MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りの中でも、派手なアタリと強烈な引きが楽しめるマダラ。加えてこれからの時期は白子の食味もたまらない! そのマダラが北茨城、平潟沖で好調に釣れている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

これから南下してくるサンマを追って、タラも回遊してくると10kg近い大型も上がるようになる

ズラズラズラ~! ハリ数パーフェクトもあるぞ!

平潟沖のマダラが好調! 良型主体に数釣れている。そろそろ白子も入って、食味も抜群だ

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りながら派手なアタリと引きを楽しませてくれる

このところ1.5~6㎏級のマダラがトップ20匹以上釣れている

1〜2匹でも食べ応え十分。隣近所にお裾分けしよう

後半に狙ったメヌケも好調に食った。この1投だけでもお土産十分だ

マダラに負けず、メヌケも美味

煮付けが最高。タラ同様、鍋ネタにしてもいい

マダラ、メヌケでクーラー満タン。船から下ろすときは皆で協力しましょう

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・平潟港「第十五隆栄丸」。

この釣りを大得意とする北茨城、平潟港の「第十五隆栄丸」では、水深250~300m付近を狙い1.5~6㎏級のマダラをトップ20匹以上、後半に狙うメヌケもトップ10匹以上と、連日80リッター級大型クーラー満タンの釣果を上げている。
それでも「昨年に比べるとムラがあるねー。食う場所と食わない場所がはっきりしてるからねー」と鈴木和次船長は控えめだ。
しかし、それに加えて「これから南下してくるサンマを追って、タラも回遊してくっから。そうなると10㎏近い大型も上がるようになるよ」と今後の展望も話してくれた。
釣り味はもちろん、食味も抜群のマダラ。刺身で食せるのは釣り人の特権だし、鍋料理は言うまでもなく、フライやムニエル、西京味噌や塩麹などに漬けても旨い。
気になる白子の入りは、9月24日の取材日現在3割程度の成熟具合で、腹パンのオスマダラも増えてくるはず。こちらも楽しみ!!

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル