MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

東京湾の看板ターゲット、タチウオが絶好調だ。近年ロングランの釣りものとして定着しているが、連日、安定釣果が記録されている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

メーターオーバーの指5本以上のドラゴン級もコンスタントにまじる

もっとも手軽でテクニカルで安定釣果が望めるのがこのタチウオ釣り。湾内の超人気ターゲットのひとつだ

観音崎沖周辺に連日、タチウオ船団形成中

出船前に釣り方講習会が行われた。ビギナーも安心だ

豪快な抜き上げが醍醐味。時合いには手返し早くが数釣りのカギ

おいしいタチウオ乱舞中!

どうですか? このツヤ!

安定釣果を期待するなら今だ!

ヒットしたら釣り上げ。デ、デカイぞ!

歯が鋭いので専用のハサミで挟もう!

ジギングは女性アングラーにもおすすめ

ドラゴン級ゲット!

今期の東京湾内のサバはとても貴重だ

走水沖では、名物の大アジがきた

エサは鮮度よいサバを使用

ジグのフックに掛かってきた小アジ。これがタチウオのベイトだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」。

ほぼ周年狙うことができる東京湾のタチウオだが、秋からはタイミング的に浅場から深場に移行する時期。いまは、猿島沖から久里浜沖にかけて広範囲に群れが回遊しており、湾内の潮の流れ具合で、浅場から深場までタチウオの群れが移動している。
「とにかく東京湾のどこにでもタチウオがいるって感じですよ。釣り方は夏のルアー的な探り続けるパターンが主流ですが、反応の層が狭いときもあるので、タナで静かに待つパターンもそろそろ取り入れるとよいでしょう。とにかく、場所が違えば、誘いパターンがすべて異なるから、ひとつの釣り方にこだわってはダメです。釣れている人を参考にして、そのポイントのヒットパターンをいち早くみつけることが大事ですよ」と話す、小柴港「三喜丸」の 河野秀昭船長。
メーターオーバーの指5本以上のドラゴン級もコンスタントにまじる。エサもルアーもおすすめの秋の東京湾だ。

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル