MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツファン垂涎のエリア! 日立久慈沖のアカムツ(モンロー号)

アカムツファン垂涎のエリア! 日立久慈沖のアカムツ(モンロー号)

茨城のアカムツというと真っ先に思い浮かべるのは、現在絶好調が続いている波崎沖だろう。だけど今、ファンの間で密かに、そして熱い注目を浴びているのが、日立久慈港出船、「モンロー号」のアカムツだ。

perm_media 《画像ギャラリー》アカムツファン垂涎のエリア! 日立久慈沖のアカムツ(モンロー号)の画像をチェック! navigate_next

40cmオーバーの確率激高だ! 今後は乗っ込み本番でさらにスゴイ

ポイントは水深130m前後の砂地とツブ根が点在した場所。最近、新ポイントを発見したという

ゆっくりとした誘いで食わせよう!

水圧変化に強いアカムツ。フィニッシュは必ずタモ入れを

「まだまだここのアカムツはこんなもんじゃないですよ。2kgオーバーもいますよ」と常連の鈴木さん

良型アカムツに大満足だ!

丸々していて美味しそうだ

最初にキュンキュンキュンと強い引きを見せ、途中で引かなくなっても最後30mぐらいで最後の抵抗をするのがアカムツだ

本命ゲットに一安心!

刺身や煮付けでも美味しいね

ずっしりと重たい。食べるのが楽しみだ

アカムツの後はこのオキメバルが本命に。こちらも楽しみだ

サバが釣れたらキープしてエサにしよう。この日はかなり効果的だった

この日はサバとアカタンミックスが効いた。「マシュマロボール」は黄色が抜群に良かった

船宿支給のエサはイカタン。ホタルイカは500円で購入できる

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「モンロー号」。

「ここは普通に40㎝オーバーが釣れるからね。それもたまに、とかじゃなくて、40㎝オーバーのほうが多いくらいかと思うぐらい」と、常連の鈴木俊洋さんは話す。
今シーズンは例年に比べて少し早めの9月後半にスタート。連日、大型が取り込まれている。
「水深130mぐらいのところに乗っ込みで入ってきます。このエリアは大型が多いですね。今年はかなり好調ですよ」と山崎弘船長。自らも釣り好きの船長は操船しながらお客さんが釣るのを見てはうずうずしているのだと言う。
この日は、朝方は潮の濁りが酷く流れも少なかったが、ポツポツと40㎝オーバーが取り込まれた。そして潮が流れ出す時間、潮止まりには明らかに時合とわかるラッシュ状態に突入する。仕掛けを落とせばすぐに食ってくる状態で、このチャンスタイムにモタモタしなければかなりの確率で良型をゲットできる。
「本当の乗っ込みはこんなもんじゃないですよ。本当にびっくりするぐらいの大型ばかりです。そのXデーはだいたい10月中旬ごろです」と船長。未知なるアカムツ釣りを味わいたいなら、ココだ!

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル