MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)

シルバーウイーク前から波崎沖でキハダやキメジの回遊情報が飛び交っていた。すこぶる沖での回遊かと思いきや、なんと利根川河口沖7〜10マイル沖でイワシを捕食しているというのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》10kg前後キメジ大回遊!トップ&ジギングで狙い撃て!(波崎・信栄丸)の画像をチェック! navigate_next

ヒットジグはさまざま。150g以上のジグが扱いやすく実績が高い

ナブラ撃ちでは視界のよいミヨシは特等席。ここの乗船者はトリヤマを探そう

ツナファイトは強烈だ。リールのドラグが唸り、一気にラインをだされる

水面では魚に優先権を与えないように、タモのなかに魚を上手に誘導しよう

潮目でジギングしてヒットしたキメジ。広範囲に回遊していた

横走りしているときは全員協力体制でファイターに席を譲ろう

マグロは取り込みがクライマックス。完全に船のなかにおさまるまで油断できない

ヒートアップ! マグロフィッシング!

「生のマグロの刺し身が食べれます! いつも使っているジギングタックルで釣れるからいいですよね」

ジグをキャストし着水と同時にヒットした8kgのキメジ

うれしい1本に勝利のポーズ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」。

9月末日、さっそく行ってみると、ポイント周辺のトリヤマには、キメジに追われてイワシ団子が形成されたり、広範囲にぼこぼことキメジは跳ねたりと、辺り一面マグロの海に。この状況を波崎「信栄丸」の浮島和雄船長は、
「近年では珍しいよね。この時期に沖でカツオが回遊することはあっても、陸からこれほど近いところにキメジが回遊することは稀。いつまで続くか分からないけど、今後のシーズナブルパターンになることを期待するよ」とのこと。
釣り方のメインはジギング。ナブラ周辺や潮目に150g前後のメタルジグをキャスト、もしくは、40〜80mほどまで沈めて、ワンピッチジャークでシャクリ上げるだけ。ジグの形状やカラーはさほど気にしなくてもよく、魚とタイミングがあえば、何でもバイトしてくる、スレ知らずの個体ばかりだった。
キハダのサイズは10㎏前後。それに2㎏前後のキメジがまじる。
釣果があるかぎりは出船続けるというので、情報があれば即釣行がカギだ。      

以上の記事は「つり丸」2015年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル