MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高ダナで浮いたマダイを釣る! 直江津沖のコマセマダイ(里輝丸)

高ダナで浮いたマダイを釣る! 直江津沖のコマセマダイ(里輝丸)

マダイ釣りのメッカ、上越沖が秋のマダイシーズン真っ盛りだ。現在のポイントは、水深60m前後の人工魚礁周辺。直江津港内で人気 No1の「里輝丸」は、直江津沖をベースに連日、マダイを好調に釣り上げている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

秋の数釣りシーズン開幕中! タイミングのよい誘いがポイント!

「里輝丸」では乗船前にくじ引きで釣り座をきめる

ポイントから見た直江津港周辺。真沖ということが分かる

直江津沖が今回のコマセマダイのポイントだ

水深60mのポイントでは指示ダナは水深30mだった

ハリスの先が届くタナ付近、つまり40m前後に魚影が映ったらチャンス

常連さんはこのとおり。ただ、置き竿をしているわけではない。頻繁に仕掛けを交換していた。「状況に合わせてさまざまな仕掛けを試すと釣れますよ」と話す

元気がいいマダイですね。いい引きしてます

体高のある見事な姿のマダイがそろう

こんな良型がメインだ。水温が低くなるとマダイの味はますますよくなっていく

身が引き締まっていて美味しそうだ

良型ゲットに一安心

直江津沖では良型マダイの複数キャッチがザラ。ツ抜け釣果もめずらしくない

エサ取り魚が多いときはワームとオキアミを抱き合わせにする。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「里輝丸」。

「水温が高いためか、マダイはようやく本格化したという感じです。昨年も春まで途切れることなくマダイが釣れ続いたので今期も期待したいですね」と話す、小林智船長。
直江津沖のコマセマダイ釣りの特徴は、高ダナであること。なんと水深60mに対して約半分の水深30mが指示ダナだ。
ハリス長は12m。長くすれば、マダイが釣れるということはない。秋のマダイは産卵後で来るべき冬にそなえて荒食いする。そのため、どちらかといえば、コマセに突っ込んでくる傾向にある。つまり、魚がかなり浮くのだ。
「魚礁周辺を潮流ししますので、マダイの群れが船下に入ってきたらチャンスです。アナウンスしますから、その時合いを逃さないようにしてください」と、船長が話すように、探見丸をみていると、マダイの魚影が映った直後に船中いたるところでロッドが曲げられる光景がしばしば。
1〜3㎏の良型のツぬけも珍しくないという。日本海が冬を迎える前にぜひ、釣行していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル