MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)の画像をチェック! navigate_next

周年楽しめる深海スロージギングゲーム! 潮流によって釣果が左右される

取材日の集合時間は午前3時半。釣り場に到着と同時にスタートできるよう、自宅でタックルを準備しておくのが理想だ

海底近くをリフト&フォールで探っていくのが基本だ

深海にあるジグ、その動きを頭に描いて操っていく

一枚一枚、丁寧に玉網ですくうようにしたい

新島サイズはとは言えないですけどね、と言いつつ…。撮影協力、感謝します

満足サイズまでは遠いが、一枚は一枚。立派なキンメダイだ

良型キンメと思われる相手とファイト中。汗がしたたり落ちる激闘!? だ

ジグがデカいのでキンメが小さく見えてしまう?

深海の釣りに対応できるタックルを万全に揃えておきたい

ラインはたっぷり1000m以上を巻いておきたい

ジグは500〜1000g程度を使用。写真はすべて自作です、と言っていたアングラーのボックスだ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

すでに周年のターゲットとして定着しているキンメゲームだが、300m以深を攻める釣りだけに、ときどきの状況、とくに潮流によって大きく内容が左右されることが多いのが特徴のひとつだ。
取材時のスタートは350mライン。船長からの使用ジグウエイトの指示は速い潮流を想定しての800g。魚探に映る反応は浮いており、期待ができる状況だった。
思いのほか潮が素直で釣りは快適? に展開された。しかし、投入回数を重ねてもキンメからの反応はない。しびれを切らした船長は、まずは型、というポイントへ移動。予定通りにポロポロと小型を拾ったものの、やはり釣り場は新島沖。型狙いのポイントに戻った。
こちらでも船長の予定通りにヒット!
「ここのところ半分は3㎏オーバーだよ。大事にね!」と、船長から檄が飛ぶ。しかし、3人が掛けたものの、すべて途中でフックアウト! 悔しさを残したままの帰港となった。
取材時は叶わなかったが、常に3㎏オーバーの可能性が潜む新島沖のキンメゲーム。魅力の食味は断トツ! ぜひ挑戦をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル