MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りの中でも、派手なアタリと強烈な引きが楽しめるマダラ。加えてこれからの時期は白子の食味もたまらない! そのマダラが北茨城、平潟沖で好調に釣れている。

これから南下してくるサンマを追って、タラも回遊してくると10kg近い大型も上がるようになる

ズラズラズラ~! ハリ数パーフェクトもあるぞ!

平潟沖のマダラが好調! 良型主体に数釣れている。そろそろ白子も入って、食味も抜群だ

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りながら派手なアタリと引きを楽しませてくれる

このところ1.5~6㎏級のマダラがトップ20匹以上釣れている

1〜2匹でも食べ応え十分。隣近所にお裾分けしよう

後半に狙ったメヌケも好調に食った。この1投だけでもお土産十分だ

マダラに負けず、メヌケも美味

煮付けが最高。タラ同様、鍋ネタにしてもいい

マダラ、メヌケでクーラー満タン。船から下ろすときは皆で協力しましょう

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・平潟港「第十五隆栄丸」。

この釣りを大得意とする北茨城、平潟港の「第十五隆栄丸」では、水深250~300m付近を狙い1.5~6㎏級のマダラをトップ20匹以上、後半に狙うメヌケもトップ10匹以上と、連日80リッター級大型クーラー満タンの釣果を上げている。
それでも「昨年に比べるとムラがあるねー。食う場所と食わない場所がはっきりしてるからねー」と鈴木和次船長は控えめだ。
しかし、それに加えて「これから南下してくるサンマを追って、タラも回遊してくっから。そうなると10㎏近い大型も上がるようになるよ」と今後の展望も話してくれた。
釣り味はもちろん、食味も抜群のマダラ。刺身で食せるのは釣り人の特権だし、鍋料理は言うまでもなく、フライやムニエル、西京味噌や塩麹などに漬けても旨い。
気になる白子の入りは、9月24日の取材日現在3割程度の成熟具合で、腹パンのオスマダラも増えてくるはず。こちらも楽しみ!!

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
東伊豆・稲取沖のアカムツは1.5㎏がアベレージ! 狙いは金看板「稲取サイズ」!アカムツ好釣の「安貞丸」で出船だ!
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読