MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
川津沖のFサビキ〜スルメイカ〜オニカサゴリレー!【川津沖】

川津沖のFサビキ〜スルメイカ〜オニカサゴリレー!【川津沖】

アジ、サバでクーラー満タン! スルメはこれからジャンボ主体! オニカサゴもサイズがいい! リレー釣りが楽し過ぎる件について。川津沖より、お届けしまーす。

アジと大サバに釣りたての甘〜いスルメイカにオニカサゴだ! このリレー船は、夏のイチオシだ!!

朝イチのフラッシャーサビキで良型のアジが掛かった!

取材当日はスルメイカの反応がテンコ盛り! 朝イチから乗った!!

フラッシャーサビキではアジやサバが鈴なり!

サバも大型。

オニカサゴも良型が多い!

一荷だ!

スルメイカはプラヅノ18㎝を使用。オモリは150号と200号を用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「源泉丸」。

勝浦沖のスルメイカがいよいよ絶好期を迎えた。40㎝もあるスルメが、いい日は束を超えるほどの釣れっぷりだ。
7月中旬に勝浦・川津港「源泉丸」を取材したが、この「源泉丸」のリレー船がまた面白い。メインターゲットは当然スルメイカ。そして、このスルメが捕食しているのがアジやサバなのだが、そのアジやサバを釣っちゃうのがこのリレー船のスタートだ。40㎝もあるようなサバが、フラッシャーサビキでガンガン釣れてきちゃうんだから楽しいなんてもんじゃない。また、仕掛けを海底まで落とせれば、同サイズの大アジも釣れてくる。リレー釣りがスタートした時点で、もうクーラー満タンになっちゃうくらいだ。
そして、同じポイントで仕掛けを変えて釣るスルメイカ。「イカはひと潮ごとに大きくなりますから、これからがジャンボスルメが釣れてくるいい時期ですよ!」と「源泉丸」の舵を握る齋藤拓也船長も太鼓判だ。
そして、このリレー船の大トリはオニカサゴ。取材日も、一時間ちょっとでほぼ人数分のオニカサゴが釣れた。そのサイズはどれもキロ前後なので、納得の釣果だ。
大アジと、大サバ、それに釣りたての甘〜いスルメイカにオニカサゴ。このリレー船は、夏のイチオシだ!!

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
コマセ船に同乗して楽しむジギングゲームは、手軽にカツオやキメジを楽しめるのが魅力。パームス石井修二さんのカツオ用タックル&ヒットジグも紹介!
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読