MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。

周年楽しめる深海スロージギングゲーム! 潮流によって釣果が左右される

取材日の集合時間は午前3時半。釣り場に到着と同時にスタートできるよう、自宅でタックルを準備しておくのが理想だ

海底近くをリフト&フォールで探っていくのが基本だ

深海にあるジグ、その動きを頭に描いて操っていく

一枚一枚、丁寧に玉網ですくうようにしたい

新島サイズはとは言えないですけどね、と言いつつ…。撮影協力、感謝します

満足サイズまでは遠いが、一枚は一枚。立派なキンメダイだ

良型キンメと思われる相手とファイト中。汗がしたたり落ちる激闘!? だ

ジグがデカいのでキンメが小さく見えてしまう?

深海の釣りに対応できるタックルを万全に揃えておきたい

ラインはたっぷり1000m以上を巻いておきたい

ジグは500〜1000g程度を使用。写真はすべて自作です、と言っていたアングラーのボックスだ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

すでに周年のターゲットとして定着しているキンメゲームだが、300m以深を攻める釣りだけに、ときどきの状況、とくに潮流によって大きく内容が左右されることが多いのが特徴のひとつだ。
取材時のスタートは350mライン。船長からの使用ジグウエイトの指示は速い潮流を想定しての800g。魚探に映る反応は浮いており、期待ができる状況だった。
思いのほか潮が素直で釣りは快適? に展開された。しかし、投入回数を重ねてもキンメからの反応はない。しびれを切らした船長は、まずは型、というポイントへ移動。予定通りにポロポロと小型を拾ったものの、やはり釣り場は新島沖。型狙いのポイントに戻った。
こちらでも船長の予定通りにヒット!
「ここのところ半分は3㎏オーバーだよ。大事にね!」と、船長から檄が飛ぶ。しかし、3人が掛けたものの、すべて途中でフックアウト! 悔しさを残したままの帰港となった。
取材時は叶わなかったが、常に3㎏オーバーの可能性が潜む新島沖のキンメゲーム。魅力の食味は断トツ! ぜひ挑戦をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2018年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読