MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

「最近は浅場だけでなく中深場を狙うことも多くなってきました。いままでのジギングでは攻略できなかったターゲットも狙って釣れるようになってきたので、ぜひ挑戦してもらいたいですね」言葉の主は新潟県柏崎港を拠点とする「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

中深場をメインに攻める! 狙った水深は100mから160m前後が主体

ジグのフォールがメインアクションのため、ロッド操作も容易だ。

サミング、フェザーリングなどを駆使し、ラインテンションゼロを心かけるのがスキッディングの基本

フックはボディサイズの半分を目安に、シングルフックをパラレルでセットするのが基本

中深場ではベイト反応を攻める

中深場での定番ターゲット、ウスメバル

一般的なスロー系ジギングを楽しんでいたアングラーはアジを連発!

スキッディングで仕留めた良型のアジ。エサで狙うよりひと回りサイズがいいのが特徴だ

タヌキメバル登場。食べて美味しく、釣って嬉しいメインターゲットのひとつ

アサバガレイも定番ターゲット

新釣法の実績は十分!

大型アラもターゲット!

サイズ的にメインを張るのはアラ、マダラ&スケトウダラ、マダイ、メダイ、ワラサ、ブリ、ヒラマサなどなど。ライトタックルで勝負する醍醐味は抜群だ

ジグのカラーとサイズは、さまざまあり、浅場から深場まですべてを射程に収める

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ 金進丸」。

中深場をメインに攻める、という船長に誘われ沖に出た。狙った水深は100mから160m前後が主体。アラ、メダイ、マダラ、スケトウダラ、ワラサ、ブリなどの大型魚に加え、ウスメバル、キツネ&タヌキメバル、ホッケ、カレイ類、イシナギ、アカムツ、クロムツ、メギスなどなど。以上がこれまでスキッディングでキャッチされた中深場の実績魚たちだ。
残念ながら取材日の柏崎沖は絶不調。タヌキメバルやウスメバル、アジ、アサバガレイなどは顔を出したが、メインにすえていたアラは不発。ポイントを回るたびに首を傾げる秋山船長の姿が、珍しい光景として印象に残ったほどだ。
今後は、中深場狙いはもちろん、浅場での釣りが盛り上がってくる。いまだ体験したことがない方は、手軽な水深からスタートし、スキッディングの威力を体験してみてはいかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2015年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル