爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

最近、思うような釣果を出せずウップンを溜ためている人に超オススメ! 南伊豆のイサキ釣りが夏場の最盛期・産卵前の荒食いを迎え、ただ今、爆釣モード全開で釣れまくっているのだ!!


ダブル、トリプルも連発! 追い食いさせてクーラー満タンにしよう

南伊豆沖の一級ポイント。起伏のある根が無数にある神子元島周りが現在の爆釣フィールドだ

数釣り当たり前! 入れ食い状態だ

プロポーションは抜群! 釣れるサイズは30㎝前後も。体高があって肉付きも良いイサキがワンサカ揚がる

小学4年のキッズ(お父さんはシャイで顔出しNG)も大人に負けじとコンスタントに良型を取り込んでました

同時ヒット中。この日は、こんなシーンが何度も見れた

とにかく爆釣モード。追い食いは、1匹掛かったらそのまま待つか、ゆっくり1m巻き上げるだけで結果が出る

この抜き上げが決まると実に気持ち良い!ダブルやトリプルの時は、ためらわず勢いをつけて素早く行おう

置き竿でも釣れるので、子供でも楽しめる! コマセをまくのもテコの原理を使いイージーに行ってました

ヤッターダブル!!

最近はタカベやウメイロがまじるように!

上アゴにハリが掛かかるのは、活性が良い証拠

2.4m前後の7:3~6:4調子の竿に中型電動リール。道糸PE5~6号が標準タックルだ

コマセカゴは100号のBIGが基本も80号や鉄仮面を使用することもある。仕掛けは3号6mの2~3本バリ

エサはオキアミの一本掛け

︎ビシの窓は上下ともオキアミが1匹出るくらいに調整

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎港「大黒屋」。

「ビギナーでも50匹近くは取り込んでいるんじゃないかな。今期は幾分、小振りだけど脂の乗りは上々。この時期特有の白子や真子も入っているので、食味も楽しめますよ」と話す、当地のイサキ釣りに詳しい須崎港「大黒屋」の土屋裕司船長の声だ。
現在、攻めているポイントは、数あるポイントの中でもイチバンの神子元島周りで、水深40~50mの根周りを上からのタナ指示で釣っている。基本は船長の指示ダナで待つ釣りとなる。
「食いが良ければ、タナセットする前に食ってきます。周りがアタっていて自分だけ食わない場合は、ハリス絡みなどのトラブルだと判断して入れ替えて下さいね。それだけ群れは濃いですから」と船長がアドバイスをくれた。
ちなみに当地のイサキ釣りは、オキアミコマセを使用。ゲストにマダイが良くまじるので、ドラグ調整をしっかりするようにとのコトだ。
比較的、海が穏やかなシーズンに加え、夏休みの時期でもある。数釣り必至のイサキ釣りで、前記したストレス発散組はもちろん、お子様や家族との思い出作りもアリですよ!!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

今後は大型パラソルに期待! 乗り乗りヤリイカシーズン到来(舵丸)

9月に開幕した駿河湾・石花海のヤリイカ。連日絶好調で、しかも非常においしいのが特徴だ。そんな石花海のヤリイカ釣りで使用する仕掛けは、プラヅノ11㎝のダブルカンナ仕様が定番。他のエリアと異なり、石花海でダブルカンナのツノを使うのは、イカのサイズが大きいことが最大の理由だ。


南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房のカンパチ五目開幕! 青物の強烈な引きが楽しめる!(源平丸)

南房総平砂浦沖に今年もショゴ(カンパチの幼魚)が回ってきた。幼魚とはいえカンパチが狙って釣れる釣り場は貴重だ。しかも最近他エリアではほとんど見かけなくなったカッタクリ釣りで狙えるのも嬉しいところだ。


丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読