沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

新潟のオフショアシーンを切り開いてきた柏崎「アシストクラブ金進丸」。近年、本船発のNEWスタイルゲームとして注目を集めているのが「スキッディング」だ。「簡単に言えばNEISの『ザ・スイッチバック』を使って、小魚を捕食するイカの動きを演出する釣りです」と話す、秋山進一船長。


中深場ではあらゆる魚がターゲット。小魚を捕食するイカの動きを演出する釣り

整備されている柏崎港の専用の岸壁から出船する「アシストクラブ金進丸」

ルアーをメインに出船している「アシストクラブ金進丸」。船上はかなり使い勝手がよい

深海ジギングは、小魚から大型魚まですべてがターゲット。五目釣りで楽しめる

200m以上の深海では、スローなジグの動きが効果的

デカイね。10㎏近くあるよ

開始早々、良型マダラをゲットした!

マダラのダイレクトな引きが味わえる。10㎏クラスともなるとかなりトルクフルだ

取材日の最大クラスのマダラ。この日、10㎏アップの登場はなかったが、柏崎沖では十分にその可能性はある

さまざまなスロー系のジグが活躍する

深海のメインターゲットマダラはこれからがシーズン!

美味マダラを確保しよう!

ギス。食味抜群の、深海ならではのターゲット

ヘビーウエイトのプロトタイプ、「ザ・スイッチ・バック」で仕留めたホッケ

おいしいゲストが釣れる!

釣り方はスローピッチジャークでもオーケー。さまざまな釣り方を試してみよう

中深海の釣りに対応するヘビーウエイトの「ザ・スイッチ・バック」

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ 金進丸」。

スキッディングの奥行きは深いが、間口は広い。フォールするだけでヒットチャンスを演出できるだけに、まずは落としては上げてを繰り返すだけで十分な釣果が期待できる、という。
ライトゲームからヘビーゲームまで、守備範囲も広いが、今回は柏崎沖ではヘビーゲームに入る中深海の釣りに同船取材をお願いした。
想定されるターゲットはメインにマダラ、アラ、ホッケを置いた。アカムツ、キツネメバル、タヌキメバル、ウスメバル、カレイなども射程範囲。実釣では200m前後を攻略した。潮が流れず、大苦戦の一日だったが、それでも次々とマダラを始めとしたディープフィッシュたちが姿を現した。スキッディング、そして柏崎沖の実力といったところだろうか?
「アシストクラブ金進丸」では、今回紹介した中深海ジギングはもちろん、ブリ、ヒラマサ狙いを中心に、浅場の五目ゲームに加え、ウイリーゲームなども楽しめる。多彩な柏崎沖の秋を満喫していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


秋のマダイシーズンは遅れて開幕中! 上越沖のコマセマダイ(里輝丸)

秋のマダイシーズンは遅れて開幕中! 上越沖のコマセマダイ(里輝丸)

上越沖は2月から4月のプレ乗っ込み、5月〜7月の乗っ込みマダイ釣りが有名。真夏の高水温期はひと段落し、9月半ば以降から年末まで秋マダイ釣りが本格化するのが例年のパターン。ところが、今秋は高水温が続いたためか、海のなかの夏は継続。10月までそのような状況だった。つまり、海の秋の到来が約1ヵ月遅れている。


上越エリア水深150mで釣る! キクガレイがオススメ!(里輝丸)

上越エリア水深150mで釣る! キクガレイがオススメ!(里輝丸)

マダイで有名な新潟県上越エリアだが、8月9月の暑い季節は意外と釣り物が少ない。昼間の釣りはとても暑いのでどちらかといえば夜釣りが盛んだ。そんな中、昼の釣り物でオススメなのがキクガレイ釣り。この魚の標準和名はムシガレイだが、なにせよく釣れる。


白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りの中でも、派手なアタリと強烈な引きが楽しめるマダラ。加えてこれからの時期は白子の食味もたまらない! そのマダラが北茨城、平潟沖で好調に釣れている。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読