MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

目指すは40cm級のジャンボサイズ! 鹿島沖のショウサイフグ(豊丸)

周年狙え、すっかり人気の釣り物になった常磐のショウサイフグ。特に手軽な道具で釣ることができ、ジャンボサイズが多くまじるのが鹿島沖の特徴だ。今回は夏フグシーズンに突入した鹿島港の「豊丸」へとお邪魔した。

初めての人はオールレンタルも可能なので、気軽にフグ釣りに挑戦してほしい

仲乗りさんがいろいろ面倒を見てくれるのでビギナーも安心。只今、おかみさんが釣り方レクチャー中

30㎝がアベレージ、それ以上も珍しくないのでとにかく引きがいい。掛けた瞬間のズンッ! ズッシリ重量感のある引きを楽しんで!

グッドサイズ!これがアベレージサイズだ

デカイ!40cm級のショウサイフグは迫力満点!引き味満点!食べ応え満点だ!これが鹿島沖のフグの魅力だ

竿先に少しでも変化があったら、すかさずアワセ!!

こちらもグッドサイズ。これ1匹でもけっこうお刺身が造れそうだ

狙いはこの、でっぷり太った大型ショウサイフグだ

この日はトップ18匹だったが、前々日は30匹オーバー

この日はトラフグもまじった。コレが釣れたら超ラッキー!

そのほかイシガレイなども常連ゲスト

掛けバリ2本のカットウ仕掛けが基本、オモリは30号

エサバリにはタップリとエサのアオヤギを付けよう

船でさばいて棒身にしてくれるから帰宅後の料理もラクラク。しかし、この棒身…デカイ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「豊丸」。

鹿島沖のショウサイフグが夏シーズンに入り、ジャンボフグが竿を絞りこんでいる。鹿島港の「豊丸」は、常磐地区ではフグ釣りの開始当時からフグ乗合を出している老舗だ。
鹿島沖のポイントは、南の神栖沖から北の大竹沖、大洗沖と広範囲に渡る。季節によって魚が固まる場所が違うので、ポイントの設定が船長の腕のみせどころだ。
この日、出頭洋幸船長が選んだのは行程50分の大竹沖。水深は25~28m。産卵を控えた大型フグ狙いだ。アオヤギを付けたカットウを優しくシャクって誘う。フグのアタリは様々で、竿先に少しでも変化がでたらすかさずアワせてやる。大型の引きは強いので、糸を緩めないようにリールを巻こう。
釣れ上がるフグは30㎝オーバーがレギュラーサイズ、40㎝に届くジャンボもまじった。さらにはトラフグまでもが顔を出した。
「豊丸」は仲乗りさんが、オマツリほどきや釣り方の指導をしてくれる。釣ったフグは船上でさばいてくれるので、家に帰ってからの料理が楽なところもこの釣りの人気の理由だ。
初めての人はオールレンタルも可能なので、気軽にフグ釣りに出かけてほしい。自分で釣り上げたフグで作る刺身、空揚げ、ちり鍋は格別の美味しさだぞ!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読