MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)

ヤリイカの季節っていつだっけ? と思うことが多くなった。例年、秋の声を聞くころから釣れだすが、今シーズンは8月から好調に乗っている。そしてそのシーズンも4月ごろまでと、実に長い期間釣れるターゲットとなった。

perm_media 《画像ギャラリー》誘って乗せて楽しむ! 剣崎沖のヤリイカがシーズン突入!(喜平治丸)の画像をチェック! navigate_next

近場でノリノリ、今年もヤリの季節だ! 今後水温低下で本格シーズンへ

ポイントは剣崎沖メインで洲崎沖や城ヶ島沖も狙う

剣崎沖は航程20分ほどと近いのがうれしい

誘いで釣果が変わるヤリイカ。誘って乗せよう

直結で良型ゲット。腕に自信がある人はチャレンジを

「かわいいサイズが多いよね」とダブルでゲット。このサイズは丸々っとしていて味は抜群だ

ヤリイカは誘いで釣果が決まる

この日は、単発かダブルが多かったが、数が伸びるときは多点掛けも

サイズ申し分なし!

釣れたこの瞬間がたまらない

釣れたては沖漬けでも美味しいね

朝イチはスルメが好調に乗った

プラヅノ14cm、18cm仕掛けも持参しておくといいだろう

水深は100mほどと浅場がメインで深いと150mほど。小型高性能の電動リールがオススメ

プラヅノ11cmブランコ仕掛けで狙う

サバはそれほど多くなく、サバが多い場合は移動してくれるので安心

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

「今年は早くから乗っていますね。剣崎沖の近場で安定した乗りが続いていますよ。反応も多いですよ」と話す、剣崎間口港「喜平治丸」の鈴木麻毅生船長。
好調だった昨年ほどではないが、順調な乗りを見せているという。ヤリイカは「水温低下で群れが固まり好調になる」というのが定説だが、前半戦の今は水温は高くてもあまり関係なく乗っているよう。
「このところはずっとヤリイカオンリーのことが多いですね。いいときは50杯60杯と釣れています」
取材日の朝イチはいつもの剣崎沖の潮が悪く洲崎沖へ。ここでは大型のスルメが一時好調に乗った。その後、潮がよくなり剣崎沖でヤリイカ狙いに。サバも少なく、ブランコ仕掛けだけでも十分に対応できるのもありがたい。
「ヤリイカは誘いで釣果が決まります。誘ったら、竿は水平よりも下に向けておきます。これでアタリが見やすいし、変化があったら竿を持ち上げてアワせるんです。これが基本です」
さあ、これから春までロングランで楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル