MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

ジギング同船OK! 良型タチウオ絶好調だ! (三喜丸)

東京湾の看板ターゲット、タチウオが絶好調だ。近年ロングランの釣りものとして定着しているが、連日、安定釣果が記録されている。

メーターオーバーの指5本以上のドラゴン級もコンスタントにまじる

もっとも手軽でテクニカルで安定釣果が望めるのがこのタチウオ釣り。湾内の超人気ターゲットのひとつだ

観音崎沖周辺に連日、タチウオ船団形成中

出船前に釣り方講習会が行われた。ビギナーも安心だ

豪快な抜き上げが醍醐味。時合いには手返し早くが数釣りのカギ

おいしいタチウオ乱舞中!

どうですか? このツヤ!

安定釣果を期待するなら今だ!

ヒットしたら釣り上げ。デ、デカイぞ!

歯が鋭いので専用のハサミで挟もう!

ジギングは女性アングラーにもおすすめ

ドラゴン級ゲット!

今期の東京湾内のサバはとても貴重だ

走水沖では、名物の大アジがきた

エサは鮮度よいサバを使用

ジグのフックに掛かってきた小アジ。これがタチウオのベイトだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」。

ほぼ周年狙うことができる東京湾のタチウオだが、秋からはタイミング的に浅場から深場に移行する時期。いまは、猿島沖から久里浜沖にかけて広範囲に群れが回遊しており、湾内の潮の流れ具合で、浅場から深場までタチウオの群れが移動している。
「とにかく東京湾のどこにでもタチウオがいるって感じですよ。釣り方は夏のルアー的な探り続けるパターンが主流ですが、反応の層が狭いときもあるので、タナで静かに待つパターンもそろそろ取り入れるとよいでしょう。とにかく、場所が違えば、誘いパターンがすべて異なるから、ひとつの釣り方にこだわってはダメです。釣れている人を参考にして、そのポイントのヒットパターンをいち早くみつけることが大事ですよ」と話す、小柴港「三喜丸」の 河野秀昭船長。
メーターオーバーの指5本以上のドラゴン級もコンスタントにまじる。エサもルアーもおすすめの秋の東京湾だ。

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
更新: 2019-01-15 00:49:26
いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。
更新: 2018-12-25 00:48:52
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読