目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

周年狙え、すっかり人気の釣り物になった常磐のショウサイフグ。特に手軽な道具で釣ることができ、ジャンボサイズが多くまじるのが鹿島沖の特徴だ。今回は夏フグシーズンに突入した鹿島港の「豊丸」へとお邪魔した。


初めての人はオールレンタルも可能なので、気軽にフグ釣りに挑戦してほしい

仲乗りさんがいろいろ面倒を見てくれるのでビギナーも安心。只今、おかみさんが釣り方レクチャー中

30㎝がアベレージ、それ以上も珍しくないのでとにかく引きがいい。掛けた瞬間のズンッ! ズッシリ重量感のある引きを楽しんで!

グッドサイズ!これがアベレージサイズだ

デカイ!40cm級のショウサイフグは迫力満点!引き味満点!食べ応え満点だ!これが鹿島沖のフグの魅力だ

竿先に少しでも変化があったら、すかさずアワセ!!

こちらもグッドサイズ。これ1匹でもけっこうお刺身が造れそうだ

狙いはこの、でっぷり太った大型ショウサイフグだ

この日はトップ18匹だったが、前々日は30匹オーバー

この日はトラフグもまじった。コレが釣れたら超ラッキー!

そのほかイシガレイなども常連ゲスト

掛けバリ2本のカットウ仕掛けが基本、オモリは30号

エサバリにはタップリとエサのアオヤギを付けよう

船でさばいて棒身にしてくれるから帰宅後の料理もラクラク。しかし、この棒身…デカイ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「豊丸」。

鹿島沖のショウサイフグが夏シーズンに入り、ジャンボフグが竿を絞りこんでいる。鹿島港の「豊丸」は、常磐地区ではフグ釣りの開始当時からフグ乗合を出している老舗だ。
鹿島沖のポイントは、南の神栖沖から北の大竹沖、大洗沖と広範囲に渡る。季節によって魚が固まる場所が違うので、ポイントの設定が船長の腕のみせどころだ。
この日、出頭洋幸船長が選んだのは行程50分の大竹沖。水深は25~28m。産卵を控えた大型フグ狙いだ。アオヤギを付けたカットウを優しくシャクって誘う。フグのアタリは様々で、竿先に少しでも変化がでたらすかさずアワせてやる。大型の引きは強いので、糸を緩めないようにリールを巻こう。
釣れ上がるフグは30㎝オーバーがレギュラーサイズ、40㎝に届くジャンボもまじった。さらにはトラフグまでもが顔を出した。
「豊丸」は仲乗りさんが、オマツリほどきや釣り方の指導をしてくれる。釣ったフグは船上でさばいてくれるので、家に帰ってからの料理が楽なところもこの釣りの人気の理由だ。
初めての人はオールレンタルも可能なので、気軽にフグ釣りに出かけてほしい。自分で釣り上げたフグで作る刺身、空揚げ、ちり鍋は格別の美味しさだぞ!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


トップ120匹! 今年の東京湾ショウサイフグは当たり年だ!(野毛屋)

トップ120匹! 今年の東京湾ショウサイフグは当たり年だ!(野毛屋)

ショウサイフグの凄まじい爆釣だった。大貫沖で群れを探していた金沢八景「野毛屋」の黒川健太郎船長から「これは絶対にすぐ食うよ」のアナウンスが出る。。沖揚がりまでフグの食いは衰えず、トップは120匹、2番手112匹と束越えの釣果となった。


波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根で釣る! 良型アカムツフィーバー中(仁徳丸)

7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。


しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

しっかりアワせて大ダイを手に! 鹿島沖ひとつテンヤマダイ(植田丸)

ほぼ周年ひとつテンヤマダイ釣りが楽しめる鹿島沖。夏真っ盛りの今もコンスタントにマダイが釣れている。その鹿島沖に出船し続けているのが鹿島港「植田丸」。「例年、真夏の暑い時期はいっときマダイの食いがやや落ちて渋くなるんですが、今年はまずまず。日ムラはありますが、食う日はトップ10枚以上ということもありますよ」とのこと。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読