MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
特徴的な速潮攻略がカギ! 久里浜沖のコマセマダイの釣り方(平作丸)

特徴的な速潮攻略がカギ! 久里浜沖のコマセマダイの釣り方(平作丸)

東京湾口・久里浜沖のマダイが秋の好シーズンに入っている。「マダイはちょっとムラがありますが、釣れる日は数が出ていますね。それに大型もまじっています」と話すのは今回取材した久里浜港「平作丸」の北島秀司船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

チャンス時の爆発力がスゴイ! 青物も対応できるように準備しよう

状況を把握するには有効なアイテムの「探見丸」

1投目でマダイを手にした

開始直後はチャンスタイム。手持ちで誘って食わせた!

「マダイですよ!」と永井名人

取材当日、開始早々に本命を食わせた永井名人

イナダがまじった。これからはワラサやイナダが数アタることも!

これは美味しいイサキ

エサ取りの正体はカワハギやウマヅラなど

潮が澄むと、これらのエサ取りが多くなるようだ

付けエサはオキアミ。1匹付けが基本

ビシはFLサイズを使う

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久里浜「平作丸」。

東京湾口に位置するマダイの一級ポイントである久里浜沖も秋の好シーズンに入っている。
当地のコマセマダイはとても特徴的。潮が流れるときは激流のように速いこと。ひとたびマダイの食いが立つと爆発的にアタること。久里浜沖を狙う多くの船がポイントを決めると、そこで長時間粘って狙うことなど。
久里浜沖のマダイを攻略するには、まずこれらの特徴を把握することが大事。それをもとに戦略を立てて、うまく当たれば連発も珍しくないのだ。
「ちょっとムラがありますが、釣れるときは数が出ていますね。また大きいのが釣れることもあるので侮れません」と話すのは久里浜港「平作丸」の北島秀司船長。
久里浜沖のマダイは、しばらく好シーズンが続く。特徴的な速潮を攻略して、爆発的なマダイの連発を体感してみよう!

久里浜沖のマダイの仕掛け。ハリスは3号前後。ビシはFLサイズ

「平作丸」での使用ビシはFLサイズ。少量のコマセで狙うからだ。近年では少量コマセ、タックルのライト化などで、FLサイズのビシを使う船がほとんど。船宿によってはLサイズのビシが使用できないところもあるので、釣行前には確認しておくこと。
ビシを装着した片テンビンを道糸につなぎ、クッションゴムを介してハリスを結ぶ。クッションゴムは使用ハリスの太さに適合したものを使うこと。これが適合していないと、魚が掛かったときにハリス切れやクッションゴム切れが起きやすくなるので注意しよう。
ハリスは3号前後が標準。「平作丸」の取材では、船長から「ハリスの長さは8m前後で」という指示があった。「平作丸」では海面からの指示でタナを取る。この場合、船長は反応の位置を見て、釣り人の使用ハリスの長さをもとにタナを指示する。そのため、ハリスが船長がススメる長さでないと。付けエサがとんでもない位置を漂ってしまうので注意しよう。
ハリはマダイバリの8〜9号。この時期は青物ヒットの可能性もあるので、軸の細いチヌバリ等の使用は避けるようにしよう。
ワラサやイナダなどの青物がまとまって釣れることもある。そんなときのために、青物に対応できる仕掛けも準備しておこう。
ポツポツとまじるようなときは各自の技量にもよるが、ハリスは4〜5号。ハリはマダイの9〜10号。
マダイと半々、またはそれ以上に青物がアタるようなときは、ハリスは6〜8号がオススメ。マダイに的を絞るなら、ハリはマダイの9〜10号。青物に的を絞るなら、ハリはヒラマサの12〜13号がいいだろう。
また、ハリスを太くする場合は、クッションゴムもハリスの太さに適合するものに変えよう。
付けエサはオキアミを使う。「平作丸」では付けエサ用のオキアミを用意してくれるので、それを使うが、コマセから取って付けエサにするのもOKだ。
付け方は1匹付けが基本。尾羽の部分を切り取り。そこからハリ先を刺し入れる。ハリの軸に対してまっすぐ刺すように整えてできあがり。
このほか、オキアミ2匹を付ける抱き合わせもOK。エサ取りが少なくアピールしたいとき、青物のアタリが多くそちらを狙うときなどにオススメのエサ付けだ。

久里浜「平作丸」でのタナの取り方。海面からの指示でタナを取る

「平作丸」では、ビシを海底ま下ろさない、海面からの水深指示でタナを取る。
基本のタナ取りは、指示ダナよりも5m下までビシを下ろし、その位置から軽くコマセをまきながら指示ダナまで巻き上げる。
エサ取りが多いときは、タナ下5mまでビシを下ろしたら、コマセをまかずにビシを巻き上げてくるといいだろう。取材当日の後半はエサ取りの猛攻に遭った。そのとき永井裕策名人は、ビシをタナ下5mまで下ろさず、タナでビタ止めにしたところ、エサが取られにくくなったという。そこで、タナでビタ止めにするタナ取りを続けていたところ、マダイを食わせることに成功した。
「平作丸」の工藤友樹船長は、魚探に反応が移ると「反応入ってきましたよ!」とアナウンスしてくれる。そこで有効になるのが落とし込みの誘いだ。その方法は左の写真のとおり。まず静かにロッドキーパーから竿を外し、ゆっくりと竿先を海面に向けて下げていく。うまく自分の付けエサがマダイの視界に入っていれば、この動作の間にアタる。アタったら竿を立ててアワせてから、ラインを巻き取り始める。
アタらなかったら、ユックリと竿を立てて誘い上げてからロッドキーパーに竿をかけよう。
「平作丸」をはじめ、久里浜沖を攻める多くの船が、ポイントを決めたら流し替えずに一カ所で長時間狙う。そのため、エサ取りの有無、潮の速さや方向など、状況の変化がわかりやすい。
エサ取りが急にいなくなったときは、マダイや青物が近くにいる可能性大。また潮流が変化する前後は、マダイの食いが立つこともしばしば。状況の変化に敏感になって、チャンスタイムを逃さないようにしよう。チャンスタイムには手返しを早くするといいだろう。

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル