沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

連日安定した釣果で味も最高! 東京湾のビシアジ釣り(前田丸)

連日安定した釣果で味も最高! 東京湾のビシアジ釣り(前田丸)

ビシアジ専門の浦賀港「前田丸」では、連日安定した釣果で束釣りの日もあるほど。取材当日も一日中活性が高く、アジ釣りの楽しさを十分に味わうことができた。


ビシアジ釣りは、正確なタナ取りとコマセワークが釣果を左右する

ポイントは浦賀沖をはじめ広範囲

良型が掛かると引きも楽しい

好調が続いている東京湾のビシアジ

美味しそうな良型が一荷!

30cmを超える良型。このサイズが主体になることも珍しくない

こちらはトリプル!

いっぱい釣れるから楽しいね

大型サイズをダブルでゲットだ!

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね

シロギスとの一荷もあった

ゲストにはサバもまじる

コマセはイワシミンチ。付けエサはアカタン

コマセのなかからキモを探して、それをハリに付けるのもいい

受付所では手作りのハリ外し、ビシ、アミを購入できる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・浦賀「前田丸」。

この釣りは、正確なタナ取りとコマセワークが釣果を左右する。「底ダチをマメに取り直してください。この正確なタナ取りが誘いにもなります」と前田悦男船長。ムキになってコマセをガンガンまきすぎることもNG。チョロチョロとコマセが出るくらいがいいのだ。
良型がそろっているのも、ここ最近の特徴。当日は30〜40㎝が多数まじった。
ブランドアジのオススメレシピは、お刺身、タタキ、ナメロウなどが一般的。「アジフライが一番好きですね。一杯飲むのに最高です」とは前田船長。
常連の遠藤さんは、ナメロウをホタテの殻で焼いたものがオススメだという。そして、このナメロウ焼きのお茶漬けが釣り人を唸らす一品だ。
とにかく東京湾のアジは美味しいが、「20〜30㎝が一番」と皆が口をそろえる。
「暑さも和らいで水深も安定して釣りやすくなってきました。毎年秋が一番いいんです。気軽に遊びに来てください」と前田船長もニッコリ答えてくれた。

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

手軽に美味しいアジが釣れる東京湾のLT(ライトタックル)アジが人気だ。都心からほど近い川崎の「つり幸」では、親子連れや女性を交えたグループ釣行者などで連日賑わいを見せている。


沖釣り入門にピッタリ! 猿島沖・絶品ビシアジ(村上釣舟店)

沖釣り入門にピッタリ! 猿島沖・絶品ビシアジ(村上釣舟店)

日本人が大好きで、沖釣り入門にもってこいのアジが猿島沖で絶好調だ!「アジ釣りはヤッパリ、タナ取りとコマセワークですね。ビギナーでも全く問題ありません」とは新安浦港「村上釣舟店」の村上敏宏船長。


衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

長竿の弾力を利用して、小さく鋭くシャクる。ここで大切なことは、竿に十分に力を加えることだ。竿が曲がった後、その反動で腕が引き戻されるくらいまで力を込めることにより餌木に鋭い動きを与えることができ、アオリイカへのアピール効果も高まる。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読