ! これは嬉しいゲストだ

ひとつテンヤのタックルで上げる青物はスリリング!

高寺船長いわく「この青物を我慢して釣っていると、ドン! とマダイがヒットすることが多いです」。「青物だ…」と残念がらずに、青物をどんどん釣りましょう!

タイラバにもワラサ!

大ダイか!? と上がって来たのは良型のカンダイ。「マダイと同じような引きをするんですよ…」と船長

エサのエビは保冷ボックスに入れられて配られる

ひとつテンヤ、タイラバ、インチク、マイクロフリップ…ひとつの釣り方にこだわらず、いろんな釣り方を試してみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦川津港「良幸丸」。

取材は9月上旬、勝浦川津港「良幸丸」は勝浦沖を流し始めた。しかし、しばらくたってもアタリがない。悪い日に来ちゃったかな…なんて思っていると、右舷大ドモで大きく竿がしなっている。引きの様子から、マダイではなさそう。青物でもなさそうだ。しばらくしてボコンと浮いたのは、良型マハタ。これは最高のお土産だ。
その後はしばしワラサラッシュ! ひとつテンヤでもタイラバでも、次々にヒットする。また青物だ…なんていう声が聞こえて来そうになったとき、
「この青物をガマンして釣っていると、ドン! とマダイが出ますよ!」と高寺由雄船長がアナウンス。
果たして、しばらくガンマンしていると…。まずはタイラバで2㎏弱の本命が、その後ひとつテンヤでは2㎏オーバーを筆頭に、続々ヒット! 秋らしい、賑やかな釣果に恵まれた。
「秋は浅場の底付近で数釣りが楽しめます。時折エサに反応が悪いこともありますので、必ずタイラバなど他の仕掛けも持参してください」と高寺船長。さあ、いよいよ外房は待望の秋マダイシーズンに突入だ!

以上の記事は「つり丸」2016年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル