MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
仕立船では1本釣り、フカセ釣りが楽しめる! 相模湾カツオ(長助丸)

仕立船では1本釣り、フカセ釣りが楽しめる! 相模湾カツオ(長助丸)

相模湾にカツオの大群が回遊してきた。昨年は不調だったが、今年は数年ぶりの好調で、しかも型がよい。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

群れが相模湾にいるうちに、思い残すことなく引きを味わおう!

まいたイワシをカツオが海面で食べれば、散水をはじめて釣りをスタートする!

リール竿でもフカセ釣りは楽しめる

終盤を迎えた相模湾のカツオ。3〜4㎏の丸々太ったサイズが主体!

仕立専門船の「長助丸」では、イワシが入手できれば1本釣りが楽しめる

取材当日は最初のナブラでこのとおり!

1本釣りを楽しんだ

エサはカタクチイワシ。これをまきエサにも付けエサにも使う

フカセ釣りでのエサ付けは、エラ付近にハリを浅く刺す

1本釣りで使うバケ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「長助丸」。

釣り方はコマセ釣りが主流だが、長井の仕立て専門船では、現在も伝統的な一本釣りができる。漁業用の延べ竿でカツオやメジ、キメジを豪快にぶち抜くのだ。
取材した長井漆山港「長助丸」の漆山晃船長から状況を聞いてみた。
「カツオは2㎏から6㎏で、平均は4㎏級です。エサのイワシは仲間の漁師から回してもらえます。キハダもたくさんいるから、必ずルアーの道具も持ってきてください。10㎏級のキメジもいるし、カツオ、キハダがまじっているナブラもあるよ」
まきエサと散水でカツオが船に着く時間は1分から長くても10分くらい。その間に次々と抜き上げるのが一本釣りの醍醐味だが、潮下に流れる右舷ではルアータックルを流用したフカセ釣りも楽しめる。ルアーならジグやミノーが使えるし、フライも可能だ。パヤオに行けばシイラゲームも満喫できる。
秋のカツオは脂が乗り、刺身にタタキ、まご茶漬けや手こね寿司、角煮に照り焼きと食味も抜群だ。
10月後半、カツオ、キハダは終盤戦を迎えるが、一番美味しいのがこの時期だ。群れが相模湾にいるうちに、思い残すことなく引きを味わおう。

以上の記事は「つり丸」2016年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル