MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

相模湾のカワハギが、いよいよ好機に突入だ! 9月17日に、腰越港「多希志(たけし)丸」のカワハギ船を取材したが、活性も、そしてキモの状態も、すでに「準備完了!」

邪魔をする魚をいかに避けて、カワハギをいかに多く釣るかがこの釣りの面白さだ

ポイントは港から近くの場所に多数存在

アタリを出すために、いろいろ工夫してみよう

良型のカワハギも多い!

サイズも大きくて大満足だ!

女性アングラーでも簡単に釣れる

肝でお腹がパンパンだ!

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

いっぱい釣れるから楽しいね

仕掛け類はいろいろ試してみよう

付けエサはアサリ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越「多希志丸」。

ネット上にある「多希志丸」の釣果情報を見ても、このところの一週間でトップが20枚から26枚。サイズ的には15㎝から29㎝とあるが、取材日は20㎝を超えるカワハギがほとんどだった。
定番ゲストのベラはいる。また、取材日はキタマクラもいた。しかし、それがカワハギ釣り。邪魔をする魚をいかに避けて、本命カワハギをいかに数多く釣るかがこの釣りの面白さだ。ここに腕の差が出るので、カワハギ釣りにハマるフリークもまた多い。集魚グッズに凝るもの楽しいが、数多くあるテクニックの情報を収集して、この時期にぜひ腕を磨いていただきたい。
そして食味のほうだが、キモはすでにパンパン。筆者も釣ったカワハギを食してみたが、キモに臭みは全くなく、とろけるような甘みを存分に堪能できた。こちらの側面からも、間違いなくオススメだ!
「10月、11月は、いよいよピークになります。今より水深が浅いところで釣れるようにもなるし、数ももっと出るようになります。ぜひ遊びに来て、楽しんでいってください!」と、「多希志丸」の鈴木雅則船長もイチオシだ!

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読