MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

本命場所で好調スタート! 乗りが明確で良型も多くアタリから巻き上げが楽しい

ポイントは沖ノ瀬をメインに狙う。この時期、潮が速いことが多いポイントだが、今年は緩やかで釣りやすい

ポイントの水深は90〜140mほど。魚探反応は入れ乗り時のときのもの。ビッシリと出ている

開始早々、アタリがきたか⁉︎

ヒットしたら抜き上げる

「思っていた以上にサイズがいいですね。泳がせのエサになるようなのがほとんどいませんが」つまり、ヤリイカファンにはうれしい状況ってことね!

3杯、4杯掛けは頻繁にあって、何往復もできる流しも

水深が浅い場所では、大きなシャクリよりも小さくソフトに

サイズがいいので、2杯も乗るとかなりの手ごたえ。アタリがわからないということは少ない

「予想以上に引きがありますね」。この日はナギでアタリと引きがかなり明確だった

嬉しいダブルヒットだ!

「直結で通しましたが、このサイズだとバラシも少なくて楽しめました」

貴重な? 小型ヤリイカをエサに良型マダイゲット。水深が100m前後の今はチャンス大! 「アタリはもっとありましたが、エサが大きくて食い込みませんでした」

プラヅノ11cmのブランコ仕掛け主体でねらう。「ピッカピカがおすすめです」と船長

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「春盛丸」。

ヤリイカのシーズンっていつだっけ? 近年の釣れ方を見ていると、年末年始ごろに釣れだし、初夏まで続くというパターンが多かった。しかし、相模湾では、初秋から釣れだし厳冬期にピークを迎えるというのが本来、というか従来の姿である。
今シーズンは、そんな従来の釣れ方でファンを楽しませてくれている。
「この時期からいいのは最近ではなかったですね。今年はすでに束釣りもでましたし、毎日安定した釣果が出ていますね」と、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。
100杯は特別としても、連日30〜40杯前後の釣果を記録。さらに、今シーズンの特長はサイズがいいことだ。小型主体だと思って釣っていると、「あれ?このアタリはスルメだよね」なんて巻き上げてみれば、立派なサイズのヤリイカの多点掛けだったということも。
そして、もうひとつうれしいことに、今の時期に沖ノ瀬を狙えるということがあげられる。沖ノ瀬は良型が安定して釣れるポイントだ。
「秋は潮が速くて釣りにならないことが多いんですが、今年は潮が緩いですね。このため沖ノ瀬メインに狙えます。城ヶ島や洲崎でも反応はありますので、どこでも乗りますよ」
秋の穏やかな海上でヤリイカの乗りを楽しもう。ズッシリ感を味わえますよ。

相模湾のヤリイカ仕掛け。プラヅノ11cm。ブランコメインでOK

タックルは、いわゆる普通のヤリイカタックルでOK。ロッドは最近は短めが好まれる傾向があり、1.7m前後がおすすめだ。このサイズだと一日シャクって疲れないだけでなく、穂先までの距離が近いことでアタリを見やすいという利点もある。
リールは電動で、道糸PE3〜4号を300m巻けるものがあればOK。スルメで使うものよりワンサイズ落としてOKだ。ヤリイカを専門に狙う人は3号の道糸が増えている。こちらは落下スピードが速いためだ。
仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ仕掛けが基本。本数は技量に合わせ5〜8本。数釣れるときはツノ数を増やしたくなるが、水深がそれほど深くないので、手返しを重視して5、6本でやるのもいいだろう。
「サバは少ないので、ブランコだけでも大丈夫ですよ」
ナギ日和なら、現在のヤリイカは中型サイズが多いので、直結も面白い。いまの釣りやすい時期に直結に挑戦してみるのもいいだろう。
「プラヅノはなんでも乗ると思いますが、やっぱりピッカピカ針に実績があります」
カラーはピンク、ブルー、ケイムラ主体に、赤白スッテをまぜてみるのもいい。水深が100mより浅い場所でも釣れているというのは、潮が濁っているためでもある。こんなときは、色の濃い目立つ色をまぜてみると、乗りが良くなることも。
ヤリイカは墨の粘度が高くプラヅノに付着しやすい。このためマメに墨を落とすクセをつけよう。また、このときにカンナ(ハリ)が開いていないかチェックしておこう。プラヅノ11㎝に使うハリは細く、大型が掛かったときやスルメが掛かったときなど開いてしまうのだ。このまま使うとせっかく乗せてもバラシにつながってしまう。

初期の相模湾のヤリイカ釣り。水深を考えたシャクリをしよう!

「この時期、結構巻いている最中にバラす人が多いんです。多くの原因は、シャクリが大きすぎることです」と船長。
現在、釣れている沖ノ瀬では水深90〜140mほどのヤリイカとしては浅場で釣れている。潮が澄んだときなどは、200mを超えるような場所で狙うこともあるポイントである。
着底時は一番のチャンスポイント。糸フケを取るところから竿先をしっかり見ておこう。ここで乗ることが多いが、この乗りを見ずにいきなりシャクってしまっては、イカを散らすことになるし、せっかく掛かっていたイカを外してしまうことにもなる。
まずは、最初は静かに竿先を見て、竿先や道糸に出る変化を見逃さないようにしよう。上下にフワフワとか、ツンツンといった感じでアタリが出る。その後は軽く持ち上げるようにしてしっかりと「かけてやろう。
着底時にアタリがなければシャクリに入るが、竿先を下げて頭上まで持っていくようなシャクリはNG。
「誘いやシャクリは小さくて大丈夫です。水深100mぐらいなら下げた竿を目の高さぐらいまで持ってくれば十分です」
誘いのスピードもゆっくりめで、誘いあげているときに出る変化も見ておくと、さらに釣果はアップする。
すべての動作を小さめに、ゆっくり行うことで、かすかなアタリにも対応できるのだ。ここで大きく激しいシャクリをしてしまうと、せっかく乗りにきたイカを掛けることができないのだ。
「バラシが多い人のもうひとつの原因は巻き上げがゆっくり過ぎることです。よく、ヤリイカはバラシが多いときに、『巻き上げが速いからバラす』と言う人が多いですが、逆なんです。バラシが多いと思ったら、意識的に少し速めて巻いてください。細い足に掛かったようなときは、どのみちバレることが多いんです。しっかり掛かった場合は、確実に速めのほうがいいですよ」

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル