東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。


江戸前ブランドダコ。これを味わいたければお早めの釣行予約を!

「小柴丸」が狙うのは出船してすぐの小柴沖

最近は関西から伝わってきた竿釣りも人気。「小柴丸」も、「よっぽどオマツリしない限りOK」

乗りを感じたら、そのまましばらく小突いて、しっかり乗せてから大アワセ。2手3手と力強く手繰ってやる

2~3㎏級も少なくないので油断は禁物。船底に張り付かれたら剥がせないぞ

東京湾、小柴沖で大型マダコが釣れている。連日3kg級も上がっているぞ!「大ダコ獲ったどー‼」

デカイ! 小柴沖で3kgクラスもまじって良型主体に釣れている

美味しいから釣りに来るという人が多い小柴沖のマダコ。ゆでダコや唐揚げ、煮ダコ、カルパッチョなどなど、何にしても美味しい

大ダコも釣りたいけど、このぐらいの食べごろサイズも大歓迎。何せ、高級ブランド品の小柴沖のタコだからね!

せっかく釣った高級食材。脱走しないよう網に入れて口を縛っておこう

手釣りが基本のマダコ釣り。とにかく小突いて、小突いて、タコを誘い続け、直に手に伝わるタコの「乗り」を感じよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」。

江戸前のタコは旨い! なかでも小柴沖のタコは絶品で、違いの分かる食通達から格別な支持を受けている。普段はイシモチ船として名を馳せる金沢八景「小柴丸」も、毎年この時季はマダコ乗合を出船させていて、頑ななまでに小柴沖にこだわり、旨いタコを釣らせてくれる。
釣果の方はこのところトップ2~4杯ほどだが、連日2~3㎏の大型が釣れていて、数よりも型狙いの展開。
「今年もまずまず例年通りですかねー。今年はまだちっこいのがほとんど釣れないけど、その分良型中心にデカイのが釣れていますよ」と、話す鈴木仁船長。7月後半になれば小型のタコも乗りだし数も伸びるはずだ。
最近は竿釣りで楽しむ方も増えていて、「小柴丸」でも極端にオマツリを多発させない限り、タコエギやテンヤでも竿釣りOK。
手釣りでも竿釣りでも飽きずに小突き続けるのが大切だが、「ビギナーならそれほど小突きにこだわらなくても、テンヤを底に着けて糸が張った状態をキープ出来ていればタコは乗ってきますよ」と船長。小柴沖は根掛かりが少なく釣りやすいのもビギナーにはありがたい。
「小柴丸」では例年8月上旬までを目処に出船中。小柴沖の絶品タコを釣りたい(食べたい?)方はお早めに!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾のイシモチが今年も好スタートを切っている!(小柴丸)

東京湾金沢八景沖のイシモチが秋風とともに急上昇。この釣りを金看板に掲げる金沢八景「小柴丸」では9月に入り本格的に乗合いを開始し、連日トップ50~60匹と絶好調だ。


絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

絶好調タチウオに美味アジ! 贅沢リレーで楽しさ2倍(福よし丸)

今年の東京湾のタチウオはオススメだ。各船宿の釣果速報を毎日チェックしていると、好釣果がかれこれ一ケ月以上も続いているのだ。


トップ120匹! 今年の東京湾ショウサイフグは当たり年だ!(野毛屋)

トップ120匹! 今年の東京湾ショウサイフグは当たり年だ!(野毛屋)

ショウサイフグの凄まじい爆釣だった。大貫沖で群れを探していた金沢八景「野毛屋」の黒川健太郎船長から「これは絶対にすぐ食うよ」のアナウンスが出る。。沖揚がりまでフグの食いは衰えず、トップは120匹、2番手112匹と束越えの釣果となった。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読