MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

生きイワシで大型マゴチ激チャンス中! 金田湾ボート釣り(浜千鳥)

三浦半島・金田湾は古くからシロギス釣りのメッカとして知られているが、最近はボートで大物狙いができる場所として人気を集めている。「マゴチは好調ですね。サイズもいいし数も出ています。ヒラメは少し小型が多くなったけど、こちらも釣れてます」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは言う。

マゴチ釣果は釣り船のも劣らず⁉︎ 今年は特にチャンス! 大物狙いで

三浦海岸から続く砂浜から出船する

まずは出船したら少し漕いで沖で待つエンジン船へ

引いてもらっているときに、できるだけ準備を済ませておこう

イケス周りを流していたらいきなりヒット!

︎今年はマゴチの魚影が濃いという。イワシエサを使用した

こちらは丸々太ったスズキ。3㎏は優にありそうなサイズだった。さすがに自撮りはムリだった

巡回していた飯島尚武さんにスズキを持ってもらってパチリ。「脂が乗って今、最高にうまいよ」

仲間同士で声を掛け合って水分補給も

現在のシロギスは浅場に入ってきているという。シロギスメインの人は近場狙いもいいだろう

シロギスは広く探って釣ろう。釣った魚はすぐにクーラーへ

持ち物はタックル2セット、バッグ、クーラーが基本

タモとバケツを店で借りて持参しよう。泳がせはタモが必携だ

便利グッズもあるといい

竿掛けもあると便利。竿には落下防止のロープをつけよう

予約すればイワシエサを購入可能だ。マイワシが食いが良かった

イワシを使用する場合は生かしておくバケツとブクを用意しよう。水を入れ替えたり氷のペットボトルを入れておくとエサが長持ちする

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金田「浜千鳥」。

「今年はマゴチが多いね。それもデカイのがよく釣れていますよ」と、金田湾「浜千鳥」の飯島尚武さんは話す。マゴチは生きエサで狙うが、「浜千鳥」では予約しておけば生きたイワシエサが購入でき、かなり本格的な釣果が見込めるというわけ。
「60㎝近い大型含めていい人は8本ぐらい釣ってきますよ。沖のイケス周りを流して探るといいですよ」
金田湾のポイントの沖にはカツオ漁船用のイワシエサのイケスが点在する。この周辺にはマゴチ、ヒラメなどが多く集まっていて好ポイントを形成しているのだ。
もちろん、シロギスを釣りながら、キスやメゴチをエサにしてマゴチ狙いもOKだ。そして、岸から遠く見えるポイントでも、引き船で引っ張っていってもらえるので安心、楽々。
マゴチを高確率でゲットしたい人はおすすめなポイントだ。広範囲を探る方が確実にアタリは増えるので流しながら釣ろう。

流し釣りで広く探る! 泳がせは動いてアタリを出す。幅広く探ろう

シロギス狙いのタックルは、前項で説明したものでOK。エサはジャリメ、アオイソメで、こちらも受付け時に店で購入可能だ。このとき、バケツとタモを借りるのを忘れずに。シロギス狙いオンリーの人もタモは借りていったほうがいいだろう。キスの仕掛けに大物が掛かることもあるが、こんなときタモがなくてバラすというのを防ぎたい。シロギス仕掛けにホウボウやマダコが釣れてくることもある。
泳がせ釣りをする場合は、それ用のタックルを用意しよう。竿は2m程度のLTロッド、マゴチ竿など。リールは小型両軸リール。道糸はPE2号程度。仕掛けはハリス5~6号、胴付きのヒラメ仕掛けが扱いやすい。ハリは親バリのみの1本バリ仕掛けでも2本バリでもいい。エサのイワシが大きめのマイワシなら孫バリあり、小型のカタクチの場合は1本バリがいいだろう。エサは混在しているので両方の仕掛けを用意しよう。
イワシを使用した泳がせをする場合は胴付きが扱いやすいが、船を動かしていくので仕掛けが引っ張られる状態になる。テンビン仕掛けだと仕掛けが浮き上がってしまう。胴付きならオモリを引きずりながら安定した位置をキープできる。ピンギスやメゴチエサの場合はどちらでもいいだろう。
イワシエサを使用する場合、生かしておく用のバケツと電動ブクを必ず持参する。バケツは上ブタが網になったものがいい。イワシは弱りやすく、特に今の時期は水温、気温ともに高いので管理が必要だ。マメに海水を足して水温をキープしたり、500㏄の凍らせたペットボトルを用意してバケツの中に入れてもいいだろう。
また、竿掛けも必需品。場合によっては自分で漕ぎながら流していくこともある。こんなときは置き竿にするが、竿掛けがないと厳しい。竿にはロープをつけておくのを忘れずに。
泳がせのとき、アンカーを入れるとほとんど船が動かずにアタリは少なくなる。このため工夫して船が動くようにしてやる必要がある。

●アンカーを短くする…アンカーロープを短くして船が動きやすくしてやる。

●アンカーを入れない…完全な流し釣りだが、風任せになるので自分の狙いたいポイントに入れないことも。周りに注意が必要。

●パラシュートアンカーを入れる…ボート用のパラシュートアンカーを入れて流す手もある。ただし、イケス周辺では絡みやすくなるので注意が必要だ。

●漕いで引っ張る…究極の流し釣りは自らの手で漕いでスピードを調整してイケス周りをしつこく攻める。

ベテランの人たちはこれらを駆使して釣果をあげている。

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読