沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

走水沖のアジならサイズの自己ベストも狙えそうだ!(関義丸)

走水沖のアジならサイズの自己ベストも狙えそうだ!(関義丸)

神奈川が誇るブランド、走水の大アジ!「ここのアジは特別旨いんだよ!」と釣り人みんな口を揃えます。市場でも他のアジより高値がつくそうで、築地で買うよりも美味しいからと仕入れで釣りにくる料理屋さんがいるほど。


30cmオーバーも! 電動リールを使えば女性でも疲れず楽しめる!

当日は走水沖の水深60m付近を狙った

「来ましたよ〜」と桜井さん

良型アジの取り込みは難しい! 口切れしそうであれば、タモを使おう

幅が広くて美味しそうなアジ!

こちらは大アジと中アジのダブル

食いが立つとダブル連発も!

幅広で美味しそうなアジだ

良型アジは夏場も脂が乗って美味しい!

刺身になめろう、アジフライでも美味しいね

タナ取り後にアタりやすい!

良型多く、満足釣果

サバもまじった

ビシは130号、付けエサはアカタン。アオイソメもあれば万全

アカタンは細かくカットされた1個をハリに刺す!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水沖「関義丸」。

美味しいアジを釣りに、走水「関義丸」さんから半日ビシアジ船に行ってきました。
駐車場が近く、車を横付けできるので荷物の積み降ろしは楽々。クーラー満タンに釣れても安心です。大きくて綺麗な船なので快適。ポイントは港を出て10分もかからないところなので、半日船でも実釣時間は十分あります。
イワシミンチのコマセをビシに詰めて、付けエサはアカタン。水深60m付近で釣れる良型のアジは、30㎝オーバーもたくさんまじります。電動リールなので女性でも疲れず楽しめます。食いがいい時は、一荷を狙ってかけるなんてこともできました。
時おり通る自衛艦のかっこさに見とれたりしていると、あっとうい間に沖揚がり。それでも自分で食べるには十分な16匹釣れました。取材日のトップは36匹でした。取材日の2日前には午前船で75匹! 「半日で束いったこともあるよ」と常連さん。
「今年は去年よりよく釣れてるし、この時期でも特別美味しいアジが釣れてるよ」と関口道義船長。刺身やタタキで食べるのがオススメだそうです。
数が一番狙えるのは夏から秋。これからが楽しみですね。全体的に大きい走水のアジ。過去には50㎝が釣れたそう。取材日も35㎝のアジがいたりと「大きい〜」と何度言ったことか。走水ならアジのサイズの自己ベストも狙えそうです!

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

仲間とワイワイお手軽フィッシング! 東京湾のLTアジ大人気(釣り幸)

手軽に美味しいアジが釣れる東京湾のLT(ライトタックル)アジが人気だ。都心からほど近い川崎の「つり幸」では、親子連れや女性を交えたグループ釣行者などで連日賑わいを見せている。


沖釣り入門にピッタリ! 猿島沖・絶品ビシアジ(村上釣舟店)

沖釣り入門にピッタリ! 猿島沖・絶品ビシアジ(村上釣舟店)

日本人が大好きで、沖釣り入門にもってこいのアジが猿島沖で絶好調だ!「アジ釣りはヤッパリ、タナ取りとコマセワークですね。ビギナーでも全く問題ありません」とは新安浦港「村上釣舟店」の村上敏宏船長。


衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

衝撃の釣り味を体感! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(野毛屋)

長竿の弾力を利用して、小さく鋭くシャクる。ここで大切なことは、竿に十分に力を加えることだ。竿が曲がった後、その反動で腕が引き戻されるくらいまで力を込めることにより餌木に鋭い動きを与えることができ、アオリイカへのアピール効果も高まる。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読