MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。

良型狙うなら、早アワセは禁物。激うまアカムツを味わうなら今だ

台風17号通過後のカンネコ根。北東風が吹いていたが波は大きくなかった

アカムツがヒットしてからは必ず手持ち竿で。電動リールの低〜中速巻き上げがベター

取り込みは全員協力体制で。かならずタモ入れしよう

この1匹で家族全員超ハッピー!

この日の最大は43㎝。体高がどっぷりとしておいしそうな個体だ

一荷もザラ!

高ダナ攻めで良型を狙い撃ち!

本命ゲットに一安心だ!

こんなサイズが2匹も釣れたら大満足間違いなし。こんなことも珍しくない

誘って掛けよう!

釣っても楽しい、食べても美味しいアカムツを釣るなら今だ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」。

「アカムツ大会が行われた9月半ばのちょうど一週間ぐらい前から良型のアカムツの群れが入ってきましたね。それから連日絶好調です。今年の特徴は、カンネコ根のどこでもいるわけではなく、決まったところに次々と群れが入ってきていることです。台風などにより数日間ポイントを休ませると、またそこに魚がたまっている、って感じです」と話す、中深場釣りを得意とする波崎「仁徳丸」の三橋正幸船長。
ポイントの水深は130〜140m。タックルは、オニカサゴやビシアジなどのタックルをそのまま流用できるお手軽さもうれしい。今年のオススメは、先調子の竿ではなく7対3調子のティップが少し軟らかめのものという。
置き竿釣法ではなく、手持ち竿でマメに誘う釣り人が釣り座に関係なく釣果をたたき出している状況は、近年変わりはない。
11月に鹿島沖から南側でヒラメが解禁すると、この海域の船はしばらくはヒラメ一色になる。その前に絶好調の激うまアカムツを釣っておこう!
「仁徳丸」は2隻体制だが、ヒラメ解禁直後を除き、年内いっぱいはアカムツ船を出船する予定だ。

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読