沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

ほぼ周年ひとつテンヤマダイ釣りが楽しめる鹿島沖。夏真っ盛りの今もコンスタントにマダイが釣れている。その鹿島沖に出船し続けているのが鹿島港「植田丸」。「例年、真夏の暑い時期はいっときマダイの食いがやや落ちて渋くなるんですが、今年はまずまず。日ムラはありますが、食う日はトップ10枚以上ということもありますよ」とのこと。


真夏も元気に釣れてます! 忠実に釣れば5kgオーバーもあるかも!

ほぼ周年テンヤマダイ釣りが楽しめる鹿嶋沖。しっかり底ダチを取ってアタリを出して、小さなアタリも逃さず掛けて行くという基本は真夏のシーズンも同じだ。今回「植田丸」でマダイを狙ったドクター近藤惣一郎、「アタリを取ってアワせて掛ける、ひとつテンヤマダイはホントおもしろい!」

この日のドクター近藤のテンヤマダイタックルは「紅牙テンヤゲーム AIR AGS MH‐238MT」と「紅牙MX 2508PE‐H」のセットをメインに使用。水深30mほどなので、キャストして探るのも有効だった

この日はやや小ぶりながら本命マダイを連発したドクター近藤。「真夏の釣りは無理をせず。水分補給が大切ですよ!」

食いはまずまず。この日は大型は出なかったが、1~1.5㎏級が元気に竿を引き絞ってくれた

いい日はトップ2桁釣果もある

食べごろサイズ。淡泊なマダイの刺身は食欲のおちる夏にもオススメ!

ゲストも多彩。ドクターは大型ホウボウをゲット。美味しい高級魚だ

アイナメもグッドサイズが上がった。刺身が絶品!

カサゴなど根魚類も多い

ポイントの水深は30m前後がほとんど。テンヤは5~6号をメインに各号数用意

タイラバも併用OKだ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

ほぼ周年楽しめる鹿島沖のテンヤマダイだが、この夏も猛暑に負けず食い続けてくれている。
「例年真夏の時期はマダイの食いがやや落ち気味になるんですが、今のところまずまず順調に食っていますよ。大型ハナダイがまじる時期なので、今後は両方まじりで楽しめると思いますよ」と話す、鹿島港「植田丸」植田竜也船長。
釣り場の水深は30m前後が中心で、テンヤは5~6号中心にその前後を用意したい。タイラバの併用もOKだ。
このところ500g~1.5㎏前後主体に2~3㎏がポツポツまじってトップ4~8枚前後の日が多いが、7月18日にトップ13枚など2桁釣果もある。また、一年を通していつでも、ドカン! と一発大型もあるのが鹿島沖。「植田丸」では7月8日には6.1㎏の大ダイも上がっているので油断できない。
しっかり底ダチを取り、小さなアタリも逃さず掛けアワせていけば、おもわぬ大物にも出会えるはずだ!

ひとつテンヤマダイ仕掛け。水深は30m前後メイン。オーソドックスなタックルを

現在攻めているポイントは水深30m前後がメイン。タックルはオーソドックスなひとつテンヤマダイタックルでOK。
竿はひとつテンヤ専用竿の2.4~2.7m前後。使用するテンヤは「5~6号メインにその前後も用意を」(植田船長)とのことなので、そのテンヤに適合した竿をセレクト。
リールは小型スピニング。
大型のチャンスも十分にある状況なので、リールはなるべくドラグ性能のいいものを用意したい。
道糸はPEラインの1号以下を150m以上巻いておく。
PEラインの先にはフロロカーボン2~3号のリーダーを4~6mほど結んでおく。PEとリーダーの結びはFGノット、PRノットなどで。比較的簡単に結べて失敗が少ないノーネームノットは、初心者にもおすすめだ。
テンヤは3~10号など各種用意しておきたい。前述の通りメインになるのは5~6号。軽いほうがフォールの誘いが効きやすいので、底ダチが取れれば軽くしてもいいし、逆にどうも底ダチが不安というときは重くしてゆく。まずは底ダチが取れる号数で釣るようにしよう。
テンヤはカラーバリエーションも豊富に用意したい。潮が濁ったときはアピール系やグロー系など目立つものを。水温が高くさまざまなエサ取りが出る季節でもあるので、エサ取りが多いようなときは地味目のナチュラルカラーなど、状況に応じて試してみよう。
エサ付けはていねいに。テンヤの親バリと孫バリでエサのエビをしっかり固定するようにテンヤに付ける。

釣り方の基本をご紹介。キャストも効果的。エサチェックもまめに

投入合図が出たら、テンヤを投入、海底まで落とす。潮や風で道糸がフケるときは、指でスプールをサミングして糸フケを抑えてやる。
テンヤの落下中にアタることもあるので投入時も道糸の動きには注意しておこう。勢いよく出ている道糸が着底前に急にフケたり、止まったりしたときはアタリの可能性大。すぐにアワせを入れよう。
着底したらすぐにに糸フケを取り、50㎝~1mほど巻き上げてアタリを待つ。そして、そこから頭上までゆっくり持ち上げて、ゆっくり落とす、この繰り返しで誘いをかけてやる。
基本はこの底狙いだが、底でアタリが無い場合、タイが浮いているような場合、底にエサ取りが多い場合などは上層も探ってやる。底でアタらなければ、50㎝~1m上げて誘いをかけてアタリを待つ、さらに50㎝~1m上げて誘いを繰り返し、5~10mぐらい上まで探ってみてもいい。
キャストできる人は可能な範囲で遠投して広範囲を探るのも手だ。
真夏の高水温期だけに、フグなどのエサ取り魚も活発だ。アタリが無いなと感じる前に、こまめに仕掛けを上げてエサチェック&再投入をすようにしよう。たとえエサが残っていても再投入すれば仕掛けが別のポイントに入ってアタリが出ることもあるので、入れ替えは頻繁に行うようにしよう。
もちろん、エサ取りだけでなくウレシイゲストも少なくない。ハナダイのほか、カサゴ、アイナメ、ホウボウ、ヒラメに青物などなど、多彩な魚たちがアタリを送ってくれるので、もちろんそのアタリも掛けアワせて、お土産を増やしていこう。
アタリはコツコツと小さい場合、ゴツゴツッとはっきり出る場合などさまざま。糸が止まったり走ったりといった糸の動きのみの変化もある。いずれにしても違和感を感じたらアタリだと思って大きくアワせてやる。
潮具合などほんのちょっとしたタイミングでバタバタとアタリが出たり、そのアタリが急になくなってしまったりということも多いようなので、アタリがあるときは集中してアタリを取って掛けるようにしたい。

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

タックルはいわゆる普通のひとつテンヤマダイ用のものでいいだろう。道糸はバランス重視の0.8号。ハリスは2~3号を3~5mほど。5kg級の大ダイがヒットしているようなときは、ドラグを少し強めに設定しておこう。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読