MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。

爆発力を秘めたエリア! これからの本格化に期待。高級ゲストも楽しみだ

川奈沖も東伊豆エリアの一級ワラサポイントだ!

小魚をたくさん食べて太ったワラサは、食味だけでなく引き味も抜群! やり取りも楽しい!!

川奈沖で釣れたワラサ。胸板が厚くパワフルな魚だった

川奈沖でヒットしたワラサ

こちらも川奈沖でヒット!

川奈沖ではシマアジの期待もある

少し小ぶりだがお土産には最適だ

初島沖は水深50m台をメインに狙った

初島沖で釣れたカンパチとハナダイ

大型ヒラソウダもまじる

状況次第ではマダイの連発もある!

嬉しいゲストだ!

エサ取りが多く、どうしようもないときは特船オキアミとの抱き合わせ!

エサ取り対策の定番はイカタンとのサンドイッチ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代「ゆたか丸」。

9月中旬、東伊豆の初島沖で待望のワラサが顔を出し始めた。その数日後、続いて川奈沖でもワラサが釣れた。
10月前半の時点では、初島沖も川奈沖でもワラサが顔を出し、トップ2〜4本という日が続いている。サイズはイナワラサイズから4㎏クラスまでがよく上がっているが、丸々太っておいしそうな個体が多い。実際、脂の乗りがよく、おいしいという評判だ!
また、川奈沖ではシマアジやヒラマサもヒットするというので、こちらも楽しみ。網代「ゆたか丸」の川奈沖での取材では前半マダイが連発して、いい人は3枚ゲットするほど。そしてシマアジも2枚顔を出したのだった!
「ゆたか丸」の森野孝船長によると、この時期はエサ取りが多いという。イカタンやワームエサなどのエサ取り対策も忘れずに!
例年、10〜11月は爆釣に沸くことが多い東伊豆エリアのワラサ。目が離せない!

東伊豆のワラサ仕掛け。どんな状況にも対応できる準備をしよう!

竿は遠征五目用や50号負荷の胴調子などがおすすめ。長さ2.4〜3mぐらいが扱いやすい。また、入れ食い時にはライト泳がせ用やビシアジ用など、腰が強く短めの竿がいいだろう。
リールはパワーのある小型電動がオススメ。道糸はPEラインの4〜6号を巻いておく。古いものは劣化して切れやすいので、新しいものに巻き替えておこう。
ビシを装着した片テンビンを介して、クッションゴム、ハリスの順につなぐ。クッションゴムは、使用ハリスに適合した太さをセレクトすること。長さは1mが標準。
悩むのがハリスの号数だ。顔を見ることが上出来というような渋い状況ではハリス4〜5号。入れ食い状態では10号以上がオススメ。渋くもなく、入れ食いでもない状態では6〜8号がいいだろう。
ハリスの長さは6〜8mが標準。海面からタナを取る船では、ハリスの長さと反応の位置によってタナが決定されるので、必ず船長の指示する長さにすることが大事。そうでないと、付けエサがとんでもない位置を漂うことになる。
ハリはヒラマサの10〜12号など、軸がしっかりしたものを使おう。
付けエサはオキアミが基本だが、エサ取りが多い状況では、ひと工夫が必要だ。今回、網代「ゆたか丸」で初島沖と川奈沖を取材したが、どちらの場所もエサ取りが多かった。エサ取りが多い場合は、イカタンとオキアミを併用するのが定番のスタイル。これでも太刀打ちできないときは、さらにエサ持ちのいい「特船オキアミ」などのワームエサを使うのが「ゆたか丸」の森野孝船長のオススメだ。

網代「ゆたか丸」のワラサ釣り。手返しよく仕掛けを投入しよう!

ワラサ釣りで重要なのがコマセワーク。一度オキアミエサを食いだしたワラサは、とにかくオキアミコマセに反応する。食いが立っているときは、しっかりとコマセをまいて、付けエサとコマセを同調させることが大事だ。
タナを取って2〜3分経ってもアタリがなければ、仕掛けを回収。アタっているときほど手返しよく仕掛けを入れ替えよう。
アタリが遠いときも仕掛けを入れっぱなしにするのはダメ。食いが立っているときほどでなくてもいいので、一定のペースで仕掛けを入れ替えてコマセをまくようにするのが大切だ。
魚が掛かったら、無駄に遊ばせることなく、リールを巻けるときに巻いて、どんどん巻き上げるようにする。

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読