MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
川津沖のFサビキ〜スルメイカ〜オニカサゴリレー!【川津沖】

川津沖のFサビキ〜スルメイカ〜オニカサゴリレー!【川津沖】

アジ、サバでクーラー満タン! スルメはこれからジャンボ主体! オニカサゴもサイズがいい! リレー釣りが楽し過ぎる件について。川津沖より、お届けしまーす。

アジと大サバに釣りたての甘〜いスルメイカにオニカサゴだ! このリレー船は、夏のイチオシだ!!

朝イチのフラッシャーサビキで良型のアジが掛かった!

取材当日はスルメイカの反応がテンコ盛り! 朝イチから乗った!!

フラッシャーサビキではアジやサバが鈴なり!

サバも大型。

オニカサゴも良型が多い!

一荷だ!

スルメイカはプラヅノ18㎝を使用。オモリは150号と200号を用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「源泉丸」。

勝浦沖のスルメイカがいよいよ絶好期を迎えた。40㎝もあるスルメが、いい日は束を超えるほどの釣れっぷりだ。
7月中旬に勝浦・川津港「源泉丸」を取材したが、この「源泉丸」のリレー船がまた面白い。メインターゲットは当然スルメイカ。そして、このスルメが捕食しているのがアジやサバなのだが、そのアジやサバを釣っちゃうのがこのリレー船のスタートだ。40㎝もあるようなサバが、フラッシャーサビキでガンガン釣れてきちゃうんだから楽しいなんてもんじゃない。また、仕掛けを海底まで落とせれば、同サイズの大アジも釣れてくる。リレー釣りがスタートした時点で、もうクーラー満タンになっちゃうくらいだ。
そして、同じポイントで仕掛けを変えて釣るスルメイカ。「イカはひと潮ごとに大きくなりますから、これからがジャンボスルメが釣れてくるいい時期ですよ!」と「源泉丸」の舵を握る齋藤拓也船長も太鼓判だ。
そして、このリレー船の大トリはオニカサゴ。取材日も、一時間ちょっとでほぼ人数分のオニカサゴが釣れた。そのサイズはどれもキロ前後なので、納得の釣果だ。
大アジと、大サバ、それに釣りたての甘〜いスルメイカにオニカサゴ。このリレー船は、夏のイチオシだ!!

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
今年も東京湾のスミイカが開幕。取材日は中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ8杯。ほとんどの人が型を見ることができた。釣趣バツグン!食味も最高!スミイカを狙おう。
お正月用の食材として、欠かせないマダコ!東京湾では夏場から子ダコの湧きが良く、爆釣が継続!現在も2〜3㎏の良型まじりで、トップ6、7杯~ツ抜けすることも。東京湾のマダコ釣りは今がチャンスだ!
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
最新記事
相模湾、東京湾口などでも見つかっているが、生息域は不明な点が多い。表層でも見つかっているが、漁師さんは水深700mよりも深いところに多いという。
下田沖に鎮座する神子元島周りは、海中映像で確認すると、大型カンパチやワラサ・ブリ、ヒラマサなどの青物たちがほぼ周年回遊しているのが分かる。今期の神子元東沖はかなりエキサイティングな釣りが楽しめる。
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
超高感度形状記憶チタントップ搭載のヤリイカ専用ロッド「アルファソニック ヤリイカ170H」
東京湾の冬タチウオが元気いっぱいだ。金沢八景「一之瀬丸」では横浜港の水深15mという超浅場で良型連発!本命ポイントの走水沖、観音崎沖では指5本の大型!大満足の釣行となった。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読