MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りの中でも、派手なアタリと強烈な引きが楽しめるマダラ。加えてこれからの時期は白子の食味もたまらない! そのマダラが北茨城、平潟沖で好調に釣れている。

これから南下してくるサンマを追って、タラも回遊してくると10kg近い大型も上がるようになる

ズラズラズラ~! ハリ数パーフェクトもあるぞ!

平潟沖のマダラが好調! 良型主体に数釣れている。そろそろ白子も入って、食味も抜群だ

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りながら派手なアタリと引きを楽しませてくれる

このところ1.5~6㎏級のマダラがトップ20匹以上釣れている

1〜2匹でも食べ応え十分。隣近所にお裾分けしよう

後半に狙ったメヌケも好調に食った。この1投だけでもお土産十分だ

マダラに負けず、メヌケも美味

煮付けが最高。タラ同様、鍋ネタにしてもいい

マダラ、メヌケでクーラー満タン。船から下ろすときは皆で協力しましょう

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・平潟港「第十五隆栄丸」。

この釣りを大得意とする北茨城、平潟港の「第十五隆栄丸」では、水深250~300m付近を狙い1.5~6㎏級のマダラをトップ20匹以上、後半に狙うメヌケもトップ10匹以上と、連日80リッター級大型クーラー満タンの釣果を上げている。
それでも「昨年に比べるとムラがあるねー。食う場所と食わない場所がはっきりしてるからねー」と鈴木和次船長は控えめだ。
しかし、それに加えて「これから南下してくるサンマを追って、タラも回遊してくっから。そうなると10㎏近い大型も上がるようになるよ」と今後の展望も話してくれた。
釣り味はもちろん、食味も抜群のマダラ。刺身で食せるのは釣り人の特権だし、鍋料理は言うまでもなく、フライやムニエル、西京味噌や塩麹などに漬けても旨い。
気になる白子の入りは、9月24日の取材日現在3割程度の成熟具合で、腹パンのオスマダラも増えてくるはず。こちらも楽しみ!!

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」(主催:大阪釣具協同組合)が2020年2月8日(土)、9日(日)の2日間、インテックス大阪6号館A・Bゾーン・3号館・4号館で開催される。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読