MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

一度の釣行で、いろいろな釣りを楽しみつつ、狙った獲物も高確率で仕留めたい…。そんな、欲張り派の釣り人にもってこいで、さらに、さまざまな魚が顔を出す五目釣りが外房・小湊沖で展開されている!

perm_media 《画像ギャラリー》カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)の画像をチェック! navigate_next

船長が反応を見ながら、ベストな釣りをアナウンスしてくれる!

今後も期待大! コマセが大好きなシマアジ。この日は、群れで海面付近まで追い掛けてきて、次々とお客さんのロッドを絞り込んだのだ

4度目の釣行で見事2.8㎏の良型を仕留めた常連さんは「外房でこのシマアジが狙えるのはココだけ。魅力的ですよね」とご満悦

本命ゲットに一安心だ

ダブルでヒットすることもある!

素早いカブラの動きに良く反応するカンパチ。「カッタクリはメリハリを効かせてスピーディーに!」と常連サンがアドバイスをくれた

スイッチが入ったカンパチが止まらない!

何匹かの群れで行動しているカンパチは、1匹が掛かると、立て続けにヒットしてくる。この日は、そんなシーンが流し変えるごとに続き、嬉しい悲鳴が船内にこだました

こちらは一荷だ!

シマアジとカンパチの一荷もあった!

多彩なゲストが顔を出す!

ヒラメもまじった

美味しいイサキはお土産に最適だ!

最近はカッタクリも泳がせもLTのゲームロッドに小型電動または両軸リールを用いる人が多い

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「寿々木丸」。

「ウチでは、アクティブに誘って食わすカッタクリとじっくり攻める泳がせをメインに、ジギングなんかも交えて出船していますよ。今期は例年以上にカンパチの数が多く、シマアジも絶好調。まずまずの釣果を得ているので、遊びに来て欲しいですよね」と話す、この釣りにアツい情熱を注ぐ小湊港「寿々木丸」の鈴木達也船長の声だ。
ちなみに、取材で伺った時は、朝イチにサビキでアジを釣って、生きエサを確保。
現在狙っているポイントは、水深25〜35mダチで、起伏がある根を攻めながら、そのまま船を流して平地まで探る感じ。船長が反応を見ながら、ベストな釣りをアナウンしてくれるので、それに合わせて仕掛けを落として探れば、ご覧のような結果になるワケだ。
「今後は、ヒラマサや大型ヒラメなどもまじってくるので、よりエキサイティングな釣りになりますよ」と船長。青物を釣りに出掛けましょう!

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル