MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。

江戸前ブランドダコ。これを味わいたければお早めの釣行予約を!

「小柴丸」が狙うのは出船してすぐの小柴沖

最近は関西から伝わってきた竿釣りも人気。「小柴丸」も、「よっぽどオマツリしない限りOK」

乗りを感じたら、そのまましばらく小突いて、しっかり乗せてから大アワセ。2手3手と力強く手繰ってやる

2~3㎏級も少なくないので油断は禁物。船底に張り付かれたら剥がせないぞ

東京湾、小柴沖で大型マダコが釣れている。連日3kg級も上がっているぞ!「大ダコ獲ったどー‼」

デカイ! 小柴沖で3kgクラスもまじって良型主体に釣れている

美味しいから釣りに来るという人が多い小柴沖のマダコ。ゆでダコや唐揚げ、煮ダコ、カルパッチョなどなど、何にしても美味しい

大ダコも釣りたいけど、このぐらいの食べごろサイズも大歓迎。何せ、高級ブランド品の小柴沖のタコだからね!

せっかく釣った高級食材。脱走しないよう網に入れて口を縛っておこう

手釣りが基本のマダコ釣り。とにかく小突いて、小突いて、タコを誘い続け、直に手に伝わるタコの「乗り」を感じよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」。

江戸前のタコは旨い! なかでも小柴沖のタコは絶品で、違いの分かる食通達から格別な支持を受けている。普段はイシモチ船として名を馳せる金沢八景「小柴丸」も、毎年この時季はマダコ乗合を出船させていて、頑ななまでに小柴沖にこだわり、旨いタコを釣らせてくれる。
釣果の方はこのところトップ2~4杯ほどだが、連日2~3㎏の大型が釣れていて、数よりも型狙いの展開。
「今年もまずまず例年通りですかねー。今年はまだちっこいのがほとんど釣れないけど、その分良型中心にデカイのが釣れていますよ」と、話す鈴木仁船長。7月後半になれば小型のタコも乗りだし数も伸びるはずだ。
最近は竿釣りで楽しむ方も増えていて、「小柴丸」でも極端にオマツリを多発させない限り、タコエギやテンヤでも竿釣りOK。
手釣りでも竿釣りでも飽きずに小突き続けるのが大切だが、「ビギナーならそれほど小突きにこだわらなくても、テンヤを底に着けて糸が張った状態をキープ出来ていればタコは乗ってきますよ」と船長。小柴沖は根掛かりが少なく釣りやすいのもビギナーにはありがたい。
「小柴丸」では例年8月上旬までを目処に出船中。小柴沖の絶品タコを釣りたい(食べたい?)方はお早めに!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読