MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

行きも帰りも引き舟で楽々! 富浦沖の夏のボート釣り(富士屋ボート)

内房・富浦は房総半島随一のボートフィールドだ。南側には太房岬がありまるで湖のような景色が広がる。シロギスが多いポイントだが、マゴチ、ヒラメの魚影も濃い。

子どもや女性も安心。キス&マゴチメインも幅広く楽しめる!

ポイントの行き帰りはエンジン船で引いてくれるので安心楽々だ

メゴチエサに強烈なアタリがやってきた!

スリリングなやり取りを楽しませてくれたのは50cmオーバーのマゴチだった

ルアーでマゴチ、シーバスをゲット

シロギスは朝が勝負。広く探って25cmクラスの大型ゲット

シロギスの鋭い引きが楽しめる

ピンギスはまじらず大型が目立った

シロギスは思わず見惚れるほどの美しさ

数は伸びなかったが良型主体だった。朝の3時間は集中しよう

シロギス仕掛けに良型のカワハギが。根の近い場所に入ると結構まじる

太房岬があるおかげで夏の南西風にも強い。この場所ではカワハギも多い

所々に根があり良型のカサゴも

水分補給は忘れずに。塩分補給も大切だ

エサはジャリメ

暑さに弱いのでクーラーにしまって小分けにして使ったほうがいいだろう

泳がせにはメゴチエサを使用

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦「富士屋ボート」。

内房・富浦は人気ボート釣りのスポットだ。このエリアの特長は何と言っても「引き船」によるポイントへの送迎だろう。これによってボートを遠くまで漕ぐのが苦手な人でも手軽に楽しむことができるのだ。
「みなさんにもっと簡単に楽しんでもらえるようにやっています。ターゲットによってポイントも選べます」と話す、「富士屋ボート」店主の高木正太郎さん。カルガモの親子のようにエンジン船にボートをつなげて沖までスイスイ。帰りたいときやトイレに行きたい時だって電話で迎えにきてくれるので子どもや女性も安心だろう。
現在のメインターゲットはシロギスで25㎝クラスのジャンボもまじった。また、小型のキスやメゴチを泳がせてマゴチ&ヒラメの実績も高い。イワシなどのベイトも多く、これからイナダやソウダなどの青物も楽しみだ。
目の前は海水浴場&キャンプ場もあるのでダブル、トリプルの楽しみ方もあるぞ!

ヒラメ&マゴチ、シロギスのボート仕掛け。まずはシロギスを釣ろう

メインはシロギス。1人あたり2本タックルがあるといいが、慣れない人は1本でもいいだろう。シロギス専用竿、パックロッドなどを利用する。リールはスピニングだが、道糸はアタリが確実に取れるPEラインを使用しよう。安いちょい投げセットは、数回投げただけでナイロン道糸がぐちゃぐちゃになったりするので注意。
仕掛けは船釣り用のシロギス仕掛け、ボート用のシロギス仕掛けなど。扱いやすい短めの仕掛けがいいだろう。このほか胴付き仕掛けでもOK。オモリは8~12号程度。
エサはジャリメで予約時に頼んでおこう。エサはパックに入っているが、そのままの状態だとすぐに熱くなってしまうので、クーラーにしまい小分けにして使うか、エサ用のケースに入れて使おう。エサは長い場合はタラシを2~3㎝にカットする。

ボートシロギスの釣り方。シロギスはキャストして広く探ろう!

ポイントに着いたらまずはアンカーをおろそう。アンカーはすべてロープを入れると船は固定されて動きにくくなる。最初は全部入れてみて様子を見る。まったく船が動かないようなときは少しロープを縛って短めに出して調整しよう。風がないときなどはアンカーを入れないで流して釣ることも可能だが、船は動くので周りをしっかりと見ておく必要がある。あまり流されるようなら漕いで戻ろう。
シロギスはキャストして広く探る。オモリが底に着いたら、軽く竿を引きながら手前まで来たらリールを巻いて、再び竿を引きながらアタリを待つ。アタリがあったら重点的にその場所を狙う。アタリが遠い場合は移動してとにかくアタる場所を探していこう。
「キスは朝の3時間勝負です。集中してやってください」
 ボートにはイケスがあるが、泳がせに使うエサ以外はすぐに冷えたクーラーの中にしまっておこう。
ある程度釣果が出たら泳がせにチャレンジも。鋳込みテンビンにハリス5号1m程度の仕掛けをつけ、釣った小型のメゴチやピンギスを付けて流そう。こちらも広く探ることが重要だ。アタリがあったら食い込むのを待ってしっかりとアワせよう。イワシの回遊もあるので、サビキ仕掛けもあると安心だ。釣ってエサにできる。

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読