行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。


子どもや女性も安心。キス&マゴチメインも幅広く楽しめる!

ポイントの行き帰りはエンジン船で引いてくれるので安心楽々だ

メゴチエサに強烈なアタリがやってきた!

スリリングなやり取りを楽しませてくれたのは50cmオーバーのマゴチだった

ルアーでマゴチ、シーバスをゲット

シロギスは朝が勝負。広く探って25cmクラスの大型ゲット

シロギスの鋭い引きが楽しめる

ピンギスはまじらず大型が目立った

シロギスは思わず見惚れるほどの美しさ

数は伸びなかったが良型主体だった。朝の3時間は集中しよう

シロギス仕掛けに良型のカワハギが。根の近い場所に入ると結構まじる

太房岬があるおかげで夏の南西風にも強い。この場所ではカワハギも多い

所々に根があり良型のカサゴも

水分補給は忘れずに。塩分補給も大切だ

エサはジャリメ

暑さに弱いのでクーラーにしまって小分けにして使ったほうがいいだろう

泳がせにはメゴチエサを使用

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「富士屋ボート」。

内房・富浦は人気ボート釣りのスポットだ。このエリアの特長は何と言っても「引き船」によるポイントへの送迎だろう。これによってボートを遠くまで漕ぐのが苦手な人でも手軽に楽しむことができるのだ。
「みなさんにもっと簡単に楽しんでもらえるようにやっています。ターゲットによってポイントも選べます」と話す、「富士屋ボート」店主の高木正太郎さん。カルガモの親子のようにエンジン船にボートをつなげて沖までスイスイ。帰りたいときやトイレに行きたい時だって電話で迎えにきてくれるので子どもや女性も安心だろう。
現在のメインターゲットはシロギスで25㎝クラスのジャンボもまじった。また、小型のキスやメゴチを泳がせてマゴチ&ヒラメの実績も高い。イワシなどのベイトも多く、これからイナダやソウダなどの青物も楽しみだ。
目の前は海水浴場&キャンプ場もあるのでダブル、トリプルの楽しみ方もあるぞ!

ヒラメ&マゴチ、シロギスのボート仕掛け。まずはシロギスを釣ろう

メインはシロギス。1人あたり2本タックルがあるといいが、慣れない人は1本でもいいだろう。シロギス専用竿、パックロッドなどを利用する。リールはスピニングだが、道糸はアタリが確実に取れるPEラインを使用しよう。安いちょい投げセットは、数回投げただけでナイロン道糸がぐちゃぐちゃになったりするので注意。
仕掛けは船釣り用のシロギス仕掛け、ボート用のシロギス仕掛けなど。扱いやすい短めの仕掛けがいいだろう。このほか胴付き仕掛けでもOK。オモリは8~12号程度。
エサはジャリメで予約時に頼んでおこう。エサはパックに入っているが、そのままの状態だとすぐに熱くなってしまうので、クーラーにしまい小分けにして使うか、エサ用のケースに入れて使おう。エサは長い場合はタラシを2~3㎝にカットする。

ボートシロギスの釣り方。シロギスはキャストして広く探ろう!

ポイントに着いたらまずはアンカーをおろそう。アンカーはすべてロープを入れると船は固定されて動きにくくなる。最初は全部入れてみて様子を見る。まったく船が動かないようなときは少しロープを縛って短めに出して調整しよう。風がないときなどはアンカーを入れないで流して釣ることも可能だが、船は動くので周りをしっかりと見ておく必要がある。あまり流されるようなら漕いで戻ろう。
シロギスはキャストして広く探る。オモリが底に着いたら、軽く竿を引きながら手前まで来たらリールを巻いて、再び竿を引きながらアタリを待つ。アタリがあったら重点的にその場所を狙う。アタリが遠い場合は移動してとにかくアタる場所を探していこう。
「キスは朝の3時間勝負です。集中してやってください」
 ボートにはイケスがあるが、泳がせに使うエサ以外はすぐに冷えたクーラーの中にしまっておこう。
ある程度釣果が出たら泳がせにチャレンジも。鋳込みテンビンにハリス5号1m程度の仕掛けをつけ、釣った小型のメゴチやピンギスを付けて流そう。こちらも広く探ることが重要だ。アタリがあったら食い込むのを待ってしっかりとアワせよう。イワシの回遊もあるので、サビキ仕掛けもあると安心だ。釣ってエサにできる。

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

三浦半島・金田湾は古くからシロギス釣りのメッカとして知られているが、最近はボートで大物狙いができる場所として人気を集めている。「マゴチは好調ですね。サイズもいいし数も出ています。ヒラメは少し小型が多くなったけど、こちらも釣れてます」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは言う。


巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

巻きスピードを合わせて数を伸ばせ! 東京湾のタチウオ(こなや丸)

東京湾の人気ルアーターゲット・タチウオが連日好調だ。「このところトップで30本前後、平均でも10本以上という日が続いています。サイズもよく、指3.5本クラスが中心で、4本以上のサイズもよくヒットしています。今日は出ませんでしたが、ドラゴンサイズも連日ヒットしていますよ」とは、千葉・長浦港「こなや丸」進藤通孝船長。


真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読