MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
終盤戦突入も依然好調! 相模湾のコマセキハダ&カツオ釣り(洋征丸)

終盤戦突入も依然好調! 相模湾のコマセキハダ&カツオ釣り(洋征丸)

8月の開幕からカツオ絶好調でスタートした相模湾のコマセのキハダ・カツオ釣り。その後徐々にキメジ、キハダも食い出し、9月に入ると20〜30kgクラスのキハダのアタリも増え、現在は大型キハダ、カツオとともに順調な食いを見せている。

キハダは30kgオーバーも。両方釣って激ウマ刺身を味わおう!

この日船中唯一のキハダを上げたのは、侍ドクター近藤惣一郎さん。しかも31kgの大型!! お見事! キハダは20~30kg級の大型がアタっている。丁寧にやり取りして大物をキャッチしよう!

31kgのキハダを掛けたドクター近藤。サメもいるので慎重なばかりでは取れない。船長のアドバイスを受けながら、慎重ながらも可能な限りスピーディーにやり取りし、見事キャッチ!

ドクター近藤のタックルは、竿が「マッドバイパー SMP HH‐180」、リールが「シーボーグ 750 メガツイン」。ハリ、サルカンの結びはもちろん、道糸、リーダーの結束なども完璧にして挑んだ

カツオはやや日ムラはあるものの、いい日は2~5kg前後をトップ8本、9本と数釣れお土産になる

刺身もいいけどカツオはやっぱりタタキだね

船のミヨシ部ではルアーもOK。こちらはエビングで上げたカツオ

脂が乗った秋のカツオ

船長は群れの先々に船を回すので、群れが船下を通過する時がチャンス。群れに当たると船中あちこちで同時ヒットとなる

カツオにまじってキメジも釣れている。これはエビングに食ってきた

大型キハダヒット! 長いやり取りの末、惜しくもハリス切れ

エビングでも大型がヒットしたが、ラインブレイク。サメにやられたようだ

この日は大型らしきアタリが船中で5回、そのうち上がったのはドクター近藤の1匹だけだった。なかなかに難しいが、それだけにキャッチした喜びは格別だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「洋征丸」。

そろそろ終盤戦にさしかかった相模湾のコマセキハダ・カツオ釣り。多少ムラはあったものの、8月の開幕から今までおおむね順調に釣れ続いている。
キハダ・カツオ乗合で出船している小坪港「洋征丸」高木洋征船長は、「カツオもキハダも、まだまだたくさんいますね。今後もカツオ、大型キハダどちらも期待できると思います!群れがいれば11月まで狙いますよ」と話す。
「洋征丸」は、カツオ狙いでお土産をキープし、タイミングを見て大型キハダを狙いに行くというのが基本スタンス。カツオは2~5㎏前後をいい日はトップ10本前後上げることもある。
キハダは船中1本上がるかどうかだが、バラシも多く、一日に4回、5回とヒットすることも。この取材で近藤惣一郎さんが上げた31㎏のほか、9月18日には45㎏のでかキハダも上がっている。秋の相模湾はまだまだ熱いぞ!

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
最新記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読