沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

東京湾タチウオ釣りを楽しむ! 仕掛けから釣り方まで(小川丸)

東京湾タチウオ釣りを楽しむ! 仕掛けから釣り方まで(小川丸)

今やほぼ周年狙えるようになっている東京湾のタチウオ。今年は好、不調の波があるが、冬〜早春のシーズン以降もずっと釣れ続いている。そして7月に入ると釣果が上向き、好釣果が連発。釣れるポイントも広範囲にわたっている。7月中旬の時点では、大津沖〜猿島沖、走水沖〜観音崎沖、第二海堡沖、富津沖などで釣れている。


タナが浅く面白さ倍増! いろいろ試行錯誤してタチウオとのかけひきを楽しもう!

当日は港前で好調にアタった!

開始早々、本命ヒット!

当日は、このサイズが多かった!

朝イチは絶好調!

どうですか? このツヤ!

取り込みは抜き上げで!

刺身もいいけど、塩焼きやムニエルにしても美味しいよ

少し小ぶりだけど問題ないよ!

本命ゲットに一安心だ

引き味も抜群!

アベレージサイズだ!

駆け引きが楽しい!

阪本智子さんもチャレンジ!

指4本サイズもまじったが、5本サイズがまじることも!

「フィッシング相模屋」の小澤 淳さんが36本でトップ!

アジやサバが掛かることも!

エサはサバの切り身。縫い刺しが一般的

オモリは30〜80号を用意しておこう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大津港「小川丸」。

東京湾のタチウオが7月に入ると一気に上向いた! 大津沖、観音崎沖〜走水沖、第二海堡沖、富津沖など広範囲で型が見られ、いよいよ夏タチシーズン本番といったところだ!
大津港「小川丸」では、6月後半からタチウオをスタートしているが、連日、好釣果を記録している。ショート船で出船しているが、トップ40本台や50本台を記録する日もある。
取材当日は港前の水深28m前後からスタートしたが、開始からここで好調にアタった。ときには海面下数mのところまでエサをくわえて追いかけてくる場面もあった。
夏場のタチウオは水深やタナが浅くなるのが特徴。ライトタックルで狙えることもあり、アタってから掛けるまでのかけひきがとにかく楽しいのだ!
場所によっては海面下50〜60mのタナ指示もある。そのため「小川丸」では30〜80号のオモリを使う。浅ダナ、深ダナのどちらにも対応できるように準備しておこう!

タチウオ仕掛け。ノーマルタックルとライトタックルを用意しよう

今回の「小川丸」の取材では、港前の浅場ではオモリ40号、第二海堡沖、走水沖ではオモリ60〜80号を使った。このように夏場は浅ダナ、深ダナどちらを狙うこともあり、使うオモリの号数も幅広い。
そのため、タックルはライトタックル(オモリ30〜40号に対応)とノーマルタックル(オモリ60〜80号)を持ち込むか、30〜80号の幅広いオモリに対応できるゲームロッドを用意するといいだろう。
ロッドはライトタックル、ノーマルタックル、ゲームロッドのどれも7対3調子がオススメ。長さは2m前後が扱いやすいだろう。
リールは手巻の小型両軸、または小型電動。朝ダナでは手巻き、深ダナでは電動というように使い分けるといいだろう。
道糸はPEラインの1〜3号。150m以上巻いておけば万全だ。
夏の浅場のタチウオ釣りでは、近年はアクセサリー類をあまり付けないシンプル仕様の1本バリ仕掛けがよく使われている。
ハリスは釣れるサイズやアタリの数にもよるが、フロロカーボンの4〜8号。長さは1.5〜2.5mぐらい。
ハリはタチウオ用の1号、または1/0が標準。釣れるサイズが大きいときは、2号や2/0を使うといいだろう。
前述したハリスにハリを結び、それを片テンビンに結ぶだけのシンプル仕様でOK。アクセサリー類を付けるなら、チモトに夜光グリーン、ピンク、オレンジ、ケイムラなどのチューブ(長さ2〜3cm)やソフトビーズを付けるぐらい。
タコベイトや長いチューブなどは、誘ったときに付けエサの動きを妨げたり、アタったときの食い込みに影響することもあるのでおすすめではない。
オモリは船宿指定の号数を使う。今回取材した「小川丸」では、オモリは30〜80号を用意するように指示があった。このように、夏場は幅広いタナを狙うことがあるので、とくに指示がないときは何種類もの号数のオモリを持参しよう。

エサ付けの手順。ポイントはとにかく丁寧にエサ付けを行うこと!

付けエサはサバの切り身を使う。エサ付けの方法は、下のイラストに示したとおり。
エサ付けは、とにかくていねいにおこなうこと。誘ってエサを動かしてタチウオを食わせるので、エサがズレたり、曲がってしまうと海中で不自然な動きをしてアタリが極端に減ってしまう。釣りの最中も、つねにエサがズレていないかチェックしよう。
ケン付きのハリを使っているのであれば、ケンを利用してサバの切り身がズレないように付けよう。

タチウオの釣り方。指示ダナの範囲を探る。アタリがあったときは?

釣り方は、指示ダナの範囲を探っていく。指示ダナが30〜50mの場合、まず海面下50mまで仕掛けを下ろす。そして竿をシャクりながら指示ダナの上限まで誘い上げてくる。
誘いはいろいろなパターンを試してみよう。シャクリ幅を大きくしたり、小さくする。シャクリのスピードを速くしたり、遅くするなど。時間帯によってよくアタリがでる誘いパターンが変わってくるので、アタリが遠くなったと思ったら、シャクリ方を変えてみるといいだろう。
周りでアタっている人と同じようにシャクっているのに、自分にはアタらないとき。そんなときは、使っている仕掛けの長さにも注意してみよう。長いハリスを使っているときは、エサの動きが悪くなることもある。釣れている人の仕掛けと見比べて調整するといいだろう。
指示ダナの範囲を探って、アタリダナが決まってきたときは、その前後を集中して誘うと効率がいい。
アタリがあったら、誘いを止めて食い込みを待つのではなく、そのまま誘い上げていくとハリ掛かりする。
ハリ掛かりが悪いときは、アタったときの誘いもいろいろ工夫してみよう。アタリがあったら、シャクリ幅を小さくしたり、リールの巻き取りスピードを遅くするなどしてみるといいだろう。
浅ダナでは、海面付近まで誘い上げてきても掛からないこともある。そんなときは、どうしたらいいのか?
まずは、その場でフワフワ仕掛けを上下させてみよう。これでダメなら、そのまま待つのも一つの方法だ。それでもダメなら、思い切ってオモリをストンと下げてみるのも手だ。これでハリ掛かりすることもある。
取り込んだタチウオは、その扱いにも注意すること。歯が鋭いので、口付近を掴まないように!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読