MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。

タチウオジギングの面白さの一つは「ヒットパターンを探る」こと

9月上旬の取材時は第二海堡周辺や観音崎沖の40〜75mを攻めた。10月もポイントは同様の予想だ

飯岡港「幸丸」のスタッフ近藤優さんはプライベート釣行で乗船。さすがの腕前で次々とヒットさせていた

幽霊魚・タチウオゆえ多少の上下動はあるものの、トップは30本前後! この日も竿頭は33本! 平均でも10本以上で、当日は半数以上が20本以上と絶好調だった

ゴキゲンの石原さんは石原持ち

どうですか? このツヤ見てください!

サイズもよく、指3.5本がアベレージ

東京湾のタチウオは脂が乗って最高に美味しい!

良型主体で絶好調! テクニカルゲームを楽しもう!

フックの掛かりどころを確認し、豪快に抜き上げよう!

これらのような4本サイズは珍しくなく、当日は出なかったもののドラゴンも連日ヒット中だ!

タチウオは歯が鋭いので専用のハサミで挟もう!

「フォールのアタリが取れる人は数が伸びやすいですね」と進藤船長。タックルはベイトがおすすめだ

フロントフックは大変重要。このようなタイプを使おう

ジグは120〜150gを主に使用。200gまで持参しておこう

当日、観音崎沖で圧倒的ヒットを誇ったのがこのジグ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

人気の秘密は、どんな料理にしても美味しいという抜群の食味のよさもあるが、やっぱり釣って楽しいこと。ルアーの色やアクションなど、ヒットパターンを見つけることにある。
「自分だけ釣れないとどうしてもジグのカラーを換えたくなりますが、それだけにとらわれないようにしましょう。カラーはもちろん大切ですが、まずは巻きのスピードを考えてみてください」と進藤船長はアドバイスする。
ちなみに、進藤船長によると、速めのアクションがいいそうだ。
「いかに早くその日その時の状況を見極めるか。よく釣る人は巻きスピードとタナの見極めがとくに早いですね」
さあ、沖釣りに最高の季節の到来。ロングランでまだしばらく楽しめる東京湾のタチウオ。テクニカルゲームを存分に楽しもう!

東京湾のタチウオジギングタックル。フォールのアタリが取りやすい小型両軸が最適

タチウオジギングのおもしろさのひとつは「ヒットパターンを探る」ことにあると言っていいだろう。その日、その時のパターンをいち早く見つけ、ひとりイレグイなんてことになれば、これほど気持ちよく楽しいことはない。
そこでここでは、東京湾のタチウオジギング船でトップクラスの人気と実力を誇る長浦港「こなや丸」の進藤通孝船長に、ヒットパターンを探るコツを聞いてみた。
「ジグの色も確かに重要ですが、それよりも前に、ジグに加えるアクションを探るほうが重要です」と話す、進藤船長。
「エサ釣りの感覚の人が多いのか、巻くスピードが遅い人が多いように思います」
そもそも、メタルジグは疑似餌。偽物だ。したがって、基本的にはリアクションで食わせる(反射食いを誘う)要素が強い。タチウオにじっくりジグを見せるのではなく、速めの動きで逃げるベイトフィッシュ(小魚)を演出し、思わず口を使わせるのだ。そのためには、ある程度速めのスピードで巻くことが重要だという。ただ、もちろんひたすらに速く巻けばいいというわけではない。
「その日その時でアタリの出やすいスピードやアクションは変わりますので、どんな巻きでよくヒットしているのか、周囲の状況をよく観察しましょう。とはいえ、私も常にどんなアクションの人がよくヒットさせているのか見ていますので、そのあたりは適宜アナウンスします。ですから、慣れない方も安心して楽しんでいただけると思います」

「アタリが出るタナ」を探れ! 指示するタナからだいたいプラス10mぐらい

もうひとつ重要なのは「タナ」だと進藤船長は言う。
「タナからどれぐらい巻き上げたときによくヒットしているのか、その距離を探ってください」
船長がアナウンスするタナは、いわゆる“反応ダナ”。そこにタチウオがいる、という目安だ。これは、タチウオがその位置でジグを食うという意味ではない。タチウオは、そこからジグを追いかけてジグにアタックする。“アタリが出るダナ”とは違うのだ。
「指示するタナからだいたいプラス10mぐらいを探ってください。よく釣る人はそれ以上の距離を探っています。アタリの出るタナをいかに早くみつけられるか。これが釣果を伸ばすコツですね」
アタリが出るタナを探りつつ、同時にどんな巻きスピードにアタリが多いのかも探っていく。それでもアタリが出なければ、ジグのカラーを変えていくとよいだろう。
「ウチには、ピンクしか使わない、というお客さんがいるんですが、よく竿頭を取ります。これは極端な例としても、確かにカラーも重要ですが、カラーだけに惑わされるのではなく、まずは巻きのスピードとタナのことを考えてみてください。きっと、これで大きく釣果は変わるはずです」
自分だけアタリがないからとすぐにジグの色を換えるのではなく、まずはジグの動きを変えてみる。タナを探ってみる。これをぜひ試していただきたい。貴方の釣りの幅が大きく広がるはずだ。
ちなみにジグのカラーは、ピンク系、パープル系、赤金、ブルー&シルバー系(ブルーピンクなど)は必ず用意しておこう。

以上の記事は「つり丸」2016年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読