沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


強い引きが魅力のワラサ! この秋、ぜひチャレンジしてみよう!

ポイントには船団ができる!

シマノ「探見丸スマート」に反応が映った!

マメに仕掛けを入れ替え、コマセワークのいい人には連発した!

取り込みは周囲の釣り人と協力しておこなおう!

良型サイズに大満足だ!

慣れた常連さんはチャンスタイムに確実に食わせて数を伸ばしていく!

引きの強さもこの釣りの楽しみだ

美味しそうな丸々した3㎏級のワラサ!

本命の顔を見て一安心

これからの時期は脂の乗りもよくなって、よりいっそう美味しくなる!

イナダが数まじることもある

付けエサはオキアミ。1匹掛けや抱き合わせで付ける

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」。

今シーズンは8月中旬からスタートしている剣崎沖のワラサ。10月前半の時点では釣果にムラがあるが、トップ3〜5本ぐらいの釣果を記録する日が多い。
そしてイナダが多数まじる日もあり、時おりブリクラスが取り込まれている。10㎏級の大型を取り込んだという報告もある。
「ここのところイナダがよくまじっていますね。またイナダが掛かったと思うと、今度はもっと引きが強くてワラサだったということもあります」と話すのは剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮・若船長。
いろいろなサイズの可能性があるが、ハリスはワラサに照準を絞って6号、6mが基本。食いが渋いようであれば細く長く、食いが良ければ太く短くするといいだろう。
ここ数年は11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている剣崎沖のワラサ。今シーズンもロングランで続くことが望まれる!

剣崎沖のワラサ仕掛け。ハリスは6号6mが基本! 状況で長さや号数を変える

剣崎沖のワラサ釣りでは、今回取材した剣崎松輪「大松丸」をはじめ、多くの船宿が80号のビシを使用する。そのため、竿は80号のオモリに対応できるものを選ぶこと。7対3〜6対4調子が、置き竿でも手持ちでも対応しやすい。長さは2.1〜3mぐらいが扱いやすいだろう。
リールは小型電動か、中型の手巻き両軸リール。水深がある場所では、電動リールが手返しの点で扱いやすいだろう。リールには道糸としてPEラインの4〜6号を200m以上巻いておくこと。
ハリスは6号、6mが基本。「食いが渋いときは6号より細い4〜5号、入れ食いの時には8号や10号にするといいですよ」と「大松丸」の鈴木大揮船長。
クッションゴムは使用ハリスに適合した太さを使用すること。長さは1m。
ハリはヒラマサの12〜13号。軸が細いハリは、折られたり、伸ばされたりするので、軸が太くしっかりしたハリを使うこと。

剣崎沖のワラサの釣り方をご紹介。手返しよく仕掛けを投入しよう

「大松丸」では、取材当日は海底からのタナ取りをおこなった。ビシを一度、海底まで落とし、糸フケを取ったら、コマセをまきながらタナまでビシを巻き上げる。
タナは海底から「ハリスの長さ分プラス2〜4m」というのが取材当日の指示。潮の速さ、反応の位置などによって、タナを微調整していく。
取材当日、反応が出ているときに鈴木船長から「反応が出ていますから、仕掛けを何度も入れ替えてコマセをまいてください」というアナウンスがあった。
ワラサ釣りでは、この「手返し」が大事だ。反応が出ているとき、食いが立っているときは、積極的に仕掛けを入れ替えてコマセをまくようにする。この状況ではタナを取ってからアタリを待つのは1〜2分。それでアタらなければ、仕掛けを投入しなおす。
アタっていない時間帯も仕掛けを入れっぱなしにせず、5〜6分のペースで仕掛けを投入しなおそう。

以上の記事は「つり丸」2015年11月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

コマセ釣りの竿は30〜40号のオモリに対応できるライト用、7対3調子の2m前後がおすすめ。リールは手巻きの小型両軸か超小型電動を組み合わせる。道糸はPEラインの2号以下を200mは巻いておこう。


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

「今年はアベレージサイズがいいですね。これからは群れも固まってきて、より数も出やすくなると思います。まだ潮が暗いので、これが晴れてくればさらに期待できますよ!」と話すのは、湘南のシンボル・江の島の付け根に港を構える片瀬港「島きち丸」の前田信義船長。


最新の投稿


遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん


第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

11月3日(土)に開催された「第8回 鋸南町カワハギフェスティバル」の結果報告です。


ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

仕掛けは普通のヒラメ仕掛けでO‌K。ただし、孫バリはトレブルフックをすすめている。「特に慣れていない人はトレブルフックがオススメです。これだとどこかに掛かれば取れますので」もちろん、孫バリはシングルフックでしっかりと食わせて取りたい、という人はシングルを使えばいいだろう。


釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

コマセ釣りの竿は30〜40号のオモリに対応できるライト用、7対3調子の2m前後がおすすめ。リールは手巻きの小型両軸か超小型電動を組み合わせる。道糸はPEラインの2号以下を200mは巻いておこう。


2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

11月25日に波崎沖大根周辺海域で開催される「2018テイルウォークカップ 『北村秀行』チャーマスフェスティバル 」の参加者募集内容です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読