釣る前に、食べる前に、キテンハタという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、キテンハタという魚を知ろう!

台湾、インドネシア、オーストラリア北部~ペルシャ湾。日本でも本種と思われる個体が採集されている。内湾や岩礁域に生息する。


キテンハタ(スズキ目ハタ科マハタ属)

インド・西太平洋の熱帯域に生息するやや大型のハタ。ダイビングなどでは人気の魚らしいが、国内には全くいない、ことになっている。実は今回公開する個体は本邦でも3例目か、4例目。見た目がキジハタに似ているので、知らないうちに消費されている可能性もある。魚類の基本台帳である『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』にも載っていない。

キテンハタの値段は?

今回のものは水揚げ港、鹿児島中央卸売市場で、キロあたり2,000円であった。ハタ科にしては安いと言えそうだが、実は梅雨から初夏にかけてが、クエをはじめ大型のハタ類のもっとも安い時期。同じ日のクエの値段もキロあたり2,000円ほど。

例えば寒い時期の需要期ならクエと同じくらいの値として、キロあたり1万円でも安いくらい。3キロのキテンハタ1尾は6,000円から3万円ほど、手が届きそうにない。その上、釣れたら大ニュース。

「キテンハタ」の寿司…超珍魚だ。本来は博物館に寄贈するべきか!?

最近、釣りから遠ざかっているので、釣り話だけは聞きたくもないが、そう思えば思うほど、釣り話が耳に飛び込んでくる。

ある日、昭島市の、魚のおいしい居酒屋、『酒元』さんに会ったら、

「片貝にタイ釣りに行ったんすが、釣れて、釣れて、二、三日、河岸に来る必要なかったんすよね」

タイ(マダイ、ハナダイまじりで)を七十枚釣ったと言うが、本当だろうか? その半分でもすごいのに。

そして、ある日、釣り名人の浅やんがやってきて、ボクに手渡したのがアジの開きがたっぷり入ったビニール袋。アジ釣りに行くたびに竿頭だそうで、これまた、「よかった、よかった」なのだ。

そして、これも釣り話のようなもの、が鹿児島から飛び込んできた。

屋久島周辺で竿を出していた漁師に、なにやら見慣れない魚が釣れて、「こらなんでごわそ」と市場に水揚げしていったという。

「これ見たらビックリしますよ」

とその魚の前から連絡してくれたのが、鹿児島市の仲卸『田中水産』の田中さん。魚に詳しく、珍魚、上物をたくさん送ってもらっているので、いやが上にも期待が膨らむ。

鹿児島は遠いが荷物は翌日届く。押っ取り刀でフタを開けると、三キロ、体長五十五センチほどの地味な魚がはいっていた。

これを見て、腰を抜かすほど驚く人が国内に何人いるかというと、たぶん十人以下に違いない。が、ボクも間違いなく、その十人のひとりで、当然、腰が抜けるほど驚く。

一日費やして撮影。その翌日、早朝に『市場寿司』に持ち込む。

「たかさん、これ超・超珍魚だからていねいにおろそうね」

「こんな魚が珍しいの? 毎日、その辺に来てる。そら、関西で『あこう』だっけ。そっくりじゃん」

皮を包丁ですき引きして、三枚におろす。ちょんちょんと数きれ切り取り、たかさんが口に放り込み、ボクにも「ほい」、と一きれ。

「先週の大きな『あこう』とかわらねーな。珍しいだけで同じだ」

「同じかもしれないけど、うまいね。これ最高にうまい。夏らしい刺身だよね。吟醸酒なんかに合いそう」

「なんて魚だ?」

「キテンハタ。黄色い点が体中にあるハタだね。国内じゃ数例しか確認されていないんだ」

確か数年前だったろうか。釣り魚図鑑などで有名な小西英人さんが、「愛媛県の愛南町であがったハタの写真見ました。あれキテンハタなんです」とボクに興奮気味に話してくれたことがある。それが目の前にある、ボクだって大いに興奮する。

「ただのハタじゃないか。早く握りにして食っちまおうぜ」

出てきた握りは紛れもなくハタの握り。マハタと言われれば、そうだし、あこう(キジハタ)だと思えば同じなのである。たかさん、「ハタの握りはうまいに決まってるだろ」と、目で語っている。

さて、午後にやってきたのが老釣り師海老名在住の海老さん。うまいうまいと食い。ボクがたかさんのケータイに送った写真を見て、

「珍しい魚は変わった姿してないってことだな。人間も同じだ」

と言い、去って行ったそうだ。

「いやいや還暦過ぎてもデニムのシャツ着て、白髪のポニーテール。珍しい人は変わった格好してる」

夕方、北海道出身の友が仕事部屋に訪ねてきたので、キテンハタでちり鍋を作る。「夏の鍋もいいだろ」。

「いいね。うまい。鍋こわし(トゲカジカ)より遙かにうまい」

珍しい魚なので、本当は博物館に寄贈すべきだったかも知れない。でもこんなうまい魚を標本にするなんて、できるわけがない。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2013年8月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


寿司 キテンハタ グルメ

関連する投稿


「チョウセンバカマ」の寿司…脂はのってないが上品で後味がいい

「チョウセンバカマ」の寿司…脂はのってないが上品で後味がいい

本当に暑い。暑いじゃなくて熱いって感じだ。この熱気にバテバテになった頃、故郷から届くものがある。スダチに山桃、青唐辛子に、でっかいきゅうりに、みょうが、そして手延べ素麺。きゅうりとみょうがを刻み塩もみ、スダチを落とす。冷たく冷やしたチョウセンバカマの潮汁にこれまたスダチを落として、スダチ入りの酎ハイ。


「コガネスズメダイ」の寿司…ねっとりとして脂からくる甘味が強い

「コガネスズメダイ」の寿司…ねっとりとして脂からくる甘味が強い

たかさんが「プールサイ…♪」なんて鼻歌を口ずさむ。「夏が来りゃ」か、いつの間にやら本格的な夏が来てしまった。取り残された気分で、若くてきれいな編集者に「ボク寂しい」って言ったら、「もうお歳なんですから寂しいのにもなれてください」と言われた。夕暮れ時に一人寂しく、コガネスズメの塩漬けを焼いて酒をあおる。


「メダイ」の寿司…口に放り込むとうま味豊かで何かんでもイケそう

「メダイ」の寿司…口に放り込むとうま味豊かで何かんでもイケそう

都心での打ち合わせがとても多い今日この頃だ。日本橋を歩いているとき、いつも携帯している温度計を見ると四十度超えだった。お昼ご飯を食べながらもついついビール、喫茶店に入ってもビールで、しまいには体調不良で苦しむことに。久しぶりの自宅酒は熱燗にした。肴はメダイのあらの潮汁。吹き出る汗が意外にも気持ちいい。


「カサゴ」の寿司…うま味のなかに、甘味が少しだけプラスされている

「カサゴ」の寿司…うま味のなかに、甘味が少しだけプラスされている

市場にぽつんと紫陽花が生えている。そこにでんでん虫が一匹いた。「きっと誰かが連れて来たんだ」と優しいたかさんがお隣の公園に逃がしてやった。「きっとお礼に来るよ」と言ったら、本当に寝ている部屋にでんでん虫が五万匹くらいやって来たらしい。「来て欲しくねー」。蒸し暑い夕方、カサゴのあら煮で、泡盛のロックをクイクイ。


「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺激する

「マコガレイ」の寿司…舌に触れた途端に甘味が味蕾を激しく刺激する

たかさんは、最近ますます「つり丸」に登場する若い女性釣り師に夢中だ。「日焼けは大丈夫なのかな」とか、どことなくお父さん目線でもある。それなら一緒に釣りに行けば、というと、船がまるでダメなので「見送りに行きたい」と言い始めた。意外に一途なのかも。雨上がりの夕方、マコガレイの塩焼きを肴に泡盛のソーダ割り。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読