沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

爆釣モード突入の南伊豆のイサキ! 手返しよく釣ろう!(大黒屋)

最近、思うような釣果を出せずウップンを溜ためている人に超オススメ! 南伊豆のイサキ釣りが夏場の最盛期・産卵前の荒食いを迎え、ただ今、爆釣モード全開で釣れまくっているのだ!!


ダブル、トリプルも連発! 追い食いさせてクーラー満タンにしよう

南伊豆沖の一級ポイント。起伏のある根が無数にある神子元島周りが現在の爆釣フィールドだ

数釣り当たり前! 入れ食い状態だ

プロポーションは抜群! 釣れるサイズは30㎝前後も。体高があって肉付きも良いイサキがワンサカ揚がる

小学4年のキッズ(お父さんはシャイで顔出しNG)も大人に負けじとコンスタントに良型を取り込んでました

同時ヒット中。この日は、こんなシーンが何度も見れた

とにかく爆釣モード。追い食いは、1匹掛かったらそのまま待つか、ゆっくり1m巻き上げるだけで結果が出る

この抜き上げが決まると実に気持ち良い!ダブルやトリプルの時は、ためらわず勢いをつけて素早く行おう

置き竿でも釣れるので、子供でも楽しめる! コマセをまくのもテコの原理を使いイージーに行ってました

ヤッターダブル!!

最近はタカベやウメイロがまじるように!

上アゴにハリが掛かかるのは、活性が良い証拠

2.4m前後の7:3~6:4調子の竿に中型電動リール。道糸PE5~6号が標準タックルだ

コマセカゴは100号のBIGが基本も80号や鉄仮面を使用することもある。仕掛けは3号6mの2~3本バリ

エサはオキアミの一本掛け

︎ビシの窓は上下ともオキアミが1匹出るくらいに調整

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎港「大黒屋」。

「ビギナーでも50匹近くは取り込んでいるんじゃないかな。今期は幾分、小振りだけど脂の乗りは上々。この時期特有の白子や真子も入っているので、食味も楽しめますよ」と話す、当地のイサキ釣りに詳しい須崎港「大黒屋」の土屋裕司船長の声だ。
現在、攻めているポイントは、数あるポイントの中でもイチバンの神子元島周りで、水深40~50mの根周りを上からのタナ指示で釣っている。基本は船長の指示ダナで待つ釣りとなる。
「食いが良ければ、タナセットする前に食ってきます。周りがアタっていて自分だけ食わない場合は、ハリス絡みなどのトラブルだと判断して入れ替えて下さいね。それだけ群れは濃いですから」と船長がアドバイスをくれた。
ちなみに当地のイサキ釣りは、オキアミコマセを使用。ゲストにマダイが良くまじるので、ドラグ調整をしっかりするようにとのコトだ。
比較的、海が穏やかなシーズンに加え、夏休みの時期でもある。数釣り必至のイサキ釣りで、前記したストレス発散組はもちろん、お子様や家族との思い出作りもアリですよ!!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

これから年末にかけては、うまい紅い魚が気になる季節だ。そんな魚の代表がアカムツ。激うまな身を一度でも味わってしまったら、あなたはこの魚のとりこだ。近年では大型アカムツが潜む水深200〜300mの深海を普段使い慣れたタックルで手軽に釣れるようになった。


絶好調! 沼津静浦沖の夜タチウオはこれからサイズアップ!(清時丸)

絶好調! 沼津静浦沖の夜タチウオはこれからサイズアップ!(清時丸)

沼津静浦沖の夜タチウオが絶好調だ。今回取材した静浦港「清時丸」のこのところの釣果では、トップが56本、68本、53本と続いている。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読