沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。


爆発力を秘めたエリア! これからの本格化に期待。高級ゲストも楽しみだ

川奈沖も東伊豆エリアの一級ワラサポイントだ!

小魚をたくさん食べて太ったワラサは、食味だけでなく引き味も抜群! やり取りも楽しい!!

川奈沖で釣れたワラサ。胸板が厚くパワフルな魚だった

川奈沖でヒットしたワラサ

こちらも川奈沖でヒット!

川奈沖ではシマアジの期待もある

少し小ぶりだがお土産には最適だ

初島沖は水深50m台をメインに狙った

初島沖で釣れたカンパチとハナダイ

大型ヒラソウダもまじる

状況次第ではマダイの連発もある!

嬉しいゲストだ!

エサ取りが多く、どうしようもないときは特船オキアミとの抱き合わせ!

エサ取り対策の定番はイカタンとのサンドイッチ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代「ゆたか丸」。

9月中旬、東伊豆の初島沖で待望のワラサが顔を出し始めた。その数日後、続いて川奈沖でもワラサが釣れた。
10月前半の時点では、初島沖も川奈沖でもワラサが顔を出し、トップ2〜4本という日が続いている。サイズはイナワラサイズから4㎏クラスまでがよく上がっているが、丸々太っておいしそうな個体が多い。実際、脂の乗りがよく、おいしいという評判だ!
また、川奈沖ではシマアジやヒラマサもヒットするというので、こちらも楽しみ。網代「ゆたか丸」の川奈沖での取材では前半マダイが連発して、いい人は3枚ゲットするほど。そしてシマアジも2枚顔を出したのだった!
「ゆたか丸」の森野孝船長によると、この時期はエサ取りが多いという。イカタンやワームエサなどのエサ取り対策も忘れずに!
例年、10〜11月は爆釣に沸くことが多い東伊豆エリアのワラサ。目が離せない!

東伊豆のワラサ仕掛け。どんな状況にも対応できる準備をしよう!

竿は遠征五目用や50号負荷の胴調子などがおすすめ。長さ2.4〜3mぐらいが扱いやすい。また、入れ食い時にはライト泳がせ用やビシアジ用など、腰が強く短めの竿がいいだろう。
リールはパワーのある小型電動がオススメ。道糸はPEラインの4〜6号を巻いておく。古いものは劣化して切れやすいので、新しいものに巻き替えておこう。
ビシを装着した片テンビンを介して、クッションゴム、ハリスの順につなぐ。クッションゴムは、使用ハリスに適合した太さをセレクトすること。長さは1mが標準。
悩むのがハリスの号数だ。顔を見ることが上出来というような渋い状況ではハリス4〜5号。入れ食い状態では10号以上がオススメ。渋くもなく、入れ食いでもない状態では6〜8号がいいだろう。
ハリスの長さは6〜8mが標準。海面からタナを取る船では、ハリスの長さと反応の位置によってタナが決定されるので、必ず船長の指示する長さにすることが大事。そうでないと、付けエサがとんでもない位置を漂うことになる。
ハリはヒラマサの10〜12号など、軸がしっかりしたものを使おう。
付けエサはオキアミが基本だが、エサ取りが多い状況では、ひと工夫が必要だ。今回、網代「ゆたか丸」で初島沖と川奈沖を取材したが、どちらの場所もエサ取りが多かった。エサ取りが多い場合は、イカタンとオキアミを併用するのが定番のスタイル。これでも太刀打ちできないときは、さらにエサ持ちのいい「特船オキアミ」などのワームエサを使うのが「ゆたか丸」の森野孝船長のオススメだ。

網代「ゆたか丸」のワラサ釣り。手返しよく仕掛けを投入しよう!

ワラサ釣りで重要なのがコマセワーク。一度オキアミエサを食いだしたワラサは、とにかくオキアミコマセに反応する。食いが立っているときは、しっかりとコマセをまいて、付けエサとコマセを同調させることが大事だ。
タナを取って2〜3分経ってもアタリがなければ、仕掛けを回収。アタっているときほど手返しよく仕掛けを入れ替えよう。
アタリが遠いときも仕掛けを入れっぱなしにするのはダメ。食いが立っているときほどでなくてもいいので、一定のペースで仕掛けを入れ替えてコマセをまくようにするのが大切だ。
魚が掛かったら、無駄に遊ばせることなく、リールを巻けるときに巻いて、どんどん巻き上げるようにする。

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

水温が17度を下回ってからは、ちょっとヒラマサが厳しくなってきましたね。今後はワラサ、ブリを中心に狙っていくと思いますよ」12月中旬に行った取材時、波崎港「征海丸」須之内哲也船長の言葉だ。


ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

冬将軍が訪れるとキンメダイが食べたくなる。そんな釣り人も多いだろう。煮付けが代表の料理だが、伊豆下田須崎沖のキンメダイは、「新島キンメ」とか「トロキンメ」とも呼ばれ、伊豆の特産でブランド魚。身の脂の乗りが半端なく、刺身はむろん、炙り刺身、しゃぶしゃぶなどで食べたら、誰もが舌鼓を打つこと間違いなし。


1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。


キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。


遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

浜名湖沖でアカムツ釣りを楽しめる遊漁船は意外と少ない。それがアカムツが多く居残っている理由のひとつとも考えられるが、この宝庫を目の前にしてどうしても深海のルビーを釣りたくなるのが釣り人の性。そこで、救世主的なのが浜名湖から出船している「ボートクラブ カナル」。チャーターではあるが、人数がまとまれば乗合も可能だ。


最新の投稿


波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

水温が17度を下回ってからは、ちょっとヒラマサが厳しくなってきましたね。今後はワラサ、ブリを中心に狙っていくと思いますよ」12月中旬に行った取材時、波崎港「征海丸」須之内哲也船長の言葉だ。


ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

常磐ダコの餌木&テンヤに最適な専用ロッド!FuneTatsuシリーズは、ビギナーからベテランまで、全ての船釣師にご満足頂ける一本を目指したハイパフォーマンスコンセプトロッドのラインアップです。


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読