MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
おいしいサバが大本命! お気軽ジギング、ライトで楽しむ【相模湾】

おいしいサバが大本命! お気軽ジギング、ライトで楽しむ【相模湾】

みんな大好き美味しいサバ。サバはいろいろな料理に向くので、アフターフィッシングの楽しみも大きい。相模湾のサバは今がピーク。夏が終わらない内に行って欲しい。LTルアーの釣行は比較的初心者向けなので、釣り経験が豊富ではないという家族やカップルにもオススメです。

今年の4月からスタートのLTルアー乗合。釣果は右肩上がりだ。誰でも楽しめる! LTルアーの魅力を満喫できる状況が続く

別船も満船。LTルアーの人気の高さを裏付ける盛況ぶりだ。

子供が持つとサバも巨大化! お揃いの麦わら帽子がお似合いだ。

トリヤマ狙いでは浅いレンジでシイラ、深めのレンジでサバというイメージでのヒットが多かった。

トリヤマを見るだけで盛り上がる! 親子連れの夏休み釣行にはぴったりだ。

手慣れた方はどんどん数を重ねていく。7月中のトップ釣果は20〜30本くらいが多いようだ。

大本命のサバ。これはマサバだが、ゴマサバともに楽しめる。

この日の最大魚。ライトタックルでは引き味も強烈だ。

連発していたアングラーのヒットジグ。キモはタングステン製ゆえの小さいシルエットのようだった。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬「島きち丸」。

「サバはいまがピークかな。もちろんこれからも楽しめるけど、8月に入ってからはワカシ、イナダが盛り上がってきますね」
湘南は片瀬、「島きち丸」でLTルアーを担当する岩本隆弘船長の言葉だ。
今年は4月後半からスタートしたLTルアー乗合。当初はサバの群れが深く、数を重ねるのに苦戦した時期もあったが、釣果は右肩あがりで上昇。誰でも楽しめる! LTルアーの魅力を満喫できる状況が続いている。
7月中旬の取材日は、連休ということもあって大盛況。2隻体制での出船となった。乗船した「第十五島きち丸」が最初に攻めたのはウミドリに絡んだ水面下の反応。船長の読み通りサバを拾っていく展開だったが、ややヒットレンジが低く、順調にキャッチしていたのは特定のアングラーに偏った。
とはいえ、浅いレンジでは小型シイラの姿も目立ち、いつでも誰かしらのロッドが曲がる状況が続いた。前日、良型マダイがヒットしたという水深20m強の根周りも攻めた。別船ではシーバスキャッチに成功したが、こちらは不発に終わった。
船上には初心者が目立ったものの、サバ狙いに戻ってからも順調にヒットが続き、涼やかな夏の早朝フィッシングを楽しんでいた。
人気のLTルアー乗合、シーズンはまだまだ続く。気軽に挑戦、いかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読