MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

東京湾の看板ターゲット、タチウオが絶好調だ。近年ロングランの釣りものとして定着しているが、連日、安定釣果が記録されている。

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)の画像をチェック! navigate_next

メーターオーバーの指5本以上のドラゴン級もコンスタントにまじる

もっとも手軽でテクニカルで安定釣果が望めるのがこのタチウオ釣り。湾内の超人気ターゲットのひとつだ

観音崎沖周辺に連日、タチウオ船団形成中

出船前に釣り方講習会が行われた。ビギナーも安心だ

豪快な抜き上げが醍醐味。時合いには手返し早くが数釣りのカギ

おいしいタチウオ乱舞中!

どうですか? このツヤ!

安定釣果を期待するなら今だ!

ヒットしたら釣り上げ。デ、デカイぞ!

歯が鋭いので専用のハサミで挟もう!

ジギングは女性アングラーにもおすすめ

ドラゴン級ゲット!

今期の東京湾内のサバはとても貴重だ

走水沖では、名物の大アジがきた

エサは鮮度よいサバを使用

ジグのフックに掛かってきた小アジ。これがタチウオのベイトだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」。

ほぼ周年狙うことができる東京湾のタチウオだが、秋からはタイミング的に浅場から深場に移行する時期。いまは、猿島沖から久里浜沖にかけて広範囲に群れが回遊しており、湾内の潮の流れ具合で、浅場から深場までタチウオの群れが移動している。
「とにかく東京湾のどこにでもタチウオがいるって感じですよ。釣り方は夏のルアー的な探り続けるパターンが主流ですが、反応の層が狭いときもあるので、タナで静かに待つパターンもそろそろ取り入れるとよいでしょう。とにかく、場所が違えば、誘いパターンがすべて異なるから、ひとつの釣り方にこだわってはダメです。釣れている人を参考にして、そのポイントのヒットパターンをいち早くみつけることが大事ですよ」と話す、小柴港「三喜丸」の 河野秀昭船長。
メーターオーバーの指5本以上のドラゴン級もコンスタントにまじる。エサもルアーもおすすめの秋の東京湾だ。

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル