MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のキハダ&本ガツオ、開幕直後に爆釣ラッシュ!【相模湾】

相模湾のキハダ&本ガツオ、開幕直後に爆釣ラッシュ!【相模湾】

8月前半から開幕した相模湾のコマセ釣りによるキハダ&本ガツオ。9月に入っても依然、熱いバトルが展開されている。これから両魚種とも脂が乗って美味しい時期。相模湾のキハダ&本ガツオを「釣り」と「食」で、存分に味わおう!

大規模なキハダのナブラ多数。良型本ガツオも浮上!

キターーーーーーーーッ!

取り込みはベテランでも難しく危険。「太郎丸」では高橋船長ができる限り、ほぼすべての取り込みを迅速にアシストしてくれる。

夏休みを取ってプライベート釣行で参加した近藤編集部員が釣り上げた30kg超のキハダ。ナント、この釣り初挑戦!

近藤編集部員が釣り上げたキハダは絶品!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪「太郎丸」。

8月初旬から相模湾で開幕しているコマセ釣りのキハダ&本ガツオ。開幕直後はキメジ&本ガツオの爆釣ラッシュが続き、その後は20㎏を超す大型キハダフィーバー。8月の最終週は、キハダ&キメジがシラスを追い、若干食いが落ちた。しかしながら、9月に入ると復調傾向。9月第二週には、3〜5㎏の良型本ガツオがよくアタリ、トップ7、8本という釣果が目立った。ここまでが、コマセ釣りが開幕してから約1カ月が経過した様子だ。
9月半ばを過ぎ、そろそろ気になるのが「いつまで続くのか?」ということ。今回取材した小坪「太郎丸」の高橋良至船長は「いつまで続きますかね〜? 10月いっぱいは続くと思っているんですけどね。とにかく、今年はキハダ&キメジの大きなナブラがいくつもありますね。(小坪)港内の広さと同じぐらいのナブラもあります。魚はたくさんいますから、長く続くといいんですけどね」と話す。

タックルと仕掛けは大型に対応できるように準備しよう

近藤編集部員がキハダを釣り上げたハリとハリス。結びは南方延縄結び。

付けエサはオキアミ。近藤編集部員は抱き合わせでキハダゲット!

この釣りのタックルは、いろいろなタイプのタックルが使われている。なかでも、とくにおすすめなのが、カンパチやヒラマサを狙うライト泳がせ釣り用の手巻きタックルだ。
ライト泳がせ用ロッドは、穂先が軟らかく、胴がしっかりしているので、微妙なアタリを弾きにくく、やり取りも楽。20㎏を超すキハダにも余裕で対応できる。長さは1.6〜2mぐらいが最適。
リールはPEラインの8号以上を300m以上巻けるライト泳がせ用、またはトローリング用。このタイプの手巻きリールは、頑丈でドラグ性能もよく扱いやすい。ドラグを緩めればスムーズにラインが出て、逆にきっちりと締めることも可能。とにかく、やり取り時のトラブルが少なく安心して使えるだろう。
また非力な人には、青物に対応したパワフルな電動リールもおすすめ。20㎏を超すキハダが掛かったら、何十分にも及ぶやり取りは必至。ケガをしないように、体力的にも、精神的にも余裕をもって楽しもう。
道糸はPEラインの8号以上。可能なかぎり新品を300m以上巻いておこう。
ビシとテンビンは、この釣りではロストしやすいので、3セットぐらいは予備を持参したほうが安心。ビシはプラビシかステン缶。テンビンはとにかく頑丈なもの。そして、ビシを繋ぐスナップなどの接続具も頑丈なものが装着されているものを選ぼう。
「太郎丸」の高橋船長がすすめるハリスは18〜30号。各自の技量や狙い物によって、太さを使い分けよう。長さは3m前後がベスト。
ハリはヒラマサバリの14〜16号ぐらい。大物狙いで、太いハリスを使う場合は、環付きタイプのハリが使いやすい。
今回の「太郎丸」の取材では30㎏超のキハダが取り込まれた。そのときのハリスはデュエル「船ハリス」22号、3m。ハリはキンリュウ「ヒラマサ」の15号だった。

魚群が船下を通過したときに、どうやって食わせる?

群れの足が止まれば、大船団が形成される。

キメジも脂が乗ってメチャウマ!

「太郎丸」はソナー搭載船。本誌9月15日号でも紹介したように、ソナー搭載船は魚群を見つけたら、群れの進行方向を先回りして船を停め、強制的に船下を通過させて食わせるという戦略で狙う。
なので魚群が船下を通過した時が大チャンス。そこでとにかく重要なのが、確実に仕掛けを投入すること。船長の仕掛け投入合図があっあたら、迅速に確実に投入する。ここで出遅れると、投入し始めたときには群れが通過してしまったなんてこともあるのだ。
仕掛けを投入したら、ビシを指示ダナよりもハリスの長さ分(2〜3m)下まで落とし、そこからコマセをまきながら、タナまで巻き上げる。
このタナ取り時に、コマセを一気にまくのではなく、軽くまくようにしよう。魚群が船下を通るまで時間がかかるときもある。タナを取り終えたら、ビシからパラパラとコマセが出るのが理想だ。
「太郎丸」の高橋船長は、魚群が船に近づいたり、船下を通過するときには、「反応来たよ〜!」とアナウンスしてくれる。このときは、とにかく大チャンスだ。うまくすれば、ここで何人もアタるが、自分だけ蚊帳の外というときもある。
「同船者がアタっているのに自分にアタらないときは、竿をひと振りしてビシに残っているコマセを出したり、誘い上げるなど試してみてください」と高橋船長。
また、アタリを待つ時は、リールのドラグは緩めに設定しておくこと。20㎏を超すキハダヒットの可能性もあるからだ。キメジサイズや本ガツオなら、一気に何十mもラインは出て行かない。止まったところで、ドラグを締め気味にしてガンガン巻き上げよう。大型キハダの場合は、まず止まるまでラインを出すこと。その後は魚が引かなければ巻き、引く時はラインを出して、慎重に巻き上げてくる。

以上の記事は「つり丸」2012年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読