MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ハナダイトップシーズン! 良型アジもゲストでまじる(直栄丸)

ハナダイトップシーズン! 良型アジもゲストでまじる(直栄丸)

片貝沖のハナダイ五目が好シーズンに突入だ! 片貝旧港「直栄丸」の取材日前の釣果を見ると、ハナダイのトップの釣果が、42枚、38枚、50枚、41枚、50枚と制限尾数に届いているか、あるいは届きそうな勢いだ。

釣って楽しく食べて美味しい! 片貝沖のハナダイ五目がイチオシだ

当日は航程50分、水深40m前後の場所を狙った!

アタリダナを探って、うまく食わせよう!

一荷だ!

こちらはハナダイとアジの一荷!

「デコダイ」と呼ばれるオデコが出っ張った良型をゲット!

取材当日は良型のハナダイがそろった!

これはマダイ!

アジは良型が多いので、引き味も抜群!

この釣りではアジがよくまじる

片貝沖の名物ともいえる大アジ。50㎝を超すものも珍しくない!

幅広で美味しいそうなアジだ!

40cm級主体の日もある!

イサキもまじった

仕掛けは3本バリ。付けエサはオキアミを使用

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「直栄丸」。

「直栄丸」では、小型はリリースすることを勧められるため、これらはすべて良型サイズの釣果だ。そしてそのサイズは最大が39㎝とデコッパチサイズだ。
もう一方の主役であるアジの釣果も同じく、34匹、31匹、30匹、33匹と絶好調。最大が43㎝とジャンボサイズだ。
さらには、日によってはイサキがまじるのだが、このイサキでさえも50匹の制限尾数に届いた日もある。
取材日はこれに、マダイ、イナダもまじり、乗船客のクーラーはすべて満タン状態だった。取材日前のシルバーウイークでは、なんと! 乗船客のほとんどが、クーラーに入りきらない釣果でトロ箱を購入したとのことだ。
「片貝沖のハナダイは、いいサイズが揃うのがちょうど今頃だから、今が一番いい時期だよね。年内は狙い目だよ」とは、周年ハナダイ五目船で出船している「直栄丸」の山本義雄船長の談だ。
釣って楽しく、食べておいしい。この秋に、そんな片貝沖のハナダイ五目がイチオシだ!!

以上の記事は「つり丸」2015年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読