MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTで狙うと楽しさ倍増! 片貝沖のヒラメ全面解禁!(二三丸)

LTで狙うと楽しさ倍増! 片貝沖のヒラメ全面解禁!(二三丸)

「ヒラメをLTで釣るおもしろさって、やっぱり道具の軽さ。つまり、感度の良さってことなんだよね」と話すのは、片貝旧港「二三丸」の小倉忠船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》LTで狙うと楽しさ倍増! 片貝沖のヒラメ全面解禁!(二三丸)の画像をチェック! navigate_next

船長が推奨するタックルは、竿は2m前後から長くても2.5mくらい

10月から全面解禁した片貝沖! これからがベストシーズン

「二三丸」は探見丸親機搭載船。おもに水深30m前後を狙った

釣り人がタモに誘導して、取り込んでもらおう!

大型ヒラメゲットだ!

こちらもグッドサイズ!

本命ゲットに一安心だ

良型多く好調!

型がいいから釣りごたえもいいね!

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズだ

大満足の結果!

「二三丸」の仕掛けがこれ

エサ付けは親バリが鼻、孫バリは背中付近に刺す。オモリは40号

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」。

片貝でLT専門のヒラメ船は「二三丸」だけ。なので、ヒラメをLTで釣らせることに関しての探究心は、もうハンパじゃなかった。
その小倉船長が推奨するタックルを挙げてみると、まず竿は2m前後から長くても2.5mくらい。ヒラメ釣りにしては短めだが、その分軽く、また繊細さがアップするので感度が高まる。PEラインは細い2号を使うので、水圧や潮の影響を受けにくく、これも高感度。細い道糸を巻くリールもまた小型軽量を選べるので、軽い=高感度助長となる。そして何といっても40号と軽いオモリを使うので、これらの繊細さの妨げにならないことが大きい。
これらの高感度要因がそろうタックルだから、エサのイワシの動きやヒラメの挙動が、水中映像を見たかのような感覚で敏感にわかる。初期アタリから本アタリまでのドキドキ感は、ノーマルタックルが爆発だとしたら、LTならもう大爆発だ!
10月1日から、片貝沖のヒラメは全面解禁になっている。ぜひLTで好調なヒラメを狙っていただきたい。感動の連発間違いなしだ!

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル