MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。

マダイのスイッチが入ると爆発的にアタるのが当エリアの特徴だ!

久里浜沖は関東屈指のマダイ釣りポイント

秋のアベレージサイズ。食べても美味しい!

これはキロオーバー。時おり4〜5kgの大型もアタるので油断はできない

取り込みは無理せずタモで!

久里浜沖のマダイはとても綺麗で美形! 

仕掛けのバランスや釣り方が合うと連発する!

潮が速いと、写真のように道糸が横になびく

本命ゲットは嬉しい!

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

ワラサもまじる

ワラサが連発することもあるので、ハリスは4号より細くしないこと!

根周りではとても美味な良型イサキがまじる!

「忠彦丸」の仕掛けは2段テーパー式

エサのオキアミは1匹掛け

ビシはFLサイズを使用。コマセはひとつかみでOK!

秋から冬は数釣りが期待できる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」。

東京湾の久里浜沖は、秋から冬にかけてマダイの数釣りが楽しめる屈指の好ポイント。今シーズンも順調に好釣果が記録されている。
「久里浜沖は潮に左右されやすいですが、条件がいいと数アタります。この前はトップ17枚なんて日もありました。この時期は、トップ10枚以上なんて珍しくないですよ」と話す、金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。
この時期の久里浜沖のポテンシャルはすごい。マダイのスイッチが入ると爆発的にアタるのが当エリアの特徴。生駒船長の言葉どおり、トップ10枚以上を記録することも珍しくないのだ。
また、この時期はワラサやイナダなどの青物もまじる。そのほかイシダイ、イサキなど嬉しい美味なゲストがまじるのも魅力だ。
これから年末ぐらいまでマダイの数釣りが期待できる久里浜沖。ぜひチャレンジしてみよう!

「忠彦丸」マダイ仕掛け。ビシはFLサイズ。仕掛けは2段テーパー

タックルは一般的なコマセマダイ用でOK。竿はコマセマダイ専用の2.4〜3.3m。これに小型電動リールを組み合わせる。道糸はPEラインの3〜4号を巻いておく。
ビシオモリは80号だが、「忠彦丸」ではFLサイズを使用している。
「ビシはFLサイズに統一しています。久里浜沖は潮が流れるときは、かなり速くなります。ですから、ビシは小型のほうが抵抗が少なく、道糸が立ちやすくなります。また、コマセはあまりまきません。ビシに入れるのは一掴みとお客さんには言っています。ソウダやサバが多いときは、ビシにコマセを入れずにやることもあります。コマセなしでも釣れるのですから、大きなビシと大量のコマセはいりません」と話す生駒船長。
そしてハリスは2段テーパーをススメている生駒船長。「忠彦丸」の船宿仕掛けも2段テーパー式だ。そのバランスは上ハリス6号6m、下ハリス4号4mの全長10m。下ハリスは4号よりも細くしないようにススメている生駒船長。大型マダイもアタるし、ワラサ&ブリなどがアタることもあるからだ。
またハリは軸がしっかしたグレバリ7号。チヌバリなどの軸が細いハリは折られたり、伸ばされたりするのでオススメではない。
エサのオキアミは1匹付けにする。尾羽を切り取り、そこからハリを刺し入れ、ハリの軸に対してまっすぐ刺す。

「忠彦丸」ではタナ取りは海面から! 落とし込みの誘いが有効だ!

「忠彦丸」では海面からタナを取る。取材当日のタナは海面から23m。27mまでビシを落としてから、コマセをまきながら指示ダナまでビシを巻き上げてくる。タナ取り時にどこまでビシを落とすかは、船長の指示に必ず従うこと。船長が指示するよりもビシを下げると、マダイが逃げたり、警戒して船下に入らなくなるので注意しよう。
誘いは落とし込みが有効。とくに船長から「反応出てるよ〜!」というアナウンスが出たときにおこなうとヒット率が高いだろう。
落とし込みをおこなうときは注意しないといけないことがある。まずはビシを一気に落とさないこと。一気にストンと落とすと、せっかく船下に入ったマダイが驚き逃げてしまうからだ。
ビシをタナよりもあまり落としすぎないことも大事。「忠彦丸」では、タナ取り時にビシを下げる位置まで落とし込むことが可能。取材当日はタナ下4mまで落とし込むことが可能だった。
また、落とし込んだらそのままにせず、ビシを元の位置まで巻き上げる。ビシを落としたままでは、タナを下げているのと同じだからだ。
「この時期はマメに仕掛けを動かしていたほうがアタりますよ!」と生駒船長。マメに誘ったほうが好結果につながるようだ!

以上の記事は「つり丸」2015年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!
剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!
波勝崎沖のアコウダイがアツい!ヘビー、ライト何れのタックルでも可能だが、今回はハリ数5~6本、オモリ350号に中型電動リールの「ライトアコウダイ」でテンポよくを選択。当日は4.6㎏のビッグワンも浮上!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」2020年2月8日~9日に開催される。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
ゼロテン操作時にエサのナチュラルフォールを演出可能なカワハギ仕掛け「カワハギ幹糸仕掛けFB(フォールビーズ)」
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読