沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。


良型狙うなら、早アワセは禁物。激うまアカムツを味わうなら今だ

台風17号通過後のカンネコ根。北東風が吹いていたが波は大きくなかった

アカムツがヒットしてからは必ず手持ち竿で。電動リールの低〜中速巻き上げがベター

取り込みは全員協力体制で。かならずタモ入れしよう

この1匹で家族全員超ハッピー!

この日の最大は43㎝。体高がどっぷりとしておいしそうな個体だ

一荷もザラ!

高ダナ攻めで良型を狙い撃ち!

本命ゲットに一安心だ!

こんなサイズが2匹も釣れたら大満足間違いなし。こんなことも珍しくない

誘って掛けよう!

釣っても楽しい、食べても美味しいアカムツを釣るなら今だ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」。

「アカムツ大会が行われた9月半ばのちょうど一週間ぐらい前から良型のアカムツの群れが入ってきましたね。それから連日絶好調です。今年の特徴は、カンネコ根のどこでもいるわけではなく、決まったところに次々と群れが入ってきていることです。台風などにより数日間ポイントを休ませると、またそこに魚がたまっている、って感じです」と話す、中深場釣りを得意とする波崎「仁徳丸」の三橋正幸船長。
ポイントの水深は130〜140m。タックルは、オニカサゴやビシアジなどのタックルをそのまま流用できるお手軽さもうれしい。今年のオススメは、先調子の竿ではなく7対3調子のティップが少し軟らかめのものという。
置き竿釣法ではなく、手持ち竿でマメに誘う釣り人が釣り座に関係なく釣果をたたき出している状況は、近年変わりはない。
11月に鹿島沖から南側でヒラメが解禁すると、この海域の船はしばらくはヒラメ一色になる。その前に絶好調の激うまアカムツを釣っておこう!
「仁徳丸」は2隻体制だが、ヒラメ解禁直後を除き、年内いっぱいはアカムツ船を出船する予定だ。

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

タックルはいわゆる普通のひとつテンヤマダイ用のものでいいだろう。道糸はバランス重視の0.8号。ハリスは2~3号を3~5mほど。5kg級の大ダイがヒットしているようなときは、ドラグを少し強めに設定しておこう。


南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

南房・和田沖のアカムツゲーム! ライトタックルで釣る(渡辺丸)

ここ数年で南房のアカムツ釣りのメジャー船になった江見太夫崎「渡辺丸」。 それもそのはず、40㎝オーバーの大型ばかりをコンスタントに釣らせてくれるからだ。もちろん、条件が悪いときは釣れないこともある。しかし、ほぼ周年、アカムツを狙っていることにより、アカムツの動きを理解し、渡辺英雄船長はポイントが把握できたというのだ。


水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

これから年末にかけては、うまい紅い魚が気になる季節だ。そんな魚の代表がアカムツ。激うまな身を一度でも味わってしまったら、あなたはこの魚のとりこだ。近年では大型アカムツが潜む水深200〜300mの深海を普段使い慣れたタックルで手軽に釣れるようになった。


キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

常磐沖にいよいよ青物ルアーゲームのシーズン到来だ! メインターゲットは、写真のワラサ・イナダの他に、ブリ、そして9月上旬の取材日は強烈なアタリがあったもののフックアウトしてしまったが、ヒラマサ。ブリは正真正銘の8㎏オーバー、ヒラマサは10㎏オーバーの実績もあるので、油断は大敵だ。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読