真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。


定番カレイは依然絶好調! 新メニューはマゴチ。好みの釣りで満喫

沖がポイントのカレイ船は19tの最新エンジンを搭載した大型船で出船中の「拓洋丸」

カレイの宝庫仙台湾。この夏はポイントが深場だが、このとおり一荷は当たり前、依然良型が絶好調だ

良型一荷! ズッシリ重量感を味わう

スーパーライトジギングで試釣中!

ライトジギングでマガレイが来た

ショアの浅場がポイントのマゴチゲームは、水色悪く不調といえどもこの通りの釣果を得た

まじりのマコガレイも良型が多い。これは40cm

根周りでまじるナメタガレイ

マゴチのポイントの水深は浅い

ポイントは仙台湾沿岸に広がるサーフ。岸際から水深10mの沖合いまでがポイントだ

ワームやルアーはキャストして広範囲を探るのが基本。もちろん、船下でもマゴチはヒットする

ワームゲームが一番手堅い。確実に釣りたいならコレ!

DUOのルアーデザイナーの佐々木一樹氏がキャッチしたのは、60㎝級のマゴチ。大型クランクで良型を連発していた

マゴチゲーム初チャレンジのアングラーもこのとおり。オレンジ系のいワームが鉄板

テンヤにバグアンツワームの組み合わせで連続キャッチ

テンヤに冷凍エビを付けてもこの通り

︎テンヤやジグヘッドにワームを付けるだけのカンタンタックルだ。孫バリはいらない

︎箕笹船長が使っているワームはコレ

さまざまなワームが使えるのでいろいろと試してみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理荒浜港「拓洋丸」。

夏の仙台湾がにぎやかだ。定番のマガレイはむろん、イワシ泳がせのヒラメ、青物ジギングなど盛りだくさん。そのなかでもイチ押しなのが、マゴチだ。
「マゴチは一昨年から本格的に狙い始めました。船外機船なので浅場を狙うことができます。水色がいいと亘理~岩沼のサーフのマゴチは高活性。どんな釣り方でも楽しめますよ」と話す、亘理「拓洋丸」の箕笹文夫船長の言葉。
宮城県内ではマゴチはルアー船で狙われているが、陸っぱりからよく釣れるので沖釣りのターゲットとしてはあまり釣り人たちに認知されていないのだという。
ポイントはサーフ。水深2~10m。メインは浅場の2~4m。釣り方は常磐鹿島沖で行われているワーム釣法。テンヤタックルの先に20~30gのジグヘッドまたは4~10号のテンヤに3~4インチのワームを付けるといういたってシンプルなもの。
釣り方はカンタンで沖目に軽く投げて底でワームをズル引きするだけ。難しいアクションはいらない。
さらに、冷凍エビエサのテンヤ釣法や生きイワシや生きウグイなどの泳がせ釣りなどエサ釣りも可能。ジギングやミノーイングなどハードルアーでもヒットする。活性高ければ数時間でツ抜け釣果もザラだ。
定番のカレイは、19tの大型船で出船中。今夏は沖の水深50mがポイントで相変わらず良型のマガレイが入れ食い状態。根回り周辺ではナメタガレイやアイナメ、マコガレイなどもまじりお土産は確実だ。
これらの釣り物の釣果は宮城県外の釣り人にとってはびっくりするような数字ばかりだが、地元では当たり前という。この爆釣ぶりを興味ある人はぜひ体験してみてはいかがだろう。

仙台湾カレイ仕掛け。釣り方は小突き釣り。オモリでカレイを寄せる

釣り方は、カレイ釣り定番の小突き釣りだ。
底をオモリで叩くように小突き続け、何か違和感を感じたらすかさず、スーと30㎝をほど聞きアワせる、魚が掛かっていなければ、再び、小突き動作を続ける。
聞きアワセ時に重みを感じたら、ヒット。その後、即座に強めにアワセを入れてフッキングさせる。
小突き動作は、オモリが1~2㎝ほど底から浮く程度でよい。多少、派手な小突きでもマガレイは反応して、エサのアオイソメに食ってくるほど、高活性だ。
難しいことは考えずにカレイのアタリと引きを味わいたい、そんな釣り人にぴったりの夏のマガレイ釣り。ぜひ、この機会のチャレンジしてみてほしい。

仙台湾定番のマゴチタックル。仙台湾のサーフ全てがポイントのマゴチ

仙台湾は 砂浜の海岸が延々と続く。このサーフがすべてポイントといっても過言ではないマゴチ。
シーズンは初夏から夏。夏のマゴチは食べておいしい。関東では高級魚として魚市場で取り扱われているが、地方ではあまり市場ではおめにかからない魚だ。
さまざまな理由があるが、ここ仙台湾では、陸から比較的容易に釣ることができるので、沖釣りのターゲットとしては、釣り人たちに認知されていないのが現状という。
「一昨年から本格的に船外機船でのマゴチ釣りを開始しました。とにかく、入れ食いで初めての人でも軽く10匹以上釣ってしまう有様でした」と話す、箕笹船長の話。
実際、昨年の7月の釣行では2時間弱で一人30匹という爆釣ぶりで早揚がりしたほど。
今期は7月前半までこの状況があったというが、実釣日はウネリの影響で底荒れのための濁り潮状態で状況としては最悪の環境であったが、十分に楽しめるくらい普通に釣りを楽しむことができた。マゴチの魚影はやはり衰えていないのである。
ポイントは、サーフ(砂浜)の水深2~10m。メインは2~4mと浅い。
一番実績があるのは、陸っぱりと同じくワーム釣法だ。
タックルはテンヤ用がベスト。テンヤもしくはエギング、ティップラン用などのロッドが使え、それに小型スピニングリールの組み合わせがオススメ。
道糸はPE0.6~1号。キャストするので道糸は細いほうがよい。
リーダーはテンヤマダイと同じく、フロロ2.5~3号を3mほどで十分。
これに小型スナップスイベルを介して20~30gのジグヘッドまたは5~10号のテンヤまたはカブラを接続。
ソフトワームは3~4インチのシャッド系またはクロー・ホグ系のものをチョイス。おもにバグアンツ(ザリガニ)に実績がある。
カラーはオレンジ系がテッパンでグリーン系は安定カラーだ。とくにグリーン系では「閖上カラー」と呼ばれるものもあり、このエリアの陸っぱりでは定番中の定番となっているという。
ワームのカラーに関しては状況次第だが、これにダーク系、ブラックやダークブラウン系のワームを用意しておけばよいだろう。
ワームの形状はとくに偏りはなく何でもバイトするという。
そのほかの釣り方は、テンヤマダイと同じく、テンヤに冷凍エビエサを付けるものやジギング、さらには、ウグイや生きイワシの泳がせでも結果が出ている。
ルアーは、ボトム付近を泳ぐものなら何でもいいようで、今回は、DUOのハードルアー、クランクベイト「REALIS クランクG87 15A」にヒットした。これもたまたまか? と思われたが食い渋り時にはダントツの釣果を発揮していたので、新アイテムとして今後、登場するかもしれない。

水深によって釣り方は変わる。キャストして広範囲を探る! 船下もポイント

釣り方だが、まずワームタックルについて説明しよう。
アンダーハンドキャストでできるだけ沖目にワームを投げいれる。着底後、ワームをゆっくりとズル引きするのみ。といったってカンタン動作。
船の真下でヒットすることも多く船下まで来たら、数回ワームをリフト&フォールしよう。そうすることで追いかけてきたマゴチがヒットすることが多い。
アタリは「ゴツゴツゴツ」とは「コンコンコン」と竿先に出る。すかさずアワセを入れたいが、一呼吸おいてから大きめのアワセを入れるとよい。ここはエサ釣り感覚でよい。
アワセを入れないと、フックの刺さりが甘く、取り込み直前にバレることが多いのでしっかりとしたアワセを心がけよう。
エサ釣りの場合、ワームやルアーのようにキャストはできない。だが、船は流れており、ポイントを次々と変えていくので、基本的に船下でアタリを待つようにする。
テンヤ&冷凍エビエサの場合、こちらも早アワセは禁物。ワーム同様、アタリが出たら一呼吸おいてから強くアワセを入れよう。
ウグイや生きイワシエサの場合も同様だ。早アワセは禁物ということをよく覚えておこう。
水深は2~4mと浅いので軽いジグヘッドやテンヤがよいと思われるが、この釣り場では重めでオーケー。
船は流れているため、軽いものだと、すぐに浮き上がってしまう。ボトムフィッシュなのでできるだけ、ワームは浮き上がらないほうがいい。
また、状況次第ではあるが水深10mも攻めることとなるので、ここではジグヘッドなら30g、テンヤなら8~10号サイズでないと、なかなか底のズル引きができなくなってしまう。

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

三浦半島・金田湾は古くからシロギス釣りのメッカとして知られているが、最近はボートで大物狙いができる場所として人気を集めている。「マゴチは好調ですね。サイズもいいし数も出ています。ヒラメは少し小型が多くなったけど、こちらも釣れてます」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは言う。


行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


アタリからアワセの駆け引きがたまらない! 東京湾マゴチ(一之瀬丸)

アタリからアワセの駆け引きがたまらない! 東京湾マゴチ(一之瀬丸)

東京湾のマゴチが〝照りゴチ〟シーズンを迎え、絶好調の釣果に湧いている。取材は7月中旬の金沢八景「一之瀬丸」。船着き場を出てものの数分の八景沖から、千葉県側の海堡周りなどを攻めた。


入れ食いモード継続! ヒラメパラダイスへ行こう!(大海丸)

入れ食いモード継続! ヒラメパラダイスへ行こう!(大海丸)

仙台湾亘理沖のヒラメ釣りは、6月に開幕した。6〜7月は、一人数枚程度の釣果だったが、8月になって状況は一転。トップ20枚以上、30枚を超すベテランもいる。まるで、カレイ釣りのようにヒラメをあげ、船中100枚超えがザラになったのだ。


テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

テクニカルで激アツ! 東京湾の照りゴチが今絶好調だ!(だてまき丸)

東京湾のマゴチが元気いっぱい! 連日トップ10本前後、サイズも60㎝オーバーが飛び出すなど絶好調だ。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読