MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。

perm_media 《画像ギャラリー》波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)の画像をチェック! navigate_next

良型狙うなら、早アワセは禁物。激うまアカムツを味わうなら今だ

台風17号通過後のカンネコ根。北東風が吹いていたが波は大きくなかった

アカムツがヒットしてからは必ず手持ち竿で。電動リールの低〜中速巻き上げがベター

取り込みは全員協力体制で。かならずタモ入れしよう

この1匹で家族全員超ハッピー!

この日の最大は43㎝。体高がどっぷりとしておいしそうな個体だ

一荷もザラ!

高ダナ攻めで良型を狙い撃ち!

本命ゲットに一安心だ!

こんなサイズが2匹も釣れたら大満足間違いなし。こんなことも珍しくない

誘って掛けよう!

釣っても楽しい、食べても美味しいアカムツを釣るなら今だ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」。

「アカムツ大会が行われた9月半ばのちょうど一週間ぐらい前から良型のアカムツの群れが入ってきましたね。それから連日絶好調です。今年の特徴は、カンネコ根のどこでもいるわけではなく、決まったところに次々と群れが入ってきていることです。台風などにより数日間ポイントを休ませると、またそこに魚がたまっている、って感じです」と話す、中深場釣りを得意とする波崎「仁徳丸」の三橋正幸船長。
ポイントの水深は130〜140m。タックルは、オニカサゴやビシアジなどのタックルをそのまま流用できるお手軽さもうれしい。今年のオススメは、先調子の竿ではなく7対3調子のティップが少し軟らかめのものという。
置き竿釣法ではなく、手持ち竿でマメに誘う釣り人が釣り座に関係なく釣果をたたき出している状況は、近年変わりはない。
11月に鹿島沖から南側でヒラメが解禁すると、この海域の船はしばらくはヒラメ一色になる。その前に絶好調の激うまアカムツを釣っておこう!
「仁徳丸」は2隻体制だが、ヒラメ解禁直後を除き、年内いっぱいはアカムツ船を出船する予定だ。

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル