NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

新潟のオフショアシーンを切り開いてきた柏崎「アシストクラブ金進丸」。近年、本船発のNEWスタイルゲームとして注目を集めているのが「スキッディング」だ。「簡単に言えばNEISの『ザ・スイッチバック』を使って、小魚を捕食するイカの動きを演出する釣りです」と話す、秋山進一船長。


中深場ではあらゆる魚がターゲット。小魚を捕食するイカの動きを演出する釣り

整備されている柏崎港の専用の岸壁から出船する「アシストクラブ金進丸」

ルアーをメインに出船している「アシストクラブ金進丸」。船上はかなり使い勝手がよい

深海ジギングは、小魚から大型魚まですべてがターゲット。五目釣りで楽しめる

200m以上の深海では、スローなジグの動きが効果的

デカイね。10㎏近くあるよ

開始早々、良型マダラをゲットした!

マダラのダイレクトな引きが味わえる。10㎏クラスともなるとかなりトルクフルだ

取材日の最大クラスのマダラ。この日、10㎏アップの登場はなかったが、柏崎沖では十分にその可能性はある

さまざまなスロー系のジグが活躍する

深海のメインターゲットマダラはこれからがシーズン!

美味マダラを確保しよう!

ギス。食味抜群の、深海ならではのターゲット

ヘビーウエイトのプロトタイプ、「ザ・スイッチ・バック」で仕留めたホッケ

おいしいゲストが釣れる!

釣り方はスローピッチジャークでもオーケー。さまざまな釣り方を試してみよう

中深海の釣りに対応するヘビーウエイトの「ザ・スイッチ・バック」

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ 金進丸」。

スキッディングの奥行きは深いが、間口は広い。フォールするだけでヒットチャンスを演出できるだけに、まずは落としては上げてを繰り返すだけで十分な釣果が期待できる、という。
ライトゲームからヘビーゲームまで、守備範囲も広いが、今回は柏崎沖ではヘビーゲームに入る中深海の釣りに同船取材をお願いした。
想定されるターゲットはメインにマダラ、アラ、ホッケを置いた。アカムツ、キツネメバル、タヌキメバル、ウスメバル、カレイなども射程範囲。実釣では200m前後を攻略した。潮が流れず、大苦戦の一日だったが、それでも次々とマダラを始めとしたディープフィッシュたちが姿を現した。スキッディング、そして柏崎沖の実力といったところだろうか?
「アシストクラブ金進丸」では、今回紹介した中深海ジギングはもちろん、ブリ、ヒラマサ狙いを中心に、浅場の五目ゲームに加え、ウイリーゲームなども楽しめる。多彩な柏崎沖の秋を満喫していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2014年11月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

「最近は浅場だけでなく中深場を狙うことも多くなってきました。いままでのジギングでは攻略できなかったターゲットも狙って釣れるようになってきたので、ぜひ挑戦してもらいたいですね」言葉の主は新潟県柏崎港を拠点とする「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

「10㎏の大アラを釣りたい!」そんな幻級の高級魚を釣るなんて、夢の話だったが、現実にかなえてくれるのが、新潟県間瀬港「光海丸」だ。


平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

水深250mの海底に仕掛けが届いた途端、「食った!」「こっちも来たぞ!」糸フケを取る間もなく深海竿を叩く派手なアタリにあちこちから声が上がる。


15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第八荒神丸)

15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第八荒神丸)

「サンマを使わないんですか?」怪訝な顔の同行者に笑顔でうなづき、すべてのハリに「スーパーイカタンMEGA」を配し、綾里沖のマダラに挑む。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読