MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

相模湾のカワハギが、いよいよ好機に突入だ! 9月17日に、腰越港「多希志(たけし)丸」のカワハギ船を取材したが、活性も、そしてキモの状態も、すでに「準備完了!」

邪魔をする魚をいかに避けて、カワハギをいかに多く釣るかがこの釣りの面白さだ

ポイントは港から近くの場所に多数存在

アタリを出すために、いろいろ工夫してみよう

良型のカワハギも多い!

サイズも大きくて大満足だ!

女性アングラーでも簡単に釣れる

肝でお腹がパンパンだ!

今夜はコイツをアテに一杯やろうかな

いっぱい釣れるから楽しいね

仕掛け類はいろいろ試してみよう

付けエサはアサリ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越「多希志丸」。

ネット上にある「多希志丸」の釣果情報を見ても、このところの一週間でトップが20枚から26枚。サイズ的には15㎝から29㎝とあるが、取材日は20㎝を超えるカワハギがほとんどだった。
定番ゲストのベラはいる。また、取材日はキタマクラもいた。しかし、それがカワハギ釣り。邪魔をする魚をいかに避けて、本命カワハギをいかに数多く釣るかがこの釣りの面白さだ。ここに腕の差が出るので、カワハギ釣りにハマるフリークもまた多い。集魚グッズに凝るもの楽しいが、数多くあるテクニックの情報を収集して、この時期にぜひ腕を磨いていただきたい。
そして食味のほうだが、キモはすでにパンパン。筆者も釣ったカワハギを食してみたが、キモに臭みは全くなく、とろけるような甘みを存分に堪能できた。こちらの側面からも、間違いなくオススメだ!
「10月、11月は、いよいよピークになります。今より水深が浅いところで釣れるようにもなるし、数ももっと出るようになります。ぜひ遊びに来て、楽しんでいってください!」と、「多希志丸」の鈴木雅則船長もイチオシだ!

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読