アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイというと冬の魚のイメージだが、ここ東京湾口では秋の始まりとともに開幕を迎える。この時期の剣崎周辺は潮が速くなる。その中でどうやってアマダイを食わせるかがおもしろいのだ。この時期は普段竿頭を取るような人がボウズで、初めてやった人が竿頭になることも多い。さぁ、価値ある1匹を手にしよう! シーズンはこれからだ。


湾口アマダイの特徴とは?

「タナが上がるとみんなキダイが食ってきちゃうね」。

「今シーズンはもう2回目です。アマダイ大好き」と常連さん。

大型が食ったと思ったらマトウダイだった。

その正体はオニカサゴでした。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山下丸」。

久比里といえばカワハギが有名だが、秋から春にかけては東京湾では数少ないアマダイ船を出船し、根強い人気を誇っている。アマダイ釣りは決して派手さはないものの、さまざまなエサ取り魚の猛攻をかわして本命を〝一本釣り 〟したときに、得も言われぬヨロコビを感じられるのだ。片テン2本バリのシンプルな仕掛けながら、いろいろな魚のアタリが絶えずあることから飽きることなく楽しめる。
そして、本命を掛けてからのやり取りもまたおもしろい。アマダイにはアマダイ特有の引きがあり、とぼけたような顔からは想像できないような強い引きを見せてくれる。
そんな久比里出船のアマダイが8月の終わりに開幕した。
「ポイントは剣崎沖がメインですが、この周辺は秋の潮が速くなるところです。そんな速い潮に合わせた釣り方ができると釣れますよ」と、「山下丸」のアマダイ船担当の坂本勉船長はいう。
まずはタックルから。基本は手持ちで釣るので30号負荷、アタリが取りやすいやや先調子気味のものが使いやすい。リールは、頻繁に手返しするので小型の電動リールがいい。仕掛けは全長2mほど。2本バリにし、枝バリは親子クレンサルカンでつなぐ。
ハリは丸カイズやチヌバリを使用。丸カイズは軸が長いためオキアミを付けやすい。
後述するが、潮が速いと仕掛けが浮き上がってしまう。低めのタナを攻めるときは、ガン玉を打つといい。準備する仕掛けはこれぐらい。あとは外道が多い釣りなので、ハリ外しがあると便利だ。オニカサゴもよくまじるので、魚をつかむハサミなどがあるとよりいいだろう。

釣れない理由は誘いすぎ。釣れる理由はタナが合っている

エサはオキアミ1匹掛け。潮の速いときはガン玉も効果的。

仕掛けはシンプルな2本バリ。

関連する投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒い季節は釣りに行くのもつい、おっくうになりがちだが、寒いからこそ美味しい魚が釣れる季節でもある。その一つが都心から近くの東京湾口で釣れる冬のマアジである。


只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

冬の到来と共に、その身に良質な脂を蓄えて美味しくなっていく魚たち。とりわけ東京湾のマアジは、そのうまさが倍増する! と評判で、こぞって太公望たちが仕留めに出掛けている。


同ポイント、同仕掛けで狙える東京湾のLTアジ&イシモチ【東京湾】

同ポイント、同仕掛けで狙える東京湾のLTアジ&イシモチ【東京湾】

ここ数年のLT(ライトタックル)ブームで、LTアジも東京湾を中心にすっかり定着した。東京湾のマアジは上品な脂の乗りが特徴で、とくに湾奥で釣れる中小型は絶品。その絶品の激ウマアジを求めてLTアジに通う人も多い。


今シーズンは良型スミイカが多いぞ!【東京湾・中ノ瀬〜木更津沖】

今シーズンは良型スミイカが多いぞ!【東京湾・中ノ瀬〜木更津沖】

昨シーズンは好調だった東京湾のスミイカ。今シーズンは10月上旬から中旬ぐらいにスタートする船宿が多かった。今回取材した小柴港「三喜丸」は10月31日からテンヤで狙うスミイカをスタート。初日はトップ23杯が二人、スソでも14杯という好釣果で開幕した。その後はトップ10〜15杯に収まる日が多い。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング