MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、キテンハタという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、キテンハタという魚を知ろう!

台湾、インドネシア、オーストラリア北部~ペルシャ湾。日本でも本種と思われる個体が採集されている。内湾や岩礁域に生息する。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

キテンハタ(スズキ目ハタ科マハタ属)

インド・西太平洋の熱帯域に生息するやや大型のハタ。ダイビングなどでは人気の魚らしいが、国内には全くいない、ことになっている。実は今回公開する個体は本邦でも3例目か、4例目。見た目がキジハタに似ているので、知らないうちに消費されている可能性もある。魚類の基本台帳である『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』にも載っていない。

キテンハタの値段は?

今回のものは水揚げ港、鹿児島中央卸売市場で、キロあたり2,000円であった。ハタ科にしては安いと言えそうだが、実は梅雨から初夏にかけてが、クエをはじめ大型のハタ類のもっとも安い時期。同じ日のクエの値段もキロあたり2,000円ほど。

例えば寒い時期の需要期ならクエと同じくらいの値として、キロあたり1万円でも安いくらい。3キロのキテンハタ1尾は6,000円から3万円ほど、手が届きそうにない。その上、釣れたら大ニュース。

「キテンハタ」の寿司…超珍魚だ。本来は博物館に寄贈するべきか!?

最近、釣りから遠ざかっているので、釣り話だけは聞きたくもないが、そう思えば思うほど、釣り話が耳に飛び込んでくる。

ある日、昭島市の、魚のおいしい居酒屋、『酒元』さんに会ったら、

「片貝にタイ釣りに行ったんすが、釣れて、釣れて、二、三日、河岸に来る必要なかったんすよね」

タイ(マダイ、ハナダイまじりで)を七十枚釣ったと言うが、本当だろうか? その半分でもすごいのに。

そして、ある日、釣り名人の浅やんがやってきて、ボクに手渡したのがアジの開きがたっぷり入ったビニール袋。アジ釣りに行くたびに竿頭だそうで、これまた、「よかった、よかった」なのだ。

そして、これも釣り話のようなもの、が鹿児島から飛び込んできた。

屋久島周辺で竿を出していた漁師に、なにやら見慣れない魚が釣れて、「こらなんでごわそ」と市場に水揚げしていったという。

「これ見たらビックリしますよ」

とその魚の前から連絡してくれたのが、鹿児島市の仲卸『田中水産』の田中さん。魚に詳しく、珍魚、上物をたくさん送ってもらっているので、いやが上にも期待が膨らむ。

鹿児島は遠いが荷物は翌日届く。押っ取り刀でフタを開けると、三キロ、体長五十五センチほどの地味な魚がはいっていた。

これを見て、腰を抜かすほど驚く人が国内に何人いるかというと、たぶん十人以下に違いない。が、ボクも間違いなく、その十人のひとりで、当然、腰が抜けるほど驚く。

一日費やして撮影。その翌日、早朝に『市場寿司』に持ち込む。

「たかさん、これ超・超珍魚だからていねいにおろそうね」

「こんな魚が珍しいの? 毎日、その辺に来てる。そら、関西で『あこう』だっけ。そっくりじゃん」

皮を包丁ですき引きして、三枚におろす。ちょんちょんと数きれ切り取り、たかさんが口に放り込み、ボクにも「ほい」、と一きれ。

「先週の大きな『あこう』とかわらねーな。珍しいだけで同じだ」

「同じかもしれないけど、うまいね。これ最高にうまい。夏らしい刺身だよね。吟醸酒なんかに合いそう」

「なんて魚だ?」

「キテンハタ。黄色い点が体中にあるハタだね。国内じゃ数例しか確認されていないんだ」

確か数年前だったろうか。釣り魚図鑑などで有名な小西英人さんが、「愛媛県の愛南町であがったハタの写真見ました。あれキテンハタなんです」とボクに興奮気味に話してくれたことがある。それが目の前にある、ボクだって大いに興奮する。

「ただのハタじゃないか。早く握りにして食っちまおうぜ」

出てきた握りは紛れもなくハタの握り。マハタと言われれば、そうだし、あこう(キジハタ)だと思えば同じなのである。たかさん、「ハタの握りはうまいに決まってるだろ」と、目で語っている。

さて、午後にやってきたのが老釣り師海老名在住の海老さん。うまいうまいと食い。ボクがたかさんのケータイに送った写真を見て、

「珍しい魚は変わった姿してないってことだな。人間も同じだ」

と言い、去って行ったそうだ。

「いやいや還暦過ぎてもデニムのシャツ着て、白髪のポニーテール。珍しい人は変わった格好してる」

夕方、北海道出身の友が仕事部屋に訪ねてきたので、キテンハタでちり鍋を作る。「夏の鍋もいいだろ」。

「いいね。うまい。鍋こわし(トゲカジカ)より遙かにうまい」

珍しい魚なので、本当は博物館に寄贈すべきだったかも知れない。でもこんなうまい魚を標本にするなんて、できるわけがない。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2013年8月1日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル