沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

東京湾のブランド品! 小柴沖のマダコを楽しもう!(小柴丸)

小柴のシャコに小柴のアナゴ。釣りをやらない人でも寿司好きテンプラ好きなら聞き馴染みがあるであろう小柴沖は、旨い魚を育む好漁場でここで獲れるマダコも絶品との誉れが高い。毎年7月に解禁となる小柴沖のマダコ、金沢八景の「小柴丸」が乗合を開始したと聞き釣行した。


江戸前ブランドダコ。これを味わいたければお早めの釣行予約を!

「小柴丸」が狙うのは出船してすぐの小柴沖

最近は関西から伝わってきた竿釣りも人気。「小柴丸」も、「よっぽどオマツリしない限りOK」

乗りを感じたら、そのまましばらく小突いて、しっかり乗せてから大アワセ。2手3手と力強く手繰ってやる

2~3㎏級も少なくないので油断は禁物。船底に張り付かれたら剥がせないぞ

東京湾、小柴沖で大型マダコが釣れている。連日3kg級も上がっているぞ!「大ダコ獲ったどー‼」

デカイ! 小柴沖で3kgクラスもまじって良型主体に釣れている

美味しいから釣りに来るという人が多い小柴沖のマダコ。ゆでダコや唐揚げ、煮ダコ、カルパッチョなどなど、何にしても美味しい

大ダコも釣りたいけど、このぐらいの食べごろサイズも大歓迎。何せ、高級ブランド品の小柴沖のタコだからね!

せっかく釣った高級食材。脱走しないよう網に入れて口を縛っておこう

手釣りが基本のマダコ釣り。とにかく小突いて、小突いて、タコを誘い続け、直に手に伝わるタコの「乗り」を感じよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」。

江戸前のタコは旨い! なかでも小柴沖のタコは絶品で、違いの分かる食通達から格別な支持を受けている。普段はイシモチ船として名を馳せる金沢八景「小柴丸」も、毎年この時季はマダコ乗合を出船させていて、頑ななまでに小柴沖にこだわり、旨いタコを釣らせてくれる。
釣果の方はこのところトップ2~4杯ほどだが、連日2~3㎏の大型が釣れていて、数よりも型狙いの展開。
「今年もまずまず例年通りですかねー。今年はまだちっこいのがほとんど釣れないけど、その分良型中心にデカイのが釣れていますよ」と、話す鈴木仁船長。7月後半になれば小型のタコも乗りだし数も伸びるはずだ。
最近は竿釣りで楽しむ方も増えていて、「小柴丸」でも極端にオマツリを多発させない限り、タコエギやテンヤでも竿釣りOK。
手釣りでも竿釣りでも飽きずに小突き続けるのが大切だが、「ビギナーならそれほど小突きにこだわらなくても、テンヤを底に着けて糸が張った状態をキープ出来ていればタコは乗ってきますよ」と船長。小柴沖は根掛かりが少なく釣りやすいのもビギナーにはありがたい。
「小柴丸」では例年8月上旬までを目処に出船中。小柴沖の絶品タコを釣りたい(食べたい?)方はお早めに!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

手軽に美味しいアジが釣れる東京湾のLT(ライトタックル)アジが人気だ。都心からほど近い川崎の「つり幸」では、親子連れや女性を交えたグループ釣行者などで連日賑わいを見せている。


衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

長竿の弾力を利用して、小さく鋭くシャクる。ここで大切なことは、竿に十分に力を加えることだ。竿が曲がった後、その反動で腕が引き戻されるくらいまで力を込めることにより餌木に鋭い動きを与えることができ、アオリイカへのアピール効果も高まる。


肝がバッチリ入ってます! 東京湾カワハギの仕掛けと攻略(山下丸)

肝がバッチリ入ってます! 東京湾カワハギの仕掛けと攻略(山下丸)

タックルを簡潔に紹介。竿は長さ1.8m前後の9対1または8対2といった極先調子のカワハギ専用モデルがオススメ。極先調子の竿を使うのは、仕掛けの操作性が良くアタリも分かりやすく、アワセもしっかりときくからだ。リールは小型両軸を。


激うまドラゴン級まじりで楽しめる!東京湾タチウオジギング(太田屋)

激うまドラゴン級まじりで楽しめる!東京湾タチウオジギング(太田屋)

ロングランで楽しめる東京湾のタチウオゲーム。今期は安定感が高いのが特徴だが、季節が秋へと移ろい、ポイントが観音崎から下浦沖の深場が中心となってからは、釣果の上下が目立っている。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読