MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アマダイの釣り方と仕掛け/誘いすぎは禁物【東京湾】

アマダイの釣り方と仕掛け/誘いすぎは禁物【東京湾】

アマダイというと冬の魚のイメージだが、ここ東京湾口では秋の始まりとともに開幕を迎える。この時期の剣崎周辺は潮が速くなる。その中でどうやってアマダイを食わせるかがおもしろいのだ。この時期は普段竿頭を取るような人がボウズで、初めてやった人が竿頭になることも多い。さぁ、価値ある1匹を手にしよう!

湾口アマダイの特徴とは?

「今シーズンはもう2回目です。アマダイ大好き」と常連さん。

大型が食ったと思ったらマトウダイだった。

「タナが上がるとみんなキダイが食ってきちゃうね」。

その正体はオニカサゴでした。

久比里といえばカワハギが有名だが、秋から春にかけては東京湾では数少ないアマダイ船を出船し、根強い人気を誇っている。アマダイ釣りは決して派手さはないものの、さまざまなエサ取り魚の猛攻をかわして本命を〝一本釣り 〟したときに、得も言われぬヨロコビを感じられるのだ。片テン2本バリのシンプルな仕掛けながら、いろいろな魚のアタリが絶えずあることから飽きることなく楽しめる。
そして、本命を掛けてからのやり取りもまたおもしろい。アマダイにはアマダイ特有の引きがあり、とぼけたような顔からは想像できないような強い引きを見せてくれる。
そんな久比里出船のアマダイが8月の終わりに開幕した。
「ポイントは剣崎沖がメインですが、この周辺は秋の潮が速くなるところです。そんな速い潮に合わせた釣り方ができると釣れますよ」と、「山下丸」のアマダイ船担当の坂本勉船長はいう。
まずはタックルから。基本は手持ちで釣るので30号負荷、アタリが取りやすいやや先調子気味のものが使いやすい。リールは、頻繁に手返しするので小型の電動リールがいい。仕掛けは全長2mほど。2本バリにし、枝バリは親子クレンサルカンでつなぐ。
ハリは丸カイズやチヌバリを使用。丸カイズは軸が長いためオキアミを付けやすい。
後述するが、潮が速いと仕掛けが浮き上がってしまう。低めのタナを攻めるときは、ガン玉を打つといい。準備する仕掛けはこれぐらい。あとは外道が多い釣りなので、ハリ外しがあると便利だ。オニカサゴもよくまじるので、魚をつかむハサミなどがあるとよりいいだろう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山下丸」。

釣れない理由は誘いすぎ。釣れる理由はタナが合っている

エサはオキアミ1匹掛け。潮の速いときはガン玉も効果的。

仕掛けはシンプルな2本バリ。

秋の東京湾口は潮が速い。この速い潮に合わせた釣りをすれば釣れると船長は言う。では、どんな釣り方なのだろうか?
「アマダイは一般的に、しっかり誘って釣る、というイメージがあります。確かにそれは正しいですが、この時期に限って言えば逆になることが多いんです。つまり、誘いすぎる人は釣れないんです」
普段、竿頭を取るような人がボウズで、初めてやった初心者の人がトップになるのも珍しくないのだという。なぜ、潮が速いときに誘いすぎると釣れないのか?
「潮が速いときに誘うと、エサが浮き上がっていきます。これをあまり頻繁にやっていると、仕掛けだけ浮き上がってアマダイがエサを食うチャンスがなくなってしまいます」
つまり、せっかく目の前にエサが来て「食べようかな」と思ったところで誘いが入る。そのままエサがどこかへ消えてしまい食べ損なう、ということなのだ。
逆に余り誘わない人は、仕掛けが海底に着くか着かないかの状態で、自然にエサを食いやすい状態にしているためチャンスが広がるというわけだ。
「無理に誘うんだったら、置き竿のほうがいいこともあります」
では、どうやって対処したらいいか。
「底ダチだけまめに取って、低めのタナを釣るように心がけてください」
流すポイントはかけ上がりやヘリなどがあるので、水深が変わる。底ダチを取り直すだけでも十分な誘いになっているのだ。
「うちの仕掛けはサルカンを使わない軽い仕掛けです。これは潮が緩い時用に作ってあります。潮が速いときは、ガン玉を使ってみるのもいいと思います」
本格シーズンになると、何も付けない軽い仕掛けで、誘ってやった方が食うという。

ゲストの釣れ方でタナを変えていく

潮の速さによって剣崎、久里浜、岩井方面をねらいわける。

最初のアワセでギュンときて、50mぐらいで再びギュンギュン、20mを切ったところで三たびのギュンギュンギュン! ここでアマダイを確信できる。マダイの三段引きならぬ、 “アマダイの三回引き”。

潮色がおっそろしく良く、海面近くにあがってきてスグにアマダイの姿がわかった。至福の時である。

潮が速い時期に注意すべきことはわかった。次は、ゲストの釣れ方を見てタナを調整してみよう。
アマダイの基本的なタナ(オモリの位置)は海底から50㎝から1mほど。この周辺でアマダイが食う場所を見つける。この釣りのおもしろいところでもある。
海底周辺ばかりだと、トラギスの餌食になる。しかも枝バリに食ってくるときは明らかにタナが低い証拠だ。また、上げてきたハリやエサに海底の泥がついているようなときもタナが低い。
逆にヒメやキダイばかり食うようなときはタナが高い。この中間を狙いたい。
アマダイ釣りは、2本のハリで勝負する釣りだが、食うときは着底後すぐか、タナを取り直した後が多い。あまり長いこと入れておくとだいたいエサがなくなっている。現在の繊細な竿を使えば、小さい魚のアタリもほぼ逃さずにわかる。アタリがあって何も掛からなかったら、まずエサはないと見て、回収しよう。
アマダイは最初のアタリの後、グイっと引き込み、ここで竿を持ち上げてアワせると「グイグイグイ」と強く引き込む。初めは手巻きで様子を見て、電動を入れよう。最初の「グイグイ」でアマダイと予想できるぞ。
さあ、本番はこれからだ。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読