MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型多く釣りごたえ抜群! 手軽に楽しめるショウサイフグ【飯岡沖】

良型多く釣りごたえ抜群! 手軽に楽しめるショウサイフグ【飯岡沖】

大型船が並ぶ飯岡港より出船した。初めて挑戦するカットウ釣りで、アオヤギをエサに、2本のカットウバリでエサ取り名人のフグを迎え撃つ。ズシッと手応えを感じさせるフグは水を吸い込み、プッ、プク、プーと膨らんだ。フグの姿を見ると、思わず頬が緩み、福々しい顔になる。

開始からあちこちでアタり。まずまずのスタート

ポイントまでは港から15〜20分で、水深も16〜20m。

いいところにハリ掛かり! アワセのタイミングがバッチリ。

嬉しい良型!

取材者もこのとおり。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「龍鳳丸」。

7月17日、3連休の最終日、初の飯岡港に到着したのは4時過ぎだが、船の前は満車。少し奥へ車を停めた。
「龍鳳丸」に常連さんたちがすでに乗船しているため、道具を積み始めると、すぐ佐藤純基船長が来たので挨拶する。釣り座は右舷胴の間だ。
上乗りさんから氷とエサのアオヤギが配られ、4時50分に出船した。場所までは15分ほどで、水深も20m程度という。途中で海鳥が見え、引っ張りの道具を流している職漁船も。
この日は朝から曇っているため、半袖ではやや肌寒さも感じた。長袖の方も多い。
最初のアタリはハナダイだったが、次の流しで右舷ミヨシの人が型を見た。次は左舷ミヨシの竿が曲がる。上がったのは25㎝級。
ここからあちこちでアタリ出し、小さくて20㎝、平均で25㎝前後の魚が顔を出す。写真を撮る前に足元のオケにフグが泳ぎ始める方も。
しかし、船長は「30㎝超えが出ないと…」と、まだ納得しない様子。
女性アングラーが30㎝級も上げ、すかさずシャッターを切る。
6時頃、左舷胴の間でイイダコより一回り大きいマダコが上がったが、その直後、左舷のミヨシで1.5㎏級のマダコが追加される。
和竿で狙っていた旭市の髙山さんも本日の初物を抜き上げる。写真もある程度撮れた頃を見て、船長から「そろそろ始めたらいいよ」と、嬉しい言葉をいただいた。
喜んで船宿仕掛けを見ると、金色のオモリに、カットウバリの周りには鮮やかなビーズやパイプなど「目立たせてフグを寄せる」ための小物がちりばめられている。いわば「エサ取りを避けるための地味な仕掛け」の正反対だ。

仕掛けと釣り方

カットウのエサバリにアオヤギを付ける。

カットウ釣りは初挑戦なので、船長に釣り方を教えてもらった。
「エサのアオヤギは、エサバリへキモから通して1回ひねり、足へ抜く。3個くらい付ければいいよ。オモリが底に着いたら、道糸を弛めないようにして時々空アワセする。アタリが感じられない時もあるけど、そっと誘い上げ、チョンとアワせてハリに掛けることもできる」と、慣れない私に竿の持ち方から手本を見せてくれた。
右手でリールシート周り、左手ではグリップより前のブランク部に手を添えて、波の動きに合わせて竿先を上下動させ、底スレスレをキープするようなイメージだ。
底を取ったが、アタリが伝わってこないので「居食いされてはたまらん」と、空アワセを小まめに繰り返す。
すぐエサバリからエサが取られる様子ではないが、エサをつつきに来た瞬間を逃すわけにはいかない。空アワセの瞬間、ズシッと重みが伝わった。
「来たっ!」と少し巻くと、重みが軽くなったように感じるが、食い上げただけ。うっかり緩めるとバレるので、テンションを抜かずに巻き続ける。初めて手にしたショウサイフグは20㎝だが、下あご近くにカットウバリが掛かり、エサを食いに来たタイミングを捉えたことが分かる。

30~40cmの良型が、あちこちで上がる!

サイズがいいと、引きも最高!

大型のショウサイフグがダブルヒット!

釣れたフグは処理師免許を持ったスタッフがさばいてくれる。

その直後、女性アングラーが一回り大きなフグを上げ、同行者も同時に30㎝級。フグを持つ笑みがまぶしい。
計測するとジャスト40㎝!
ショウサイフグは最大で30㎝程度と思っていたので驚く。続いて別の方に35㎝級も。
27〜30㎝以上の魚が出始めたので、私も気合を入れてシャクると、さっきより重みのある25㎝級が2匹連続。そして8時、アワせた瞬間、これまでにない手応えが来た。思わずリールを巻く手が止まりそうになるも、慎重に抜き上げたのは36㎝。この大きさが出ると、取材だということを忘れそうになる。
ここでは飯岡の僚船と同じ場所を流していく形だが、アタらなくなれば、すぐ潮登りする。船中の誰かしらにアタると、隣も、その隣もと順番にアタってくる。
30㎝級を2匹追加し、数よりも型狙いの状況だが、時に根掛かり、オマツリもある。しかし、カエシのないハリなので、外すのは楽だ。
「オモリを底に着けても、伸ばしすぎると根掛かりする場合がある。あまり伸ばさないこと」と船長も言う。
頃合いを見て、上乗りさんが各自の釣ったフグを捌き始めた。フグの頭の後ろに包丁を入れ、内臓、皮もろとも一気に剥ぐ。棒身はオケいっぱいの海水で洗い流し、袋詰めされて一丁上がり。
私も次のアタリで6匹目をキャッチしたが、その後は小さなアタリを掛けられない。油断したところで根掛かりし、仕掛けごと持って行かれた。根のある所はフグだけでなくタコも多いらしく、あちこちで1.5㎏前後のマダコも上がった。雲が消えて一気に暑くなった11時15分過ぎ、沖揚がりとなった。トップは15匹だが、大半が良型だ。
「龍鳳丸」は女性やお子様も安心して利用できる船だが、船宿の2階で頂いた昼食は、女将さんの手料理がお膳で出てくるため、民宿に泊ったような気分。
船長に今後の様子を聞くと、「今日は数が今一つだけど、潮が動けばさらに数が狙えます」と、嬉しい答えが返って来た。良型の多い飯岡沖のフグ、予想以上に楽しめた。

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読