MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
暑い夏は、シイラゲームでもっともっと熱くなれ!【相模湾】

暑い夏は、シイラゲームでもっともっと熱くなれ!【相模湾】

大型&新群れ続々回遊中! さあ、ベストシーズン到来! 魚へんに“暑”と書いて、シイラ。つまり、暑ければ暑いほど、シイラは活性が上がって元気いっぱい! シイラはまさに夏の魚なのだ。

早速キャストを始めると、どこからともなくシイラが、ぞろぞろと出て来る。こうなると船上はお祭り騒ぎ!

釣った、というより、召し捕ったりぃ〜! という感じ。

シイラゲームはまずシイラが着いていると思われる潮目や流木といった漂流物などを探すことから始まる。乗船者全員で協力して探そう。

大きな潮目にはシイラの大群がいた! 全員がヒットする場面もしばしば。

シイラゲームの醍醐味といえば、なんといってもこの豪快なジャンプ! 

シイラは手軽に楽しめるオフショアキャスティングゲームの代表格。カップルで楽しむにもオススメ!

当日のアベレージサイズ。このサイズでも引きもジャンプも強烈だ! もちろん、メーターオーバーも多数目撃済み。取材翌日はメーターオーバーが複数ヒットしていた!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」。

取材は関東で梅雨明けが発表され、「今日から夏が始まりますよ!」という日。それにふさわしく、相模湾は朝から最高に気持ちいい快晴ベタ凪。気温もグングン上がっていく。シイラが大好きな陽気だ。
そんな状況に加え、沖からいい潮が差して来ていたようで、港からちょっと出たところには巨大な潮目が! 早速キャストを始めると、どこからともなくシイラがぞろぞろと出て来る。こうなると船上はお祭り騒ぎ! まったく攻められていないフレッシュな群れだったようで、サイズは中・小型が中心ながら、次から次へとヒットヒットヒットの連続となったのだ。
終わってみれば、なんと船中119ヒット、キャッチは79本と絶好調!!
「今後も黒潮に乗ってシイラが次々と相模湾に入って来ると思います。今日は中・小型が中心でしたが、もちろんデカいヤツもいます。オフショアキャスティングの入門にも最適なので、ぜひチャレンジしてください」とは、「庄治郎丸」5号船担当の世古勇次郎船長。熱中症対策を万全にして、みんなで真夏のエキサイティングゲームを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2017年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
千葉・飯岡沖のヒラメが冬の好機を迎えようとしている。、イワシを追った渡りのヒラメは4㎏、5㎏といった大判サイズが多くなりますと「幸丸」実川和也船長。大型のチャンスだけでなく、食味も楽しみだ。
最新記事
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読