MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
川津沖のFサビキ〜スルメイカ〜オニカサゴリレー!【川津沖】

川津沖のFサビキ〜スルメイカ〜オニカサゴリレー!【川津沖】

アジ、サバでクーラー満タン! スルメはこれからジャンボ主体! オニカサゴもサイズがいい! リレー釣りが楽し過ぎる件について。川津沖より、お届けしまーす。

アジと大サバに釣りたての甘〜いスルメイカにオニカサゴだ! このリレー船は、夏のイチオシだ!!

朝イチのフラッシャーサビキで良型のアジが掛かった!

取材当日はスルメイカの反応がテンコ盛り! 朝イチから乗った!!

フラッシャーサビキではアジやサバが鈴なり!

サバも大型。

オニカサゴも良型が多い!

一荷だ!

スルメイカはプラヅノ18㎝を使用。オモリは150号と200号を用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「源泉丸」。

勝浦沖のスルメイカがいよいよ絶好期を迎えた。40㎝もあるスルメが、いい日は束を超えるほどの釣れっぷりだ。
7月中旬に勝浦・川津港「源泉丸」を取材したが、この「源泉丸」のリレー船がまた面白い。メインターゲットは当然スルメイカ。そして、このスルメが捕食しているのがアジやサバなのだが、そのアジやサバを釣っちゃうのがこのリレー船のスタートだ。40㎝もあるようなサバが、フラッシャーサビキでガンガン釣れてきちゃうんだから楽しいなんてもんじゃない。また、仕掛けを海底まで落とせれば、同サイズの大アジも釣れてくる。リレー釣りがスタートした時点で、もうクーラー満タンになっちゃうくらいだ。
そして、同じポイントで仕掛けを変えて釣るスルメイカ。「イカはひと潮ごとに大きくなりますから、これからがジャンボスルメが釣れてくるいい時期ですよ!」と「源泉丸」の舵を握る齋藤拓也船長も太鼓判だ。
そして、このリレー船の大トリはオニカサゴ。取材日も、一時間ちょっとでほぼ人数分のオニカサゴが釣れた。そのサイズはどれもキロ前後なので、納得の釣果だ。
大アジと、大サバ、それに釣りたての甘〜いスルメイカにオニカサゴ。このリレー船は、夏のイチオシだ!!

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチゲーム!ジギング&サーベルテンヤで次々とヒット!アベレージは指3本ながら、連続ヒットや2本バリ仕掛けダブルなど、絶好調!エサ釣りは、トップも2番手も40本以上!
イナダをメインとした相模湾LTジギング!タックルは、ジグマックス100g程度、長さ6フィート前後のロッドに、小型のスピニングリール!同船のエサ釣りは、サビキでウルメを釣って、そのまま置いておくだけでOK!
茨城県平潟港「第十五隆栄丸」で今期2度目のアカムツチャレンジ!「来たっ!」「こっちも食った!」船上は蜂の巣を突いた様な大騒ぎ。次々取り込まれるグラマーなルビーレッドに鈴木和次船長も笑顔を見せる。
伊豆諸島周辺は近年稀に見るカンパチ当たり年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひ。
最新記事
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読