MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

シルバーウイーク前から波崎沖でキハダやキメジの回遊情報が飛び交っていた。すこぶる沖での回遊かと思いきや、なんと利根川河口沖7〜10マイル沖でイワシを捕食しているというのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ヒットジグはさまざま。150g以上のジグが扱いやすく実績が高い

ナブラ撃ちでは視界のよいミヨシは特等席。ここの乗船者はトリヤマを探そう

ツナファイトは強烈だ。リールのドラグが唸り、一気にラインをだされる

水面では魚に優先権を与えないように、タモのなかに魚を上手に誘導しよう

潮目でジギングしてヒットしたキメジ。広範囲に回遊していた

横走りしているときは全員協力体制でファイターに席を譲ろう

マグロは取り込みがクライマックス。完全に船のなかにおさまるまで油断できない

ヒートアップ! マグロフィッシング!

「生のマグロの刺し身が食べれます! いつも使っているジギングタックルで釣れるからいいですよね」

ジグをキャストし着水と同時にヒットした8kgのキメジ

うれしい1本に勝利のポーズ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

9月末日、さっそく行ってみると、ポイント周辺のトリヤマには、キメジに追われてイワシ団子が形成されたり、広範囲にぼこぼことキメジは跳ねたりと、辺り一面マグロの海に。この状況を波崎「信栄丸」の浮島和雄船長は、
「近年では珍しいよね。この時期に沖でカツオが回遊することはあっても、陸からこれほど近いところにキメジが回遊することは稀。いつまで続くか分からないけど、今後のシーズナブルパターンになることを期待するよ」とのこと。
釣り方のメインはジギング。ナブラ周辺や潮目に150g前後のメタルジグをキャスト、もしくは、40〜80mほどまで沈めて、ワンピッチジャークでシャクリ上げるだけ。ジグの形状やカラーはさほど気にしなくてもよく、魚とタイミングがあえば、何でもバイトしてくる、スレ知らずの個体ばかりだった。
キハダのサイズは10㎏前後。それに2㎏前後のキメジがまじる。
釣果があるかぎりは出船続けるというので、情報があれば即釣行がカギだ。      

以上の記事は「つり丸」2015年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル